セブ島の治安はいい?悪い?セブ島で安全に過ごすためには

セブ島

セブ島の治安はいい?悪い?セブ島で安全に過ごすためには

更新日:

日本から5時間弱のフライトで行ける人気リゾート土地のセブ島ですがセブ島ってフィリピンだよね。フィリピンの治安って基本的に悪いけどセブ島の治安はどうなんだろう?そんな気になるセブ島の治安についてまとめました。

セブ島の治安情報の前に…セブ島の人気スポットベスト10

sand, beach, tropical

・セブ島で大人気!ジンベイザメウォッチングのできるオスロブ

・キリスト教の歴史に触れる!フィリピン最古のキリスト教の教会の1つサントニーニョ

・ワニに触れたりもできる!セブ動物園

・有名ダイビングスポットマクタン島

・フィリピンで最も古い要塞サンペドロ要塞

・スリラーで話題に!毎週土曜日に行われている囚人ダンス

・ダイブすることもできるカワサンフォール

・オイルマッサージ1時間650円。

・道教寺院であるタオイストテンプル

・マクタン島からセブシティーまで一望できるトップス展望台

ダイビングや海のアクティビティーなども豊富で、物価が安いこと、そしてゆっくり時間が流れている海のリゾートです。

セブ島の治安はいい?悪い?

watchtower, lookout tower, train

セブ島はフィリピンですが、セブ島はフィリピンの中では他の地域と比べて治安は非常に安定していい所だと言えます。ただここで勘違いしてはいけないのが、治安が良いといっても日本で言う治安の良いとは全然違います。なので、女性1人での行動や夜間の外出等はしないほうがいいです。セブ島は比較的治安が良いので、強盗や殺人などの命に関わるような事件はあまりなく巻き込まれることも少ないですが、置き引きやスリ等財産を狙った軽犯罪は頻繁に起こっているし、タクシーに乗車した際の運賃のトラブルなども多く起こっています。せっかくの旅なのでそういうトラブルに巻き込まれないように気をつけたいものです。

セブ島のエリアごとの状況

beach, oslob, philippines

lianasmithbautista (CC0), Pixabay

ここからは、セブ島の中のそれぞれのエリアの治安状況を紹介します。

マクタン島の繁華街

instagram-image

megumi3308

マクタン島の繁華街は昼間は観光客がとても多く、とても安心なエリアといえます。セブ島の大部分のリゾートホテルがマクタン島にあるくらいなので、昼間は観光客が多く外出しても特に観光客だと目立ってしまってトラブルに巻き込まれるような事はないといえます。夜は大型ショッピングセンターであるマリーナモールは観光客が多く安全なエリアですが、それ以外には薄暗い所も存在するのでその辺の状態に詳しくない人は特に1人では外出しないことをお勧めします。このエリアで気をつけなくてはいけないのが、タクシーで高額料金を請求される事です。ショッピングモールで乗ることができるタクシーは、しっかりとメーター料金で運転しているのでそちらを利用するのが良いです。

セブのシティエリア

instagram-image

cebu_guide

セブのシティエリアには、大型ショッピングセンターやアラヤモールなどそしてビジネスホテルが多くあるエリアです2015年にはITパークでは銃を用いた殺人事件も起こっていますしひったくりやすりの被害も多く発生しているエリアですこの周辺は外はこの周辺では夜には外出しないこと昼間ショッピングモールなどに行く歩いたり1人で行動したりはしないでタクシーを使って行動するようしましょうセブ島のリゾートエリアセブ島のリゾートホテル内はとても安全に過ごせるところだといえますけれどホテルから1歩外に出ると夜がとても暗い田舎なので歩いていると何が起こるか分からないので外出の際にはタクシーを使うことをお勧めします。

