ネガティブな話を多く聞くフィリピンの治安はそんなに悪いのか?

フィリピン

ネガティブな話を多く聞くフィリピンの治安はそんなに悪いのか?

更新日:

フィリピンの治安というと「国際的なテロ組織」問題から他の地域より高い「殺人発生率」そしてそして強盗に強姦…と問題はたくさんあります。一般的には行くところじゃない治安の悪い国というイメージもありますが、フィリピンの実際の治安はどうなのかを調べてみました。

フィリピンの治安、その前にフィリピンの主要な見どころ10選

Spectacular landscape of El Nido in Philippines

フィリピンは地図を見てもわかるように非常にたくさんの島(7000以上)の島から構成されている非常に自然が多く、きれいなビーチもある国です。そんなフィリピンの主要観光地を紹介します。

・フィリピンのキリスト教徒の信仰の象徴的な建物「マニラ大聖堂」

・昔のマニラでのもっとも重要な防衛の拠点「サンチャゴ要塞」

・夜遅くまで楽しめるマニラにある大人気のアミューズメントパーク「スター・シティ」

・新鮮なシーフードを楽しめる「シーフード・マーケット」

・野生のジンベイザメと一緒に泳げる「オスロブ」(セブ島)

・スペイン統治下時代の1587年に作られ始めた世界遺産「サン・アグスチン教会」

・セブ島の中でも屈指のリゾート地「マクタン島」

・フィリピン初の世界遺で東南アジア最大のサンゴ礁が広がる「トゥバタハ岩礁海中公園」

・世界最小の活火山タール山を間近で見ることができる「タール湖」

・セブ島のセブ市にある中国寺院「フィリピン道教寺院」

歴史的建造物からビーチリゾートまで、フィリピンには見どころがいっぱいです。

フィリピンの治安は悪いというけれどそんなに危険なのか?

Cityscape of Manila, Philippines

テレビニュースを見ていると、時々フィリピンで日本人が殺されたニュースを耳にします。少し古いデータですが2004年~2010年までにフィリピンで殺された日本人は実に36人と年間平均5人もの人がフィリピンで殺されるというちょっとショッキングな数字のデータが出ています。こんなに日本人が殺されている国は他にないからやっぱり危険な国なんじゃないか?と思いますが、殺人事件に巻き込まれた人は観光客ではないのです。フィリピンで殺害されてしまう人は

・暴力団など闇組織の人

・女性関係でトラブルになった人・因縁のある人

・保険金詐欺関連

という特徴があります。なので、フィリピンで殺害される日本人が多くても、フィリピンに留学したり観光する人が少なくないのです。一般の留学生や観光客の殺人などの犯罪に遭遇するリスクはそんなに高くありません。

フィリピンの治安はいい?気をつけるべきこと

Cityscape of Metro Manila in Philippines

では、フィリピンは治安が良く安全な観光地なのか?となりますが、そうでもありません。「治安がすごく悪い」ということはありませんが気をつけなくては財産などを狙われる犯罪に遭遇して自分の財産などを失います。なので、フィリピンで観光客が気をつけるべき点についてまとめます。

フィリピンで多い犯罪①iponeの盗難

フィリピンでお金と同様に気をつけなくてはいけないのがiphoneの盗難です。日本でよくあるテーブルの上に置きっぱなしなんていうのはもってのほかで肌身離さず持ち歩かないとすぐに盗まれてしまいます。ひどいケースとしては、持ち物チェックするからと言われて素直に応じたらほんの少しの間に消えたとか、空港のようなセキュリティーチェックをすると言われてトレーの上に置いたら出てこなかったので、問い詰めたけれど「最初から見ていない」と言われたなど、日本人としてはちょっと信じられないような盗られ方をするので気をつける必要があります。同様にパスポートの盗難にも気をつける必要があります。

フィリピンで多い犯罪②盗難

人が多いところで不注意に荷物を持っているとスリに遭う可能性があります。大きく口が開いたバッグは、手を入れられやすく簡単に中身をとられるので、大きく口が開いたバッグは持たないようしましょう。そして歩道を歩く先に車道側にバッグを持っているとバイクや自転車などに乗った犯人にバッグをとられる場合があります。そして、その際にバッグを守ろうとしたりすると転倒などの恐れがあるので、バッグは身体から離さずに持ちましょう。そして、フィリピンでは時々強盗が出ますが、お金を払うと殺されるようなことはほとんど無いので、そんなものに出会ってしまったら完全に抵抗せずにお金を払いましょう。なので、そんな最悪の時のことも考えて1つの財布に多額の現金を入れるのはやめましょう。

フィリピンで多い犯罪③強姦

セブなどで、日本人女性も乱暴される被害というのが出ています。のどかな観光地で治安が悪くなくても女性の一人歩きは絶対にやめましょう。また、ビーチなどで男性に声をかけられても、つい開放的になり簡単に個人情報を教えたり、男性についていってしまうなどの行為は止めましょう。ついていったら何が起こっても仕方ない…くらいのことを考えて行動する必要があります。更に、街を歩く際には肌の露出の多い格好をするのは避けた方がいいです。フィリピンではミニスカートや下着のような恰好をしていて痴漢に遭った、乱暴されたなどといっても「そんな恰好をしているから悪い」という考えが一般的なので、(地元の女性もそう言う)露出が多い格好で何らかの性犯罪に遭った場合には「自業自得」と言われてしまいます。そう言われないような恰好で歩くのが望ましいです。

フィリピンで多い犯罪④ぼったくり

フィリピンで多く発生しる犯罪で日本人でも多く巻き込まれるのがぼったくりです。タクシーや飲食店、そしてお店などでぼったくりに遭う観光客は多いです。タクシーなどの乗り物だったら、乗る前にいくらくらいかかるかの相場をちゃんと確認しておくことが必要です。お店やマーケットで売られているものは、購入意思を示す前に金額をしっかりと確認しておきましょう。買おうとなったら高い値段を提示されていらないと言ったら脅かされてトラブルになったなどの事件も発生しています。

フィリピンで多い犯罪⑤置き引き

置き引きもフィリピンでよく発生する犯罪のうちの一つです。飲食店などで座った後にリュックを自分の横に置いたら、それこそマッハの勢いで持っていかれたなどの被害が発生しています。座ったら荷物を横に置くのが普通の日本の常識で考えると信じられない事ですが自分の財産を守るよう特に持ち物には気をつけましょう。

フィリピンで多い犯罪⑥寸借詐欺

少し親しくなったりした相手に寸借詐欺をされた、親しくはないけれど断れないような状況で寸借詐欺にあった…そんな話は少なくないのでフレンドリーに話かけてきた場合などにはしっかり気をつけてお金が絡んでくるような話には乗らないようしましょう。

治安があまり良くないフィリピンで楽しく安全に過ごすには

Jaro Cathedral

フィリピンは治安が悪いと言われていますが、普通に観光したりするには特に治安不安があるわけではないので「危ない地域には近づかない」「身の回りの物に気をつける」「夜間外出しない」「ビーチリゾートだからといって羽目を外さない」「露出の多い服を着ない」などのルールをしっかり守れば比較的安全に過ごすことができます。なので、ルールを守っての観光はおすすめします。治安が良くても悪くても、日本と文化が違うところに行くのでトラブルに巻き込まれたり、体調をこわすこともあると思うのでフィリピンに行く際には必ず海外旅行保険に加入しましょう。備えあれば憂いなし…で、楽しいフィリピンの旅を満喫しましょう。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードです。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\WEB申し込みで2000円分ポイント獲得できます!/

Copyright© legate , 2019 All Rights Reserved.