日本人に大人気のグアムでの移動手段について!効率的に移動するには?

グアム

日本人に大人気のグアムでの移動手段について!効率的に移動するには?

更新日:

グアムは日本人に馴染みの深い観光地であり、現地までの飛行時間の短さ、旅行費用の安さなどから、初めての海外旅行の目的地としてグアムを選択する人も多くなっています。

グアムの面積は狭いものの、より効率的に観光を楽しむためには移動手段をどうするかが非常に大事になってきます。

せっかくどこに行こうか、何をしようかと計画していても、移動に時間がかかってしまうと計画が台無しになってしまいます。

そこで今回は、グアム旅行の際の移動手段について解説していきます。

グアムでの移動手段について

グアムの街並み

グアムを観光する際には、様々な移動手段を利用することになります。

以下では、グアム内を移動する際の手段について解説していきます。

バス

グアム移動の際の最も一般的な移動手段がバスです。

グアムの街中でよく見かけるのが赤いバスですが、その見た目どおり赤いシャトルバスと呼ばれています。

グアム観光客が頻繁に訪れるスポットをつないでいるので、このバスを利用することで観光から買い物まで一通り済ませることが可能です。

料金に関してはチケットを購入する形になりますが、1回乗車で4ドルからとなっています。

1日乗り放題のパスもあり、12ドルで購入できるため4回以上乗るのであればパスを購入するほうがお得になります。

赤いシャトルバスは本数も非常に多いので、もし乗り遅れたとしても特に心配ありません。

チケットを購入する際には専用のカウンターから買うことになりますが、グアム空港のロビー、アウトレットモール内などにあります。

カウンターの色も赤くなっており、しかもカウンターに日本語で「赤いシャトルバス乗車券売り場」と親切に書いてあるので迷う心配もありません。

旅行代理店を利用してグアムに行く際には、赤いシャトルバスのパスが最初から料金に含まれていることもあるので、バス移動をする際には是非活用してください。

バスに乗る際には、日本と同様にバス停前で待っていればOK。

バスドライバーに料金を支払うもしくはパスを最初に見せてから席に座りましょう。

とにかくグアムは日本人に親切なので、次の停車場所が日本語で表示されるので迷う心配もありません。

タクシー

グアムの街中にはタクシーもたくさん走っています。

街中で手を挙げてタクシーを止める他にも、ホテルで事前にタクシー予約をしておくという方法もあります。

タクシーのメリットはなんと言っても目的地に直接向かうことができるので、バスよりも効率的に移動できるという点にあります。

タクシーは手を挙げることで止めることができると解説しましたが、路肩に寄せてもらって停車してもらわないと現地の法律に違反してしまいます。

タクシーはホテルやレストランの前に停車していることが多いので、このような場所で捕まえるようにしましょう。

アメリカ政府公認のタクシー料金は、初乗りが2.4ドル、スタートの1マイルが4ドル、それ以降は1/4マイルで0.8ドルになります。

また、タクシーに乗せる荷物にも料金が発生します。

大きい荷物に関しては1個につき1ドルかかるので注意しましょう。

その他、日本人にはあまり馴染みのないチップを支払うこともお忘れなく。

チップの相場は合計料金の10%ほどとなっています。

ドライバーはチップ込みの料金を請求してくる場合とそうでない場合もあるので、念の為支払いの際に確認しておきましょう。

車(レンタカー)

レンタカーを利用してグアム内を移動するという方法もあります。

グアムは外国なのに大丈夫なの?と思いますが、実は日本の運転免許証があればグアムで車を借りることは可能なんです。

日本の免許でもばれないからOK、というのではなく、現地の観光協会・警察が特例で認めてくれているので、堂々と利用することができます。

レンタカーを予約する際には、宿泊しているホテルで手配する、もしくはインターネットから予約するというのが一般的です。

レンタカーの比較サイトもあるので、移動距離や人数を把握した上で料金の見積もり、比較をおこないましょう。

グアムの各移動手段の注意点

南国のスクールバス

グアムでは様々な移動手段を用いて観光をおこなうことができますが、その際に注意すべきポイントがあります。

以下では、上記で紹介した移動手段における注意点について解説していきます。

バスの注意点

バスは最も一般的な移動手段であり、普通に利用していれば特にトラブルが生じることはありません。

ただし、どのバスも同じ方面に向かっているのではなく、目的地はそれぞれのバスで異なります。

行きたい目的地と全然違う方向に向かっている、ということのないように、乗るバスの目的地をしっかり確認しておきましょう。

バスを間違えて空港に着くのが遅れてしまうと最悪なので、気をつけてください。

タクシーの注意点

タクシーに乗車する際には、注意が必要です。

グアム内で最も一般的なタクシー会社は、Mikiタクシーという韓国の会社になります。

タクシーにもMikiの文字があるので、必ずこの会社のタクシーに乗るようにしてください。

グアムは日本と異なり、流しのタクシーはありません。

あまり見かけないようなタクシーを見かけても、乗車しないようにしてください。

流しのタクシーに乗った場合、法外な料金を要求してくる可能性もあるので、注意が必要です。

流しのタクシーの特徴としては、Mikiのロゴがないという他にも、しつこくドライバーが接客してくる、不自然な日本語で強引に乗せようとするということが挙げられます。

ちゃんとしたタクシードライバーは強引な客引きは一切しません。

もし乗ったタクシーのメーターが動いていないと気づいたらすぐに止めてもらいましょう。

タクシー乗車で失敗しないためには、ホテルやレストランのスタッフにタクシーを手配してもらうようにしましょう。

また、グアムのタクシーは料金を現金で支払う必要があります。

クレジットカードは使うことができないので、タクシー移動をする場合には現金を用意しておきましょう。

その他グアムのタクシー利用で注意すべき点としては、英語で目的地を言えるかどうかです。

グアムのタクシードライバーは日本語を話せる人も多いですが、わからないドライバーもいます。

なので、目的地だけでもしっかり把握しておきましょう。

車(レンタカー)の注意点

グアムでレンタカーを利用する際にまず注意すべき点は、日本と異なる交通ルールです。

日本は左側車線ですが、グアムは右側車線です。

ハンドルも左ハンドルなので、慣れない運転になります。

また、その他にも注意すべき点があります。

グアムでは赤信号の場合でも基本的には右折が可能となっているので、赤信号で止まっているとクラクションを鳴らされる可能性もあります。

場合によっては右折を禁止する標識もあるので、しっかりと道路標識を確認した上で運転してください。

日本人には馴染みのないラウンドアバウトは、合流するのが意外と難しいですが、慌てて合流しようとすると事故の原因にもなるので気をつけてください。

慣れない運転が原因で事故を起こしてしまう可能性も0ではないので、レンタカーを利用する際には保険に加入しておくようにしましょう。

自分に合った移動手段で快適な旅を

以上、グアムでの移動手段について解説してきました。

どの移動手段を利用するにも注意すべき点がいくつかあります。

移動を効率的におこなうことで快適に観光をすることができます。

グアムに行く際には目的地を決める他にも、そこに行くまでの移動手段についてもしっかりと確認しておきましょう。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードです。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\WEB申し込みで2000円分ポイント獲得できます!/

Copyright© legate , 2019 All Rights Reserved.