2019年最新版|エクアドルの治安と都市部での注意点

エクアドル

2019年最新版|エクアドルの治安と都市部での注意点

更新日:

南米の北西部に位置してスペイン語で「赤道」を意味を持つエクアドルは、太平洋に点在するガラパゴス諸島と、変化に富んだ地形と気候を持つ本土が魅力的な国です。

国土は日本の3分の2程度の国で、本土の中央部はアンデスの山岳地帯、東部にはアマゾンの熱帯雨林、西部には近代的な都市と多彩な表情を持ちます。

ただ南米に位置するエクアドルは、治安が不安です。ガラパゴスの名前はよく聞きますが、エクアドル治安についてはあまり情報がありません。

そこでこの記事では、エクアドルの最新の治安情報をお伝えします。
(2019年7月)

エクアドルの基本情報と治安

エクアドル キト 路線バス

南米の治安は日本ではあまり報道されないので、いまいちピンとこないです。ですが日本人がもつ南米の国のイメージは「なんだか治安が悪そう......」こんな方々がたくさんいます。

エクアドルの治安を知るためにも、基本情報から確認しましょう。

エクアドルの基本情報

  • 国名:エクアドル共和国
  • 面積:25.6万平方キロメートル
  • 人口:約1,662万人(2017年)
  • 公用語:スペイン語
  • 首都:キト
  • 政体:共和制
  • 宗教:カトリック
  • 民族:欧州系(先住民混血)70%・その他

外務省が出すエクアドルの危険情報

エクアドルへの旅行プランを立てるときには、しっかりと外務省が出している最新の治安情報を確認しましょう。

外国人観光客の多くがガラパゴス諸島に向かう玄関口としてよく使われる首都のキト市や、グアヤキル市は、危険レベル1で十分な注意をすれば安全にご旅行が楽しめます。

ただエクアドル国内には、危険レベル2~3の場所があります。北東部の隣国コロンビアとの国境付近の地域は、ゲリラ組織が潜伏しており、凶悪犯罪が増加して治安が悪い場所がたくさんあります。

エクアドルのエスメラルダス県北部、スクンビオス県、カルチ県などは、渡航は大変危険です。

エクアドルの首都キト市の治安

instagram-image

mauriciomarinecheverria

エクアドルは長い歴史の中で15世紀からインカ帝国、16世紀からスペイン植民地時代が続き、長い間他国に支配されてきた国です。

首都のキト市は、近代的な高層ビルが立ち並ぶ新市街と、スペイン植民地時代の古い建物が軒を連ねる旧市街が融合した街です。

エクアドルの国内で治安が悪く犯罪発生率が高い場所は、首都であるキト市と最大都市であるグアヤキル市に半数以上が集中しています。

特に外国人観光客を狙った犯行は、近年後をたちません。

バス,メトロバス,トローリーバスの公共交通機関に要注意

近代的な町並み都市部は、安くて便利なバス,メトロバス,トローリーバスなどが現地の人の足として使われています。

観光客の多くも公共交通機関をお使いになる方が多ですが、このような場所はスリ集団が一番ターゲットを探している場所でもあります。

公共交通機関の車内では、スリや置き引きが頻繁に起こります。観光客は多額の現金を持ち歩くことや、高価なカメラやパソコンなどの電子機器をカバンに詰め込んでいる傾向が大きいので、狙われやすくなります。

旅慣れしている人ならいいですが、できるだけ信用できるタクシー会社での移動をおすすめします。

昼でも人通りの少ない場所は気をつける

エクアドルでは貧富の差が激しくなり、貧困者が犯罪に手をそめる傾向が高まっています。
主に観光客をターゲットにしたスリ・置き引き・ひったくりなどの犯罪が頻繁に報告されています。

例えば旧市街の町並みは観光客に人気ですが、街は迷路のように複雑にできています。
新市街に比べて、安宿などが集まっていることもあり、夜になっても賑わっていますが、一本通りが間違うと、急に物騒な雰囲気になります。

