「世界最強レベル」といわれるメキシコシティの治安はいい?悪い?

メキシコシティ

「世界最強レベル」といわれるメキシコシティの治安はいい?悪い?

更新日:

マフィアに銃犯罪に窃盗に、盗難…と、少し前までは「世界最強レベルの治安の悪さ」と言われていたメキシコのメキシコシティ、実際に観光したら危なくて仕方ないのかどうか、メキシコシティの治安の状況についてまとめてみました。

メキシコの治安、その前にメキシコシティの見どころ10選

メキシコの街並み

・2世紀頃に栄えた世界最大の宗教都市の遺跡、テオティワカン遺跡

・現代画家を代表する女性画家フリーダ・カーロの美術館

・メキシコを代表する博物館メキシコシティ国立人類学博物館

・メキシコシティの中心部にあるシウダデラ市場

・歴史的中心地区で世界文化遺産のセントロ・イストリコの中心にあるソカロ(広場)

・もともとはスペイン総督の別荘として建てられたチャプルテペック城

・メキシコシティ内にある16の行政区のうちの1つソチミルコ

・ラテンアメリカ最大の敷地面積を誇るメキシコ国立自治大学の中央キャンパス

・メキシコのカトリック総本山であるグアダルーペ寺院

・大統領の国務室、大蔵省として使用されている国立宮殿

明るく親切な人が多く、通りや街にはサボテンが印象的な地メキシコシティの観光地には以上のようなものがあります。

メキシコシティの治安はいい?悪い?

グアナファトの街並み

豊かな自然と文化があるメキシコシティは観光地として魅力的な地と言えますが、メキシコシティといえば「治安の悪さは世界トップクラス」と言われてきました。じゃあ、本当にそんなに危険で旅行もできないの?というと、ラテンアメリカの中では治安が悪くない方だと言われているし、実際に訪れている人も少なくはありません。ただ、メキシコシティの治安の悪い所はかなり治安が悪く「近づかない方がいい」だし、観光客が多いようなところでは普通に観光していられるくらい治安は悪くありません。なので、ポイントは「入っていいけないところへは絶対入らない」そうすれば普通に観光を楽しむことができます。

メキシコシティで治安が悪く絶対に行ってはいけない場所

メキシコ ビジャエルモッサ グリハルバ川 マレコン橋展望台からの眺め

眼越湖シティの観光地は景色ものどかで、危険な感じはしませんが、一歩治安の悪い所へ踏み入ってしまうとやはりかなり危険だと言えます。危険なところはしっかり把握して立ち入らないようしましょう。

メキシコシティの治安の悪い所①テピート(テピト地区)

instagram-image

putoschilangos

メキシコシティの中だけではなく、メキシコ全体というレベルでみても治安が良くなく、地元の人がまず行かないのがテピト地区です。ここがなぜ危険かというと、ここでは命に関わる銃などの凶悪な犯罪がしばし起こるからです。他の地域では、治安が悪いと言っても窃盗や殺さない強盗などの犯罪は起こり、財産の一部を失うというのがありますが、ここでは「麻薬や拳銃がらみの取引」が行われているからです。メキシコやメキシコシティで昔は頻発していたマフィアの抗争というのも近年ではかなり減ってきていて、あまり撃ち合いなどというのを聞きませんがごく稀に抗争があったというと、このテピトだったりします。外国人が殺されたという悲惨な事件も起きているし、ここには絶対に近づかない方がいいです。

このテピトですが、歴史地区で観光客も訪れるソカロから歩いていくといけてしまう距離に位置してしまいます。歩いているうちにふと入ってしまったという事は避けたいので、ソカロに行くのであればテピトの位置は必ず確認しておきましょう。

メキシコシティの治安の悪い所②ラグニージャ

instagram-image

tlaxcultural

テピトのすぐ西隣に位置していて、テピトから簡単に歩いて行けるのが、ラグニージャなのですがここも治安が良くなくよくスリなどに遭うことが多い地区として知られています。毎週日曜日に「ラグニージャの泥棒市場」なるものが開かれて賑わいますが行くのであれば午前中のうちに行って、暗くなるまでには移動をするのを完了させましょう。

