ハワイ

ハワイに行くなら断然SIMカードがおすすめ!その理由を一挙ご紹介!

更新日:

海外でSIMカードとなるとなんだか不安という方も多いでしょう。そんな初心者の方は是非ハワイでトライしてみましょう。初めての方でもご利用しやすいSIMカードやおすすめの購入スポットをご紹介して参りましょう。

ハワイへ行くならポケットwifiよりもSIMカードがおすすめな理由とは?

instagram-image

howahowapiroyan

旅行に行く際必ず必要なのがwifi環境です。wifi環境を手に入れる1番簡単な方法は、ポケットwifiを借りることです。しかしポケットwifiは、電池の消費も早く1日どころか半日も持たないというのが現実でもあります。

そんな時におすすめなのがSIMカードです。SIMカードは、旅行中に期間限定で他社のSIMカードを入れるだけでスマホが使えるため、無駄な荷物も増えることなく、ポケットwifiが壊れたりなどの心配もありません。やり方さえわかってしまえばとても簡単で便利です。

ハワイでSIMカード購入前に知っておきたいことは?

まずは、SIMカードを使用するにあたってその購入前に知っておきたい必要事項を記載ご紹介して参りましょう。SIMカードを使ってみたいが使用前に準備しておくこともございますので、そちらからご説明して参りましょう。

SIMフリーのスマートフォンでしか対応していない!

他社のSIMカードを自分のスマホに入れる場合はSIMフリーのスマホの所持、もしくはSIMフリーへの解除が必要です。大手3社から出ているスマホは、SIMがロックされているケースがありますので、ご自身かケータイ会社でロックを解除してもらいましょう。

SIMのロック解除をケータイ会社にお願いする場合、料金が発生することもありますのでご自身でのロック解除をおすすめします。ロック解除はとても簡単ですので、すぐに解除可能となりますので是非トライしてみましょう。

滞在期間の日数によっておすすめのギガ数が違う!

お次にハワイでの滞在期間を確認しておきましょう。こちらは、SIMを購入する上でも必要です。1週間ほどの滞在であればあまり関係ありませんが、2週間や1カ月の滞在となりますと使用期間も決まっているものがほとんどですので滞在期間中に使用期限が切れてしまうなんてことがないようあらかじめ把握してから手に入れるようにしましょう。

ハワイではどこでSIMカードを購入できる?

さて、続いてはこのSIMカードはいったいどこで手に入れることができるのかという点をご説明して参りましょう。SIMカードは基本的にケータイ会社からの購入となります。しかし、ケータイ会社へ直接行くのは不安という方も多いのでそんな方にもおすすめなスポットをご紹介致します。

ワイキキ市内で購入しよう!

このSIMカードはワイキキ市内で購入することができます。空港内には無料のwifiが通っていますので、空港からの検索等は可能です。また、ワイキキ市内であれば日本人観光客に慣れた方が対応してくれるので、ご利用しやすいのもポイントです。

ハワイでSIMをゲットするなら「オハナ・ワイキキ・イースト」に行ってみよう!

instagram-image

chez._.yuhko

カラカウア通り沿いにあるアウトリガーのホテル「オハナ・ワイキキ・イースト」にSIMカードを取り扱っているSIMカードショップが入っています。こちらはハワイの中心にあり、ワイキキ周辺のホテルに滞在予定であれば徒歩でアクセスできますのでこちらでの購入をおすすめします。

ハワイのSIMなら「HOKU WIRELESS」がおすすめ!

instagram-image

jurian_vietnam

このオハナ・ワイキキ・イーストへ着いたら「HOKU WIRELESS」というSIMカードショップへ行ってみましょう。日本語で大きく「シムカード」と書いてありますので、迷うことなくたどり着くことができるでしょう。

HOKU WIRELESSなら設定は全てスタッフがやってくれる!

このHOKU WIRELESSでは、全てスタッフの方が設定をしてくれます。HOKU WIRELESSのSIMカードは入れるだけで簡単ではありますが、初心者の方は使えるようになるまで全てお任せしましょう。

滞在期間中十分に使えて1番安いものを提案してくれますのでとても安心です。「T Mobile」などの大手のアメリカケータイ会社のものを提供してくれるのも安心ポイントの一つです。

ハワイ到着前に日本でも購入できるSIMカードは?

instagram-image

ryunosuke73

SIMカードは、現地で手に入れなくてはならないというのがハードルが高いという方も多いでしょうが、実は日本からもSIMカードを購入することができます。現地であたふたすることなく事前に準備をすることができますので、ゆっくりと設定をすることができます。

そんなSIMカードを日本で購入するなら「ZIP SIM」がおすすめです。なによりもこのZIP SIMは、アメリカのケータイ会社ながらも日本語のマニュアルが付いていますのでとても安心して設定ができます。

ZIP SIMはどこで購入することができる?

このZIP SIMは、いったいどこで購入することができるのかをご案内致します。このZIP SIMは、アマゾンで購入可能です。ZIP SIMの公式サイトからの購入も可能ではありますが、英語での購入と日本への配送ということでコストも時間もかかります。

アマゾンからであれば日本語での注文で素早く購入することができますので安心です。旅行シーズンには売り切れてしまうこともありますので早めの購入がおすすめです。

Softbankを契約の方はハワイでSIMカードが必要ない?!

instagram-image

bedale_green

ここまでおすすめのSIMカードやSIMカードの購入方法をご紹介して参りましたが、実はSoftbankのスマホを使用している方はこの他社のSIMカードを購入せずともそのまま使用可能であることをご存知でしょうか。

そのSoftbankのスマホがハワイでも使用可能な理由やお使い方をご紹介して参りましょう。

Softbankならアメリカ放題が使える!

Softbankは、アメリカのケータイ会社である「Sprint」という会社を2013年に買収しています。そのことからSoftbankでは、アメリカ全土でSoftbankのスマホが使えるようにSprintの通信を介してご利用することができるサービスを実施しています。

現在そのアメリカ放題は、無料でご使用することができ、現地でSprintに接続するだけというとても便利なサービスを実施しています。Softbankをアメリカ内であればスマホを使いながら、日本と同じようにご利用できますのでとても便利なサービスです。

Sprintを使う上での注意点は?

無料なサービスということでとても魅力的なSoftbankのアメリカ放題ですが、少し注意も必要です。ハワイに到着する前に必ず「データローミングはオフ」にしておいて下さい。これが鉄則です。

データローミングをオフにしないと、Sprint以外の通信会社の回線を使用してしまう場合があります。必ずデータローミングはオフにして、Sprintに接続されているかを確認してから使用するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?SIMカードは、意外と簡単にできることがお分かりになられたのではないでしょうか。ハワイにある設定までしてくれるケータイ会社をご紹介させて頂きましたので、SIMカードを使ってみたいという方は是非、ここハワイで初めてのSIMカードデビューをしてみてはいかがでしょうか。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードです。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\WEB申し込みで2000円分ポイント獲得できます!/

Copyright© legate , 2019 All Rights Reserved.