ハワイ

ハワイに行くなら絶対に知っておきたい!シーン別チップの常識

更新日:

ハワイに行く多くの日本人が戸惑う習慣のひとつに、チップがあります。いったい、いつ、どこで、誰にどれぐらい渡したらいいのか全く見当がつかず、不安に思う方は多いでしょう。旅行の前に、必要な情報を手に入れて、できればスマートに渡したいものです。

今回は、ハワイにおけるチップ事情について詳しくご紹介します。

チップとは?ハワイのチップ事情

ハワイでは、ホテルやタクシーを利用したり、食事をしたりする際などに、サービスに対する対価として、サービスをしてくれた人のためにチップを残す習慣があります。チップの習慣がない日本人にとっては、なかなか慣れることができないかもしれませんが、現地の人にとっては当たり前のこととされています。そのため、チップを渡さないと、ただ単に忘れたのかととられてしまいます。チップはサービス業につく人々の給料の一部と捉えられていて、その分サービス業につく人は給与水準が低めに設定されているので、生活のためになくてはならない収入のひとつということも、覚えておきたいものです。

ハワイでチップの必要なシーン

instagram-image

m_23cm

ハワイでチップの必要なシーンは様々です。同じアメリカでも本土とは違う場合もあるので、こちらでは、ハワイでの場合に限定して様々なシチュエーションをご紹介します。

 

タクシーなど車の利用で必要なチップ

タクシーを利用する際は、提示された料金に1520%のチップを渡しましょう。スーツケースがある場合、荷物の出し入れを手伝ってくれたら、荷物1つにつき1ドルほどを追加します。降車時に料金とチップをまとめて払いますが。お釣りがある場合、端数を切り上げて渡すとスマートです。

シャトルバスなどでも荷物の出し入れを手伝ってもらったら、スーツケース1つにつき1ドルほど渡すとよいでしょう。

ホテルで必要なチップ

ホテルにチェックインすると、部屋までポーターが荷物を運んでくれて、部屋の案内や器具の使い方を説明してくれることがあります。その際は、荷物1つあたり1ドルで、最後に渡しましょう。

ベッドメイキングなどのルームキーピングに対するチップは、「枕銭」とも呼ばれます。アメリカ本土では「いまどき枕銭を置いていくのは日本人ぐらいだ」と皮肉を込めて言われたりもしますが、ハワイでは現在でも地元の人もする習慣として、必要とされているチップのひとつです。複数泊する場合、最後にまとめて置くという方もいるかもしれませんが、毎日同じ人が来るとは限らないので、1日1ドルを目安に毎日置きましょう。もしも部屋を散らかしたり汚した時などは、少し多めに置くとよいでしょう。

レンタカーなどがある場合、駐車係に鍵を預けて駐車場から車を回してきてくれた場合は、2~4ドルを渡します。

ホテルのランクにもよりますが、高級ホテルでは、いずれのシーンでも、もう少し多めに渡す人のほうが多くなります。また、ホテルでは、コインではなくお札でチップを渡すことが一般的なので、両替の際は、1ドル札を多めに替えることを忘れないようにしましょう

レストランでのチップ

レストランでの一品ごとの表示価格にチップ代は含まれていません。テーブルで精算する際に、自分で会計の合計金額にチップを足して支払います。レストランと言ってもカジュアルなものから高級レストランまで色々あるので、一括りにはできませんが、普通のランクのレストランでの一般的なサービスを受けた際なら1520%を、高級レストランやホテル内のレストランでは2025%をチップとして加算するのが適当でしょう

レストランによっては、伝票にチップ欄があり、すでに金額がはいっているものもあります。チップの表示は「Tip 」または「Gratuity」などと書いてある欄が該当します。カード払いなら、伝票に書いてある金額を選ぶか、自分で残したいチップの額を記入します。

