ハワイのオアフ島を地図でご紹介するエリア別おすすめスポットをご紹介!

ハワイ

ハワイのオアフ島を地図でご紹介するエリア別おすすめスポットをご紹介!

更新日:

ハワイのオアフ島は誰もが憧れる楽園の島です。そんなオアフ島へ初めて旅行するという方やあまり地理に詳しくないという方必見のハワイのオアフ島内の地図をエリア別しておすすめスポットと共にご案内して参りましょう。

ハワイのオアフ島は地図で見ると5つのエリアに分かれている!

instagram-image

masasao07

ハワイのオアフは、簡単に5つのエリアに分かれております。東西南北の4つのエリアと真ん中にある1つのエリアの5つで構成されており、それぞれ特徴なども違うスポットとなっているので違った楽しみ方をすることができます。

ハワイのオアフ島の地図南エリア:サウスショア

instagram-image

motomoto_photo

まずはじめにご紹介させて頂くハワイオアフ島の地図上、南エリアに位置するサウスショアは、オアフ島の中で誰もが知っているワイキキのあるエリアです。ハワイを訪れる方のほとんどがここワイキキエリアのホテルに滞在します。

このワイキキからは、地図内のすべてのエリアにアクセスすることができ、レンタカーなどを借りない方でもローカルバスで回ることができます。

ハワイの中心エリア「ワイキキ」

ハワイの中心として知られているワイキキには、様々なショップやグルメが軒を連ねております。ホテル街でもあることから夜も遅くまで開いているショップが多いのでここサウスショアのワイキキを中心に動くと良いでしょう。

ホノルルの空港からも2030分の距離ということでハワイを訪れるのであれば必ず足を運ぶスポットとなっています。

ショッピングスポットが充実

ワイキキのあるサウスショアは、ショッピングスポットが充実しているエリアとしても有名です。大きなショッピングモールなどもあり、お買い物を楽しみたいという方の拠点となるスポットとなっております。

また、最新スポットも続々と登場するエリアとなっておりますのでハワイの話題スポットに訪れたいという方にもおすすめです。

ハワイのオアフ島の地図西エリア:リワード

instagram-image

katayama.seiji

ハワイのオアフ島の中で一番知られていないエリアとなっているのが「リワード」です。このリワードは、地図上の西側のエリアとなっており、最近まではあまり手のつけられていない未開拓地となっていたエリアです。

そんなリワードエリアは、地元の方が多く住むスポットとなっており、ハワイ出身の元力士である小錦の豪邸があるエリアでもあります。

ディズニーリゾートで人気の「コオリナ」

instagram-image

belleviehawaii

ここリワードの一番の有名スポットがディズニーリゾートでがある「コオリナ」です。このコオリナディズニーリゾートができたことをきっかけにここリワードが日本人にも知られるエリアとなりました。

オアフ島の中でも少しアクセスしにくいスポットとなっておりますのでレンタカーなどを使ってのアクセスがおすすめです。

マリンスポーツならドルフィンスイムがおすすめ!

リワードエリアは、砂浜が広がるビーチというよりもゴツゴツとした岩場の多いスポットです。たくさんの魚が生息していることから、シュノーケルなどのマリンスポーツなどを楽しむのにもぴったりなエリアです。

中でもドルフィンスイムは、このリワードエリアの大人気マリンスポーツとなっており、側を泳ぐドルフィンを眺めながら泳ぐことができるおすすめマリンスポーツです。

ハワイのオアフ島の地図北エリア:ノースショア

instagram-image

hana_vag

ワイキキのあるサウスショアの真反対にある「ノースショア」は、オアフ島の地図の北側にあるエリアです。このノースショアは、ワイキキとはガラリと雰囲気が変わりのんびりとしたローカル感のあるスポットとなっています。