メキシコシティの治安の悪い所③その他

上記2つの地区の他にミスコアクやタクバヤ、イスタラパラパ地区、そしてオセアニアの4か所も治安の良くない地域なので立ち入らないようにしましょう。メキシコシティの治安の悪い場所は見た目も実際もかなり治安が悪いのでこういった地域には近づかないようにし、肝試しみたいなことをするのはお勧めできません。

治安の良くないメキシコシティ:犯罪が起こりやすい時期や時刻

メキシコ プエブラ イグナシオ・サラゴサ通りから見たマリンツィン火山

メキシコシティは治安があまり良くないということですが、旅行者が気をつけなくてはいけない犯罪はやはりひったくり、置き引き、スリなどなので、荷物特に貴重品を肌身離さず厳重に管理すればそのような犯罪に遭う可能性は減ります。そして、それ以上の防犯は犯罪の起こりやすい時期や時刻を把握して犯罪被害に遭うことを回避することです。

犯罪が起こりやすい時刻

一般的にメキシコシティで犯罪が多く起こる時間帯は夜22時以降から朝7時と言われています。じゃあ昼間は大丈夫なの?というと残念ながら昼間だと安全で何の被害にも遭わないというわけではありませんので、昼間の外出にも十分注意しましょう。そして犯罪が多く起こっているという夜間の外出は絶対にやめましょう。女性の夜間歩きなんていうのはもってのほかだし、男性でも少人数や不慣れなところへの外出は絶対に避けましょう。

犯罪が起こりやすい時期

日本でもお正月が近くになると窃盗や強盗が多くなると昔から言われていますが、メキシコシティでも年末のクリスマスシーズン周辺になると窃盗や強盗の発生件数が増えると言います。なので、普段の時期よりもさらに身の回りの荷物などには注意してスリなどの被害に遭わない様しましょう。

治安があまり良くないメキシコシティで気をつけた方がいい犯罪

Buildings along a street, Mexico City, Mexico

では、実際にメキシコではどんな犯罪に遭うのか、遭わないようにするにはどうしたらいいかまとめてみました。

窃盗

メキシコシティでは置き引きやスリなどの被害に遭うことが多いと言われていますが、お金や貴重品を奪っていくのに気を付けなくてはいけないのが「子供」です。日本だとハイティーンで窃盗をする人はままいますが、メキシコシティでは小さい子供つまりは10歳にも満たない子供が貴重品を持って行ってしまうという事も起こっています。なので、子供が近づいてきて「カワイイ」とうかうかしていると財布などの貴重品が無くなっているといった事件が良く起こります。すぐに疑ってかかるのは良くない事ですが、子供だからといって信じ切って金品を盗られないよう気をつけましょう。

詐欺

次に気をつけなくてはいけないのは詐欺もしくはぼったくりです。お土産屋さんやタクシーなどで値段がはっきりしていなく支払いの段になったら法外とも言われる金額を請求されるという一種の詐欺が存在するので、値段がついていないものなどはしっかりと購入意思を示す前に値段を確認しましょう。タクシーはホテルの前などから乗るようにし、流しのよくわからないタクシーを利用するのは控えましょう。

治安があまり良くないメキシコシティに楽しく滞在

メキシコシティは全体を見ると治安がいいとは言えませんが、治安の悪い所へ近づかなければ歴史も見どころもあるメキシコシティを楽しく観光することができます。なので、自分の目的地の側に危険なエリアはないかなどをしっかりと確認し、危険な地域には近づかないようにして観光しましょう。

また、幸運にも犯罪に遭わなくても海外ではいつ何時どんなトラブルに見舞われるかわかりません。なので、海外旅行保険にはしっかり加入してあらゆる事態に備えてください。そしてメキシコシティで楽しい思い出を!

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードです。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\WEB申し込みで2000円分ポイント獲得できます!/

Copyright© legate , 2019 All Rights Reserved.