プールバーなどでは、ワンドリンク頼むごとに1ドルを渡すようにしましょう。

スタッフの態度が悪かった場合、サーブしてもらったならば、その対価としてのチップは支払ったうえで、クレームは別にしましょう

 

このように、ハワイでチップを払うシーンは様々です。場所やシチュエーションによってチップの相場はだいたい決まっていますが、特別なサービスを受けたり、迷惑をかけたりした場合など、特別に取り計らってもらった際は多めに払うことが一般的です。言葉以外に感謝の気持ちを伝えるツールが、ハワイでのチップと言えるでしょう。お札を折りたたんだ状態で、にこやかに「サンキュー」とお礼を言いながらスッと渡せれば、完璧です。

ハワイでチップを払わなくていい食事をするには?

instagram-image

wizselect

チップがハワイで必要なのはわかったけれど、普段チップを払う習慣のない日本人にとっては、やはりチップの支払いは煩わしく感じてしまうもの。「できれば、チップの必要ない食事をしたいけれど、どこに行ったらいいのかわからない・・・。」そんな時には、こちらの方法が使えます。

ファーストフード店やカフェを利用する

ファーストフードやスターバックスなどのレジ前に、ボックスなどが置かれていれば、そこに入れることもできますが、基本はファーストフード店ではチップは必要ありません。

もしも「デザートは、あとからお席にお持ちします」などと言われた場合は、レジ横のチップ入れに1ドルほど入れるのがベターです。

同じカウンターのあるお店でも、うどん店やラーメン店、その他カウンター席などの場合は、チップは必要なので、忘れないようにしましょう。

それ以外のファーストフード店などで、もしもチップを要求された場合は、はっきりと断る必要があります。ただし、ピザなどのデリバリーを頼んだ場合は、配達員に15%ぐらいのチップを渡すことを忘れないように気をつけましょう。

フードコートを利用する

instagram-image

4alohawaii5

日本でもショッピングモールなどでおなじみのフードコート。色々な食べ物の中から好きな物が選べるだけでなく、ハワイで外食すると必ずかかってくるチップも不要と、うれしいことばかりです。チップ代は飲食物をサーブしてもらうためのサービス料なので、自分でトレイにのせて運ぶフードコートなら必要ないのです。

もしも、カードでの支払い時に「Tip」の欄があっても、「No Tip」を選択すればOKです。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードです。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\WEB申し込みで2000円分ポイント獲得できます!/

持ち帰りにする!

お店にもよりますが、持ち帰りのできるレストランなどはハワイでは意外にあります。「持ち帰り用」は、注文時にtake away (テイクアウェイ)またはto go (トゥーゴー)にプリーズをつければ通じます。ホテルに持ち帰ったり、公園のベンチやビーチで食べたりすれば、同じお料理でもチップ代がかからないので、その分安くすむのはうれしいですね。

クーポン券を利用する

チップ代とは直接関係ないのですが、ちょっと食費の節約をしようと思うなら、空港やショッピングモールにあるフリーマガジンのクーポン券を利用してみましょう。食事を注文すればコーヒーが1杯ついてきたり、1つ注文するともう一つが無料など、お得なクーポンが色々です。クーポンに書いてあるのは簡単な英語なので、英語があまり得意でなくても大丈夫です。是非、上手に活用してみてください。

 

チップのことを考えすぎて、せっかくのハワイ滞在を楽しめなくなっては困ります。たまにはチップのことを考える必要のない食事をして、上手に楽しみましょう。

まとめ

たかがチップ、されどチップ。簡単なようで、なかなか奥深いものがあります。あまり難しく考えずに、あくまでも気持ちを伝えるためのものだと考えれば、自然とチップを渡せるようになってくるものです。

時にはチップの煩わしさから解き放たれるために、チップのいらないカジュアルな食事をとるのも悪くはありません。上手に使い分けて、楽しいハワイの旅を満喫してくださいね。

Copyright© legate , 2019 All Rights Reserved.