世界を安心安全に旅するために

legate

香港

さあ香港に行こう!香港行きの飛行機の疑問を一気に解決!

投稿日:

さあ香港に行こう!香港行きの飛行機の疑問を一気に解決!

100万ドルの夜景で有名な香港。日本から近く気軽に行けて、また英語が通じる街として、人気の旅行先の一つですよね。とても近代的な部分と昔ながらの活気に溢れる喧噪は、非日常的な体験になるでしょう。

さて、そんな香港にちょっと行ってみたいな、と思ったら気になるのが香港行きの飛行機!どこからでているの?飛行機代は?航空会社はどこがいい?香港の空港はどんな感じ?などなど。ここではそんな香港の飛行機に関する疑問を解消していきます。

香港旅行が気になったらぜひ一度読んでみて下さいね。

 

日本から香港へ飛行機で何時間?

Central Business District in Hongkong city.

日本から香港まで飛行機で何時間かかるのでしょう?直行便では約3時間半~5時間となります。東京から香港までは、約4~5時間、大阪から香港までは約3時間半~4時間半の所要時間です。

乗り継ぎ便では、待ち時間など各社によって異なりますが、約7時間~10時間です。

 

香港行きの直行便はどこからでている?

香港行きの直行便はかなり多く、日本各地からでています。

成田、羽田はもちろん、関西国際空港、中部国際空港、岡山空港、米子空港、福岡空港、宮崎空港、鹿児島空港、熊本空港、那覇空港、石垣空港です。

西日本や九州、そして石垣空港からも香港への直行便がでているのは驚きですよね。

 

香港の飛行機といえばキャセイパシフィック航空?

instagram-image

ogurin_50

香港のフラッグキャリアの航空会社といえば、キャセイパシフィック航空です。

このキャセイパシフィック航空ですが、英国スカイトラックス社の航空会社格付けランキングにおいて、「エアライン・オブ・ザ・イヤー」を最多受賞のプレミアムエアラインとして、安定した地位を示しています。

また世界49カ国、200都市をつなぐエアラインとしてグローバルに展開しています。サービスやプロダクトに定評があり、長距離線でのビジネスクラスのこだわりなどは、日本でも話題にあがっていますよ。

他にも香港航空もコストパフォーマンスがよく人気があります。ビジネスクラスでもお手頃価格なので、選択肢の一つにいれてみはいかがでしょうか。他にも安心の日本の航空会社JALやANAでも香港へ直行便がでています。

 

香港行きのLCC会社はどこ?

香港行きのLCC会社には下記のような航空会社があります。

  • 香港エクスプレス

香港エクスプレスは、中国海航集団が香港で運営する航空会社で、2013年度よりLCCに転換されました。東京から直行便で非常に便利です。

  • ジェットスター

オーストラリアのメルボルン発のLCC航空のジェットスター。こちらも東京や大阪から直行便がでていて、便利ですね。そしてLCC便は時期によってはとても安いキャンペーンがありますよ。

  • ピーチ

ピーチ・アビエーションは、関西国際空港を拠点とする日本のLCC会社です。ANAの子会社で、2019年にバニラエアと経営統合しました。こちらも関空から香港へ直行便がでており便利ですね。

 

香港行きの飛行機代の相場はいくら?

ビクトリアピークから望む香港の風景 晴天

日本から香港行きの航空券代の相場は、年間の平均は約4万円です。

最も安い6月は平均約3万4千円。最も高い月の8月と12月は平均約4万6千円です。

 

香港旅行のベストシーズンは?