パイナップルで有名なドールの工場や畑などがあり、道沿いには一面畑が続くエリアです。

ローカル感漂う人気エリア「ハレイワ」

instagram-image

itokenitoken

ノースショアを訪れるなら「ハレイワ」に立ち寄ってみると良いでしょう。ことハレイワはハレイワタウンという小規模なショッピングエリアとなっており、シェイブアイスで有名な松本シェイブアイスがあるスポットです。

またパタゴニアの店舗もあり、パタゴニアではパタゴニアとアロハを掛け合わせたパタロハのTシャツなどのグッズが人気を集めています。

有名なサンセットビーチでロマンチックな夕暮れを

このノースショアを訪れるならハレイワタウンのみならず海沿いへも足を運んでみましょう。このノースショアは、サーファーのメッカでもあり、冬場は高波が起こることでたくさんのサーファー達が通うスポットです。

そんなノースショアならサンセットビーチというサンセットが美しい海岸へ足を運んでみましょう。昼間は青々とした海、そして夕暮れ時には赤く染まる美しいサンセットを望むことができますのでロマンチックな雰囲気を味わうことができます。

ハワイのオアフ島の地図東エリア:ウインドワーク

instagram-image

locola117

続いてご紹介するオアフ島の地図の東側に位置する「ウインドワーク」は、カイルアタウンなどがあることで有名なエリアです。このウインドワークは縦に長く、上はカフクエリアから下はワイマナロエリアまで広い範囲のエリアです。

縦に長いことからそれぞれ楽しみ方も異なり様々な遊びができるエリアでもあるため、足を運ぶ方も多いエリアです。

ウインドワークは様々なアクティビティが充実

ウインドワークでは、様々なアクティビティを楽しむことができます。ウインドワークの人気スポットであるカイルアでは、ショッピングからビーチを楽しむことができ、さらにトレッキングなども楽しめるスポットです。

また、サンドバーという潮の満ち引きの関係で小さな島ができるスポットもここウインドワークにあります。ベストタイミングな干潮時にはしっかりと島が浮き出るという珍しいスポットとして人気を集めています。

全米No.1に輝いた「ラニカイビーチ」は外せない!

instagram-image

koipaku

このウインドワークの一番人気エリアであるカイルアタウンには、全米No.1に輝いた「ラニカイビーチ」というビーチがあります。遠浅でエメラルドグリーンの海はまさに絶景であり、おすすめなビーチとなっています。

是非ここウインドワークを訪れるならラニカイビーチへ足を運んでみることをおすすめします。

ハワイのオアフ島の地図中央エリア:セントラル

instagram-image

makanani_pua

最後にご案内するオアフ島の地図の中央部分に位置する「セントラル」をご紹介致しましょう。ここセントラルは、海のイメージの強いハワイ唯一の緑豊かなジャングルのようなスポットのあるエリアとなっています。

自然たっぷりな未知のエリア「マノア」

instagram-image

hitoshihayakawa

中でも人気のエリアが自然たっぷりの「マノア」というエリアです。このマノアは、ハワイのローカルの方が多く住むスポットとなっており、乾季のシーズンでも雨が降ることがあるスポットとなっています。

トレッキングでストレスフリー

マノアを訪れるならマノアの滝を目指すトレッキングがおすすめです。雨の多い湿地帯となっているマノアは、マイナスイオンたっぷりの神秘的なスポットです。南国らしい巨大な木々で覆われたこのマノアエリアは、いつもと違うハワイを見せてくれます。

ハワイのトレッキングというと山の上から絶景を眺めるスポットが多いですが、また少し違う楽しみ方ができるトレッキングスポットとなっており、ストレス解消にもなるおすすめスポットです。

まとめ

いかがでしたか?ハワイのオアフ島のそれぞれ5つのエリアの特徴がお分かりになられたでしょうか。地図で見るよりもエリアにしてみるととてもわかりやすいのでエリアごとにどんなことをして楽しみたいかなどをチェックして是非、5つのエリア全て制覇してみてはいかがでしょうか。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードです。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\WEB申し込みで2000円分ポイント獲得できます!/

Copyright© legate , 2019 All Rights Reserved.