セブ島のリゾートエリア

instagram-image

yomogimami

セブ島で1番安全なのが、セブ島のリゾートエリアです。マクタン島にいくつもある美しいリゾートホテル内は、セブ島では1番安全なエリアだといえます。ホテルに出入りする際にはセキュリティーチェックがとても厳しく、現地セブ島に住んでいる人でもホテル宿泊する以外の人は簡単にはホテル内には侵入できないようになっています。そして多くのホテルにはスパやレストラン・プールなどが敷地内にあります。またマクタン島内の1流のリゾートホテルにはプライベートビーチやミニゴルフ場、そしてテニス場なども整備されているので、ホテル内だけでも十分に南国リゾート気分を味わうことができます。もし、ホテル地域から他の地域に外出することがあれば、ホテルで呼んでもらったタクシーが安全なので、こちらを利用するようしましょう。ストリートでよくわからないタクシーを拾ってはいけません。

治安はいいけど…「セブで」気をつけるべき点

philippines, cebu, ormoc pier

治安は悪くありませんが、日本で暮らしていると味わうことが無い「セブならではの注意しなくてはいけない事」があります。つい…が犯罪に巻き込まれる元だったりするので、以下のことには注意しましょう。

ストリートチルドレン

日本では見かけることがほとんどありませんが、セブ島にはストリートチルドレンと呼ばれる何らかの理由で保護者と離れて路上で生活をしている子供たちがいます。かわいい子供だからと気をとられていると、金品や持ち物などが奪われることがあります。更に、観光客などから金品を盗んで生活している児童集団もあちこちで見られます。近づいきたのが子供だったとしても。油断しないようしましょう。「おなかがすいた」など言われても、同情してお財布を取り出したりすると、その隙にお財布を盗まれるなどと言うトラブルには巻き込まれないよう、貴重品は外に出さないよう注意しましょう。

iPhoneの盗難

日本人が、日本にいる感覚でいるとよく被害に合うものがiPhoneの盗難です。日本ではiPhoneを置いておいても盗まれる事はあまりありません。そのせいか、テーブルの上などにiPhone出して置いてる人がとても多いです。でも、セブ島ではiPhoneはセブ島の平均月給の数倍で取引される価値のあるものなので、iPhoneのスリ・盗難の被害が後をたちません。出して通話しているところを盗まれると言うケースも頻発しているので、話しながら・携帯の画面を見ながら道を歩く、日本で言う歩きスマホはしないよう注意しましょう。また、セブ島にいる間はスマホをバックから出さないをようにしましょう。レストランのテーブルの上に出しておくなど、言語道断です。

ホームレス

これは、日本にもいますが、セブシティーには多くの路上生活者(ホームレス)がいます。物を無心された、追いかけられた、酔っ払ったホームレスに絡まれたなど多くのホームレストラブルの報告があるので、見かけても近寄らないようしましょう。

財産には気をつけましょう

セブで多いのが、殺人などの大きな危険犯罪でなく、財産を狙った詐欺や盗難・窃盗などの犯罪です。せっかくの旅行中にそのような被害にあうと、他が良かったとしても嫌な旅の思い出となってしまうので、くれぐれも身の回りのものには注意しましょう。窃盗などに合わないためには、口の大きく開いたバックを持たず、バックは前に抱えるようにして持ち、貴重品などは必要最低限しか持たないなどしっかりと自己で管理をしましょう。

治安がいいセブ島を十分満喫しよう

セブ島はフィリピンでありながら、治安は安定していいので、自分の財産や貴重品などをしっかり管理すれば犯罪に遭う可能性は大分低くなります。そして、治安はいいですが、東南アジアに起こりがちなストリートチルドレンなどの問題もあります。文化・週間・社会事情の差には気をつけましょう。そして、安心して海外旅行をするには、海外旅行保険に加入することが必須です。慣れない海外の不測の事態には「備えあればうれしいな。」です。しっかり備えて楽しいセブの旅を!

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードです。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\WEB申し込みで2000円分ポイント獲得できます!/

Copyright© legate , 2019 All Rights Reserved.