香港は亜熱帯性気候です。春は平均気温が17~26℃、夏は平均気温が26~31℃、秋は平均気温19~28℃、冬は平均気温12~20℃。四季はあり、冬は日本よりも暖かい傾向です。5月~11月は台風のシーズンと言われいます。

観光のベストシーズンは10月~12月。涼しく街歩きがしやすいのが特徴です。また、冬になると空気が澄み夜景がより一層楽しめるでしょう。

また香港ならではのお祭りといえば旧正月。2月になると多くの人が訪れて、楽しい催しものがあるので一度は行ってみたいですね。

 

香港で飛行機利用するなら気になる空港!特徴は?

instagram-image

shuskmt

香港の玄関といえば香港国際空港。アジアの主要なハブ空港の一つで、アジアと欧米諸国を結ぶ大事な中継地点です。ターミナルは第1と第2のふたつで、第2ターミナルは主にLCC便が主です。

 

グルメが楽しい

香港国際空港で楽しめるものの一つがグルメ。香港でトランジットするならぜひ空港のレストランに寄ってみて下さい。フードコートやレストランでは、本場の香港の味が楽しめますよ。

 

空港施設も充実

香港国際空港では、空港施設も充実しています。はやめに到着して、空港施設を堪能するのも悪くはありません。なんとIMAXシアターの映画館や、航空探知館。コックピットのシュミレーションを体験できたり、飛行機の歴史や機種などとても楽しい空間となっています。

また、子供の為のドリームズカムトゥルーエデュケーションパークもあり、空港で思いっきり遊ばせてから、飛行機に乗ることができてお子様連れの方には嬉しいサービスですね。

 

免税店など買い物施設が充実

一流ブランドの免税店をはじめ、カジュアルなブランドのアパレルのお店など、とにかくショッピングをしたい方には便利なこの空港。充実したブランド類は他のどの空港にも負けません。そしていつも何かしらセールをやっているので、ちょっと覗いてみるだけでも十分に楽しいですよ。

 

おみやげも忘れずに

香港のお土産を探すなら空港がとっても便利。トラベルグッズから香港の人気の雑貨や、可愛いお菓子など。香港では観光を楽しみ、お土産は空港で済ませるというのもこの街ならではです。おすすめお菓子は、奇華餅家やパイナップルケーキです。定番ならではの美味しさがお土産に人気!

 

空港から市内までのアクセス

香港国際空港から香港市内までの交通手段はどんなものがあるでしょうか?

主に電車、空港バス、タクシー、エアポートシャトルバスです。電車の高速エアポートエクスプレスは市内まで約24分と最速の交通手段で多くの観光客が利用しています。

また、エアポートエクスプレス・トラベルパス があれば、エアポートエクスプレス片道または往復、MTR、ライト・レイル、MTRバスの3日間乗り放題となって、非常に便利!観光の際にチケットを購入する手間が省けて時間を節約できますよ。

 

香港までの飛行機内でお勧めのすることとは?

香港までは飛行機で約4、5時間と決して長くはないですが、あっという間でもありません。充実した香港旅行を楽しむ為に飛行機ないでできることはなんでしょう。機内でもリラックスして楽しめるといいですね。

 

美味しいものや観光をチェックしておこう

香港といえば、本場の広東料理だけでなく、北京料理や飲茶に麺類など日本人も大好きなグルメがたくさんあります。香港ではレストランや屋台など、ありすぎるほどあるので、時間のある飛行機内でグルメ情報チェックをしておくといいですね。

また香港の観光地ではディズニーランドや百万ドルの夜景のビクトリアハーバー、ネオン街や屋台街に寺院などと目白押し。限られた時間内でどこに行きたいか想像を膨らませるのも楽しいですよ。

 

睡眠をとって体力温存

日本と香港の時差は約1時間なので、それほど疲労は感じませんが、便によっては長い待ち時間がある場合もありますよね。

香港で思う存分遊ぶためにもちょっと寝ておくというのもありでしょう。ネックピローやアイマスクを忘れずに持参しましょう。

 

機内エンターテイメントで飛行機内も楽しむ派

最近では機内のエンターテイメントが非常に充実しています。映画を見ていればあっという間に着いてしまうこともありまね。LCCなどでエンターテイメントがついていない場合は、タブレットなど持参でいくと機内の時間をもて余さずにすみますよ。

 

まとめ

香港に行くとエネルギーをもらえる、そんな不思議なパワーのある街を楽しんでみませんか?グルメも街も満喫して、香港滞在を有意義にお過ごしくださいね。

-香港
-

Copyright© legate , 2019 All Rights Reserved.