旅費をおさえてハワイ旅行するなら6月!安い時期こそ楽しめる理由とは

ハワイ

旅費をおさえてハワイ旅行するなら6月!安い時期こそ楽しめる理由とは

更新日:

ハワイは一年を通して温暖ですが、6月は最も雨量が少なくカラリとしています。そして、南国フルーツが熟して食べごろになる時期も6月です。

そのため登山やマリンスポーツ・グルメでハワイを満喫するなら、6月は最適なシーズンでもあります。またゴールデンウィークやお盆・年末に比べて旅費が安く、旅費をおさえてハワイ旅行するなら6月がベストです。

ハワイ旅行で旅費をおさえるテクニックなど、まとめて紹介します。

ハワイの旅費をおさえるのに6月が最適な理由

6月はハワイの雨量が少ない気候の良い時期なのですが、旅費が安くなるのには理由があります。なぜ6月にハワイへ行くと低価格で楽しめるのかについて説明します。

ハワイへの旅費が安い理由①航空料金が安い

ハワイの旅費のなかでも、飛行機代はレジャーシーズンほど高くなります。日本ではゴールデンウィークやお盆・年末年始は多くの人が休日で飛行機を利用する時期のため、とくに値引きしなくても利用してもらえるので比較的に費用は高めに設定されているのです。

6月には国民の休日がひとつもなく、まとまった休暇をとってプライベートな海外旅行に出かける人が少ないため狙い目なのです。

さらにパッケージツアーを利用すれば、格安でハワイへ旅行できます。

ハワイへの旅費が安い理由②ホテル代が安い

beach, resort, hawaii

旅行の繁忙期は、ホテル代も高くなります。というのは宿泊する人が多いので、ホテル側が価格を安くする必要がないからです。

しかし利用者が少ない時期だと割引してでも来てもらわないと空き部屋が出てしまい、ホテル経営にマイナスになります。なのでレジャーシーズンでは予約しづらいゴージャスなホテルを利用するのでも、オフシーズンのほうが価格をおさえて宿泊できます。

豪華ホテルでなく一般的な観光ホテルを利用するにしても、価格が安くなる6月にハワイ旅行することで旅費をおさえられるというわけです。

ハワイへの旅費が安い理由③南国フルーツが食べごろ

6月は、南国フルーツの食べごろシーズンでもあります。自然に熟している状態なので、保存が難しいです。とくにトロピカルなフルーツは完熟するまで収穫しないほうが美味しくなるのですが、その保存の難しさから、カットフルーツをストアで安く購入できます。

ハワイ旅行の楽しみのなかでも食べ歩きなど、グルメを中心に旅行したいときにも6月はベストシーズンなのです。

ハワイの旅費をおさえるテクニックとは

ハワイ旅行のなかでも大きな費用がかかるのは、飛行機代など移動にかかる費用です。この移動にかかる費用をおさえられれば、旅費を少なくしてハワイ旅行できます。

ハワイ旅行の旅費をおさえるテクニックについて紹介します。

燃料サーチャージが安ければハワイの旅費もおさえられる

飛行機代にプラスされる燃料サーチャージ料は、燃料費や為替レートによって変化します。原油など燃料の価格につながるものが高い価格になると、それだけ航空料金も値上がりしてしまうのです。

この燃料サーチャージ料は2ヶ月おきに価格の見直しがありますが、旅行の申し込みをしたときの価格で燃料サーチャージにかかる金額は決定されます。なので、お得に旅行するならサーチャージ料金が安い時期にハワイ旅行を申し込んだほうが旅費をおさえられます。

とは言っても「ハワイに行きたい!」と思ったときに燃料サーチャージ料が高くなっていることはあります。そういったときはネットの予約サイトを利用して、サーチャージ料込みの格安チケットを扱っていて発券手数料が無料のサービスを利用すれば旅費をおさえてハワイ旅行ができます。

旅費をおさえてハワイに行くなら週ナカがおすすめ

航空券は、金曜~日曜日にかけて出発や帰国すると値段が高いです。というのは、やはり週末ほどハワイへ行く観光客が多いため価格が上昇してしまうのです。

そこで旅費のなかでも交通費にかかる旅費を節約するなら、金土日と祝日を避けて平日の水曜か木曜日に出発すると旅費を減らせます。

ハワイ旅行の期間でポピュラーなのは57日です。水曜か木曜日に出発すれば帰りの便も平日になるので旅費をおさえてハワイに行くなら、週ナカの水・木に出発すれば旅費をおさえられるというわけです。

