イランの治安はいい?悪い?イランを危険なく旅するには

イラン

イランの治安はいい?悪い?イランを危険なく旅するには

投稿日:

イランはイスラム教国家で、アメリカに敵対されていて、テロリストの存在もあるので怖いというイメージがありますが、実際のイランの治安はどうなのでしょうか?今回はイランの治安についてまとめてみました。

イランの治安…その前にイランの人気観光スポット10選

persepolis, iran, ancient

イランはとても歴史のある国です。そして世界遺産に登録されている遺跡や観光名所も数多く存在します。今回はイランのおすすめ観光スポット10選を選んでみました

・テヘランのシンボルタワーボルジェ・ミーラード
・世界遺産にも登録されているゴレスターン宮殿歴
・史ある旧市街ヤズド旧市街
・ゾロアスター教 「鳥葬の地」沈黙の塔 ダフマ
・世界遺産の遺跡群「ペルセポリス」
・万華鏡のような光の廟「シャー・チェラーグ廟」
・近代イスラム建築の傑作も見られる「イマーム広場」
・世界遺産の美しいモスク「イスファハーン金曜モスク」
・夜に特に美しい「ハージュ橋」
・2重アーチ橋「スィー・オ・セ橋」

イランの治安はいい?悪い?

architecture, travel, iran

イランと聞いて、まず多くの人が連想するのがイランがあるのは中東地域なので、紛争やテロの心配だと思います。現在のイラン国内では、そのようなことがなく比較的治安が良く安全な地域といえます。治安面においては海外での最低限の治安に関する注意注意を守れば比較的安全に旅行を楽しむことができます。

治安面などでイラクで気をつけなくてはならない事

iran, mosque, tehran

治安は比較的良いイラクですが、治安面・そして治安にも関する宗教面でも注意があります。以下のことには気をつけましょう。

一部国境などに危険な地域がある

イランは治安が良い国だと先ほど書きました。イラクの現在の外務省の定める危険レベルは多くの地域で1で、「十分注意してください」なので、あまり問題がありません。けれどイラクとの国境周辺の多くははレベル4「退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)」となっています。大変危険な地域もあったりするので、近づいてはいけない区域や立ち入ってはいけないところに関してしっかり知って、近づいたりしないようしましょう。

お酒を飲むのは違法です

イランの治安に関して、気をつけなくてはいけないのが宗教に絡んでいる場合などです。イランのほとんどの人がイスラム教徒で、宗教上の理由からお酒は飲みません。と言うより、イスラム教ではお酒を飲んではいけません。お酒を飲むこと=違法です。そして、イランに入国するときにはお酒の類は持ち込むことができません。更にお酒について、イランの地方に行くとどぶろくのような自家製のお酒を勧められることがあります。ですがそれは密造酒で、違法なだけではなくどんな環境で作られたかなどにもよくわからないので、衛生面などにも不安があります。

男女の区別ははっきりしすぎるくらい…

かなり注意しなくてはいけないものとして、「男女の区別は絶対守らなければならない」と言うものがあります。女性専用車両や女性用トイレに間違えて入ろうとすると注意をされる前に殴られるなんていうトラブルもあったりします。ちょっと過激な気もしますが郷に入っては郷に従え」男女の区別があるものには十分注意しましょう。

女性の服装

イランに行った時に女性が注意しなくてはならないのが、服装です。イランを旅行するときには観光客でもヒジャブと呼ばれる大きな布では髪の毛や体の線を隠す格好をしなければなりません。肌を露出して歩いていると、街中で男性から注意されることも少なくないし、痴漢にあったり付け回されたりするというトラブルも報告されています。宗教上の理由でもあるし、女性の身を守ることでもあるので、女性は必ず服装には注意しましょう。

イラン人は観光客を見ることが多くない

イランは、世界遺産や歴史的遺跡などもあって訪れるべきスポットはたくさんあるのですが、観光産業等に力を入れていず、イランの人は外国人観光客を多く見かける事はありません。なので、イランでは観光客向けの特別なサービスは多くなく、現地のイランの人も外国人には慣れていない人が多いです。外国人に慣れていない…そしてイランは宗教的なルールがとても厳格なので、外国人観光客にもしっかりした服装などを要求します。なので、女性がスカーフをつけ忘れたら街中で怒られることなどがあります。外国人といってもしっかりとルールを守ることが要求されます。まずは、イランの宗教的なルールもしっかり把握することが大事です。

闇両替には気をつけましょう

イランは治安は良いのですが、アメリカを始めとする外国との関係が良好ではありません。そのため多くの国から経済制裁を受けている現状です。更に貿易もそこまで盛んではなく、外貨を得られる機会も限られているので外貨は価値が高いです。街中には許可を取っていない両替所いわゆる闇領外と言うものがあります。公式の両替レートよりも有利な両替を持ちかけてくることがあります。お得なレートならいいではないか?と思うかもしれませんが実はかなり難しい取引となります。お札の数え方をごまかしたり、受け取ったお金を持って逃げたりなどなかなか取引がしっかりとは成立しません。闇両替自体がもともと違法なので、損をしても何の保証があるわけではありません。両替は必ず銀行で行いましょう

イランの治安:海外で共通に気をつけなくいてはいけない事

instagram-image

naokigr

治安の良い海外でも、日本の「治安の良い」とはほとんどの場合において違うので、守らなくてはいけない共通ともいえる注意があります。

窃盗やスリに注意

外国に行ったときに気をつけなくてはならないのが、現金や貴重品、スマホの窃盗です。繁華街ではスリや窃盗に遭いやすいので、繁華街などではいくら治安の良い国といっても、貴重品はしっかり管理し盗まれたりしないようにしましょう。現金などを盗まれると困るし不快だし、パスポートなどを盗まれてしまうと、帰国予定日に帰国できない…なんている問題にも発展しかねません。

夜間の外出に注意

海外へ行ったときには、夜間の一人歩きはとても危険です。男性だからといっても、土地勘のないところを歩きまわるとトラブルの元となります。イランでは、夜遅い時間になっても子供や女性などの混ざったグループが観光地や街にとても多く見られて、基本的にのどかな夜の風景なのでそれを見ても治安は良いのだと思えます。けれどやはり知らないところで歩きまわると、トラブルに遭遇する確率も高いので夜間の一人歩きはなるべく避けましょう。

タクシーには注意

多くの国に共通して見られるのが、ぼったくりタクシー被害です。街中を走っているタクシーは、メーター等を使用せず距離などをごまかして高い金額を請求してくることがあります。タクシーに乗る際は必ず1人ではなく乗り、ホテルなど安心な場所で待機しているしっかりとしたタクシーを選んで乗りましょう。街中で「安い」よなどと言う怪しい勧誘があったりしますが、そういうタクシーには引っかからないようしましょう。またタクシー運転手さんなどに両替などを持ちかけられても、そういう話には乗らないようにしましょう。

治安のいいイランを楽しみましょう

中東のイランは治安が良くないのでは?と思われがちですが、イランは比較的治安が良く、また親日家も多く、見どころも多いので旅行するのには良いところです。宗教的な違いもあるので、気をつけるべきところは十分気をつけて楽しい旅にしましょう。そして海外出かける際には不測の事態に備えて必ず海外旅行保険に加入しましょう。備えあれば憂いなし!楽しい旅を。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードです。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\WEB申し込みで2000円分ポイント獲得できます!/

 

Copyright© legate , 2019 All Rights Reserved.