ハワイ

旅立つ前に確認を!その電化製品の電圧はハワイでも使える?

投稿日:

「明日からハワイ旅行!」とワクワクしている皆さん、スーツケースに入れた電化製品の電圧は確認しましたか?「どうして確認する必要があるの?」と思っている方は要注意です!もしかしたら、その電化製品がハワイで故障してしまうかもしれません。今回は、ハワイで注意すべき「電圧」について、ご説明します。

ハワイの電圧は何V(ボルト)?

日本で電化製品を使用するときは、当たり前のようにコンセントに電源プラグを挿して使いますよね。この時に、コンセントにかかっている電圧をご存知ですか?正解は、100Vです。日本のコンセントは100Vに設定されています。そのため、日本で作られる電化製品は、100Vに対応するように作られています。

しかし、電圧は国によって差があるのです!

ハワイでは、110〜120Vに設定されています。日本よりも少し高いですよね。たかが10〜20Vの差のように思いますが、この少しの差が危険なのです。

ハワイで100V対応の電化製品を使用したらどうなる?

110〜120Vに設定されているハワイで、日本で作られた100V対応の電化製品を使用した場合、故障や発火などが発生する可能性があります。これは、100Vまでしか対応できない電化製品に、それ以上の電圧を加えたことで電化製品内でショートを起こしてしまうのが原因です。

特に注意したいのが、ドライヤーやヘアアイロン・コテなどの熱を発する電化製品です。これらの100V対応のものを海外で使用すると、最悪の場合、爆発する可能性もあります。

ハワイで対応している電圧の確認方法

電化製品を故障させないためにも、荷造りをする際に対応電圧を確認するようにしましょう。

確認方法は簡単です。電化製品本体や取扱説明書に記載されている「定格電圧」や「INPUT」という項目を確認するだけです。

100V対応の電化製品だと「定格電圧:AC100V」や「INPUT:AC100V」と記載されています。このような記載がある場合は、そのまま海外のコンセントに繋ぐと故障する可能性があるので気をつけましょう。

その他には 、「定格電圧:AC100-240V」や「INPUT:AC100-240V」と記載されているものもあります。ハワイは110〜120Vなので、対応電圧の範囲内に含まれていますよね。このような記載がある電化製品はコンセントにそのまま繋いでも問題ありません。

例えば、以下の電化製品はだいたいが100〜230V対応となっています。

  • iPhoneの充電アダプタ
  • MacBookの充電アダプタ
  • Canon製のカメラのバッテリー充電器
  • 電動シェーバー
  • 電動歯ブラシ

世界的に販売されている電化製品は海外対応のものが多いですが、念の為、電圧の確認はするようにしましょう。

電圧の確認を忘れがちな電化製品

ドライヤーやヘアアイロン・コテ、スマホ・デジタルカメラの充電器など、頻繁に使用する電化製品は電圧の確認をすると思います。ここで、確認を忘れがちな電化製品を紹介しておきます。

  • テーブルタップ(タコ足)
  • 延長コード

上記の2点は、海外旅行の際に持っていく方も多いのではないでしょうか。複数人で1つの部屋に泊まる時、タコ足は非常に便利ですし、コンセントが遠い場所にしかないホテルもあるので、延長コードも必須です。これらは、これら自体が電圧を動力に変えるものではないので、電圧の確認を忘れてしまいがちです。

しかし、タコ足や延長コードにも対応電圧は必ずあるので、確認を忘れないようにしましょう。

ハワイでは「変圧器」を使って電圧を調整しよう

instagram-image

maya_oga

「持って行こうと思っていた電化製品が100V対応だった…」「つい最近買ったものが、100V対応だった」という方もいらっしゃると思います。そんな方は、家電量販店やネット通販で販売されている「変圧器」を使用するようにしましょう。

変圧器とは、コンセントに挿すことで海外の高めの電圧を100Vに調整してくれるものです。100V対応の電化製品でも、変圧器を経由することで使用できるようになります。

変圧器の相場

1個持っていると便利な変圧器ですが、気になるのはその値段です。家電量販店で販売されている変圧器の相場として、安いものだと1,000円程度、高いものになると30,000円程度します。値段は商品のクオリティや機能性が比例するので、より高いもののほうが安心して使用できるでしょう。

Amazonや楽天市場などの通販サイトで変圧器を購入する場合は、家電量販店より安くなると思いますが、自己判断で商品選択をすることになります。間違って購入してしまうリスクを考えると、家電量販店で購入したほうが確実に良い商品と巡り会えるでしょう。

変圧器の選び方

変圧器を選ぶには、以下の3つのポイントがあります。

  • 電圧(V:ボルト)
  • 消費電力(W:ワット)
  • トランス式、電子式

まず電圧ですが、変圧器には「インプット(入力・IP)」と「アウトプット(出力・OP)」という表示があります。ハワイは110〜120Vなのでインプットが110〜120V、繋ぐ電化製品が100Vなのでアウトプットが100Vと記載があるものを選びましょう。

消費電力は、変圧器には「W」や「VA」などの表示があります。変圧器を使用する電化製品の消費電力がどのくらいなのか確認し、それに合ったものを選びましょう。例えば、電動シェーバーであれば10Wで済みますが、ドライヤーでは600〜1200Wと非常に高くなります。電化製品によって、消費電力に大きな差があるので必ず確認するようにしてくださいね。

トランス式・電子式は、利用できる電化製品が変わってきます。

  • トランス式:スマートフォン、パソコン、カメラなど全て
  • 電子式:消費電力が高い、モーターが内臓されている

電子式は、トランス式で利用可能なスマートフォン、パソコンなどの精密機器には利用できません。誤って利用してしまうと、破損に繋がるので注意しましょう。

本体を海外対応に買い換えるのもアリ

上記で変圧器の相場を1,000〜30,000円としましたが、ドライヤーやヘアアイロン・コテであれば、この値段で本体を買い換えることもできます。海外対応の新品に買い換えれば、その後も長く使えますし、変圧器を持っていく必要がなくなるのでオススメですよ。

つい最近、新品を購入してしまった方は、変圧器を購入するほうがいいでしょう。

【注意】変換プラグは全くの別物

instagram-image

chihirosawa

変圧器と似ている商品で「変換プラグ」があります。どちらも海外のコンセントに使うものですが、用途は変圧器と全く異なるので注意しましょう。

海外に行った場合、コンセントの形状が違う場合があります。例えば、イタリアでは丸い穴が3つ横に連なっている形状、オーストラリアやニュージーランドでは八の字が上下逆転したような形状をしているのです。日本のコンセントの形状は縦長の四角い穴が2つ並んでいますよね。このようにコンセントの形状が違う場合、電源プラグを差し込むことができないので、もちろん使用不可能になります。

このような形状違いを助けてくれるのが「変換プラグ」なのです。変換プラグは電圧と全く関係ないので、注意しましょう。

また、ハワイは日本と同じ形状なので、変換プラグを使う必要はありません。

まとめ

ハワイに行く際に注意すべき電圧について、ご説明しました。

日本で設定されている100Vは、世界で最も低い電圧です。そのため、海外に行く場合は、行き先の電圧やコンセントの形状を必ず確認しましょう。ハワイでは最大120Vでしたが、海外の電圧の平均を見ると、大体220Vで設定されています。220Vのコンセントに、100V対応の電化製品を繋げるのは非常に危ないのです。

海外に持っていくような電化製品は、100〜240V対応の商品で揃えておくと心配なく持っていけるので安心ですね。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードです。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\WEB申し込みで2000円分ポイント獲得できます!/

Copyright© legate , 2019 All Rights Reserved.