ハワイで旅費をおさえるなら移動手段も考えて

ハワイに着いてから移動するときタクシーを使うと便利ではありますが、サービスの良いぶんチップも必要で費用がかさみがちです。

もし旅行会社を通じてハワイ旅行するなら旅行会社のトロリーを使えば、滞在中いくらでも使えて料金もかからないのでおすすめです。

他にも、ワイキキには現地で運営しているトロリーもあります。4日間乗り放題で65ドルとお手頃価格なので、行きたい場所の予定を立てて観光するなら便利に使えます。

もっと価格をおさえるなら、ザ・バスを使う方法もあります。こちらは1日乗り放題チケットが5.5ドルと格安です。iPhoneAndroidともにDaBusというアプリがあって、スマホに入れておけば便利に活用できます。ただザ・バスは地元の人たちも使う交通機関なので混雑しやすく、到着時間は目安のため急いでいるときには向いていないです。

ザ・バスは観光気分で食べながら乗車したりできないので、気を遣う面もあります。

旅行保険は大丈夫?ハワイの旅費を減らすために注意したいこと

クレジットカードには海外旅行保険が付いていますが、クレジットカードによっては旅行代金をそのカードで支払っていないと海外旅行保険の補償を受けられないものもあります。

ハワイの旅費をクレジットカードで支払って補償内容が十分ならいいのですけれど「それだけでは心配」というケースもあります。

たとえば家族で旅行するなら、全員の補償が受けられないと困ってしまいます。

ネットや空港で足りない補償ぶんをおぎなうために、必要な補償内容の保険をバラで購入しておいたほうが無難です。より負担が少なくなるように、価格を調べてから保険を購入するのがベストです。

またESTAの申請は旅行会社に代行してもらえますが、自分で申請すれば手数料を節約できます。ESTAの申請に必要な支払い用のクレジットカードとパスポートを用意して、ハワイで宿泊に利用するホテルの連絡先などをパソコンやスマートフォンから入力するだけで完了します。

ESTA申請を代行してもらうと5千円以上かかりますが、ネットを使って自分で申請すれば14ドル(およそ1,500円程度)でできます。

ハワイの旅費を減らすならネットもお得に使おう

はじめてハワイへ行く&英語が苦手といった心配があるなら、海外ポケットWi-Fiをレンタルしておくと役に立ちます。海外ローミングでスマホを使うと、後日の請求額が大きいです。

撮った写真を日本の友達やSNSに送信したり、日本語でおすすめスポットを探したいなどがあるならポケットWi-Fiをレンタルしておくと便利です。友だち同士でハワイ旅行するなら、海外ポケットWi-Fi1つレンタルしておけばワリカンして一緒に使えます。

ホテルのフリーWi-Fiで十分という程度なら、スマートフォンのローミングを切っておくのを忘れないようにしたいです。

 

イモトのWi-Fi

ポケットWiFiのレンタルで旅行好きに人気なのがイモトのWi-Fiです。

イモトのWi-Fiの特徴は

  1. 安い
  2. とにかく安い
  3. 圧倒的に安い

です。

一緒にいる人全員使えて1000円/日程度しかかかりません。

値段が何よりやすい上に超大手がやっていて受け取りから返却までサポートがしっかりしています。

デメリットといえば予約が多く、直前の予約だと在庫切れになることです。

早めに予約すれば格安でWiFi環境を手にいれられるので早めの準備をおすすめします。

 

ハワイはオフシーズンでも失敗のないリゾート地

sea, beach, sunset

ハワイはビーチリゾートのなかでも旅費が高額になりやすい観光スポットですが、豊かな自然がありながらも都会的なショッピングを楽しめて、美味しいレストランも多い場所です。

出発まえに情報を集めて準備をすれば旅費をおさえて、グルメやショッピングに費用をまわせます。

ハワイで季節的に雨が少ないのは6月ですが日本のように梅雨はないので1年を通して、いつでも観光を楽しめる場所でもあります。

またハワイでは、1年じゅう何かしらのイベントがあります。おすすめシーズンの6月にはキング・カメハメハ・セレブレーションがあり、華やかなパレードがあります。7月のアメリカ独立記念日には花火、2月にはワールド・ホエール・デーのカーニバルなどなどオフシーズンに行っても失敗のないリゾート地です。

下調べをしてからハワイに行けば旅費をおさえつつ、リゾートを100%楽しめます。

Copyright© legate , 2019 All Rights Reserved.