日本人観光客はとくに裕福だと思われていて、ターゲットにされやすいので、人通りの少ない場所には気をつけ、高級ブランド品などを身に着けるのは控えましょう。

先住民組織のデモ

首都であるキト市を中心に、先住民組織によるデモなどが定期的に行われています。
場合によれば、都市部の幹線道路などが封鎖されます。

現地にいるときも最新の情報をしっかりと得て、トラブルに巻き込まれないようにしましょう。

キト市のマリスカル・スクレ国際空港について

立地的に霧や強風が吹き荒れることがあり、遅延や離発着中止などの空港ダイヤの乱れが発生する可能性があります。

ご予定には、余裕を持った日程を組みましょう。

エクアドル治安と短時間誘拐

instagram-image

shiimo_range

エクアドルの治安で気をつけてもらいたいことが「短時間誘拐」、日本人にはあまり聞き慣れない言葉ですが、中南米諸国の都市部で頻発している犯罪手口で、特急誘拐といわれることもあります。

手口は、路上や車上で観光客を拘束して金品を奪う強盗で、銃器で被害者を脅し、手持ちの金品を奪ったり、、キャッシュカードの暗証番号を聞き出して素早く現金を引き出させることで、短時間誘拐などの呼び名がついています。

犯人の目的は殺人ではなく、お金です。このようなケースの場合、おとなしく言うことを聞いていれば、無傷で開放されることが多いです。

変に抵抗したり、大声を上げたりして犯人をいかくすると、命まで奪われることになります。
万が一このような事件に巻き込まれたら、身の安全を最優先に考えましょう。

過去には日本人被害者も......

グアヤキル市内では過去に日本人夫婦がタクシー強盗に襲われて、殺害される事件がありました。抵抗したかどうかは不明ですが、金品を奪われ男性は射殺され、女性も重軽傷を負いました。

この日本人夫婦の場合は、レストランで食事をすました後に、流しのタクシーを拾いホテルへ向かう途中で強盗に襲われました。

もともとはホテルからハイヤーを手配していたそうですが、料金についていざこざになり、流しのタクシーを拾うことになりました。

海外では、トラブルはつきものです。小さなトラブルがまた、大きなトラブルを招くこともあります。

エクアドルの治安対策!ケチャップ強盗にご注意

instagram-image

__emor__

最近では電子マネーやクレジットカードを持ち歩く観光客が増えたので、財布よりもバックなどの中身(カメラ、ノートパソコンなど)が狙わる傾向が高まっています。

そこでエクアドルでは、ケチャップ強盗という手口が頻繁してます。
置き引きのでよく使われる手口で、声掛けして注意を引きつけている間に、共犯者が荷物などを盗む行為です。

例えば、加害者が観光客にわざとぶつかり、被害者の衣服に食べかけのバーガーなどのケチャップをつけてきます。被害者の注意がケチャップに向けられているすきに、別の共犯者が持ち物を盗みます。

こういう犯行グループは手口を次々と変えて、人間心理をうまくついて注意をそらそうとしてきます。

治安対策としてはボディバックなど使用して、貴重品は肌身離さないようにしましょう。

ガラパゴス諸島の注意点

instagram-image

fuwari.light

ガラパゴス諸島は、外国人観光客が一番訪れる観光地です。治安もよく安心して滞在することができるでしょう。

注意点をあげるなら、ガラパゴス諸島周辺の海域の水温は低いことです。
スキューバダイビング・シュノーケリングなどをされる場合は、ウェットスーツを着用するなど十分な準備いたしましょう。

エクアドルの治安対策に海外旅行保険!

旅行保険イメージ

海外旅行の必需品といえば、クレジットカードです。ホテルやショッピングでのお支払から、急に現地の現金が必要になったときにも、現地のATMから気軽にキャッシングができるのでとても便利です。

また、クレジットカードの特典といえば、海外旅行保険です。持っているだけで色んなトラブル対応することができます。

そして一番怖いのが、病気や怪我をしたときです。数日間の軽い入院でも保険がないと、何百万という医療費がかかります。

万が一の場合に備えて、海外旅行保険の重要さは忘れてはいけません。旅行中は予期せぬトラブル、怪我、病気は時として避けられないときもあります。

そんなときに強い味方になるのが、クレジットカードに付帯する海外旅行保険です。無料でも手厚いサポートが受けることができるのでオススメです。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードです。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\WEB申し込みで2000円分ポイント獲得できます!/

エクアドルの治安のまとめ

日本人観光客の観光目的は、ガラパゴス諸島やアマゾンです。その出発点となるのが、首都のキト市やグアヤキル市などです。
また両市内には、たくさんの観光地もあり観光を楽しむことができます。

ただ都市部では昼夜とわず危険な場所があり、凶悪犯罪も起こります。
ですので治安対策はしっかりして、安全なご旅行を楽しみましょう。

Copyright© legate , 2019 All Rights Reserved.