グアム旅行の安い時期はいつ?5月中旬以降が最もおすすめ!

グアム

グアム旅行の安い時期はいつ?5月中旬以降が最もおすすめ!

更新日:

日本から一番近いアメリカと言われているグアム。何度でも足を運びたい人気の観光地ではないでしょうか。グアムに行った経験のある方はご存知だと思いますが、いつ行っても日本人が多い印象です。

日本人観光客が多いので、レストランやお店でも比較的日本語が通じる場合もあります。そういった意味でも、とっても安心して旅行が楽しめるでしょう。

そしてグアム旅行は、時期によっては国内旅行よりも断然安いということも多々あります。つまり、「ちょっと沖縄旅行に行こう」よりも「ちょっとグアム旅行に行こう」という場合の方が安くて手軽な印象を受けるほど。

本当に海外旅行は身近な存在になったと感じる今日この頃です。

しかし、グアム旅行の安い時期というのは限られていて、きちんと計画を立てなければ高い時期にグアム旅行をするということになりかねません。

では、グアムの安い時期っていつ頃なのでしょうか?

年間を通じて航空券やホテルの宿泊料金の安い時期、逆に高い時期について調べてみましたので紹介したいと思います。

同じ体験をするのなら、旅費は安い方が良いのではないでしょうか。浮いたお金で違う体験やホテルのグレードアップも可能!

グアム旅行の安い時期は年に3回!何とか休みを合わせよう!

トロピカルビーチ グアム

当然のことながら、人の混み合う時期というのは航空券やホテルの宿泊料金は吊り上がります。日本で考えると、長期休暇。

春休み、夏休み、ゴールデンウィーク、シルバーウィーク、冬休み(年末年始)です。更に、グアムには雨季と乾季があり、旅行するには雨季よりは乾季の方が人気があり、旅行代金も比較的高い時期と言えるでしょう。

そのような状況を考慮し、実際のツアー会社の料金などを見てわかるのは、グアム旅行の安い時期は1年間に3回あるということです。その3回とは次の通り。

  • 5月中旬~7月中旬
  • 10月~12月中旬
  • 1月下旬~3月中旬

特におすすめなのが5月のGW明けです。もちろん、ホテルのランクや宿泊日数などによって金額は違いますが、この時期が一年を通して最も安い時期となります。

また、9月初旬からシルバーウィークまでの期間もその次に安い時期となっています。つまり、大型連休を避けることで、ある程度安い時期にグアム旅行を楽しむことができるということになります。

では、上記の3つの時期についてもう少し詳しく見ていきましょう。

グアムに行くなら5月のGW明けが最も安い時期?

グアムには乾季と雨季がありますが、その切り替わる時期が6月です。

  • 乾季:11月~5月
  • 雨季:6月~10月

つまり、5月は乾季の最後の月となります。そして、グアム政府観光局のデータによるとグアム島に訪れる旅行者数は4月~5月がかなり少なくなっています。

また、法務省の「出国管理統計」を見ても、4月~6月の日本からの出国者が最も少なくなっており、旅行業者としては旅費を安くしてもこの時期にお客さんを獲得したいという時期なのです。

ちなみに、「出国管理統計」によると出国者が最も多いのは8月、次いで3月となっています。

しかし少し不思議に思うのではないでしょうか。4月、5月と言えば日本ではGWなので、グアムへの旅行者も多いはずです。しかし、統計を見る限り、旅行者が非常に少ないのは事実です。

実は、予想通り日本からグアムへの旅行者は4月末から5月初旬のGW付近に集中しています。しかし、GW前とGW明けからは急激にグアムへの旅行者が少なくなっているのです。

ですから、5月のGW明けが最も安い時期。グアムに旅行するならこの時期がもっともおすすめです。

そして、比較的価格が安定しているのは5月のGW明けから7月中旬頃まで。それ以降になると夏休みに突入するので、一気に高い時期に突入することになります。

お子さんと一緒に家族旅行となると、学校が休みの時期でなければ行くことができません。ましてや海外となると最低でも2泊か3泊はしたいところです。

ですから、7月末から8月末までは特に週末の出発は大人気。価格も非常に高い時期となります。

では、夏休み以降はどうでしょうか。

12月クリスマス直前のグアムは意外と穴場!?安い時期を見逃すな!

8月の夏休みの時期を過ぎると、ある程度旅行代金の高騰も落ち着きます。しかし、夏休みは意外と時期をずらして取得する人も多いので、9月に入ってもグアムへの旅行者は多い状態が続きます。

更に、9月にはシルバーウィークもあります。その年によって連休になったり、飛び石連休になったりということでなかなかまとまった休みが取れないこともありますが、比較的旅行者は多い状態。

ですから、9月頃のグアム旅行は安い時期とは言えません。

しかし、10月になると連休もなく、旅行者の数は減ることになります。旅行者が減るということは、グアム旅行の安い時期です。

10月から12月中旬までが比較的安い時期と言えます。

12月も中旬を過ぎると少しずつ価格は上がり、年末年始の休みには高い時期となります。しかし、実は12月でもクリスマス前は意外と安い時期なのです。

クリスマス前にグアムというと凄く高いイメージがあるかもしれませんが、探してみると意外と安いツアーがあることに気が付くでしょう。

年末年始の企業の休みというと、やはりクリスマスよりは少し後。12月28日、29日頃からというところが多いのではないでしょうか。そう考えると、クリスマス前にグアム旅行というのはそんなに簡単に行けません。

ましてや12月と言うと日本では師走。師も走る程の忙しさという意味を表すように、海外旅行などしている余裕のない人が多いのではないでしょうか。
もしかすると、今年中に片付けなければならない仕事や問題があるかもしれません。

あなたが当事者なら、
「そんな忙しい時期にグアム旅行なんて考えられない!」
と思うことでしょう。

しかし逆を返せば、そんな時こそグアム旅行がおすすめ。もちろんおすすめは、10月から12月中旬までの安い時期です。しかし、クリスマス前までの出発の場合も意外と安い時期なのでおすすめです。

正月休み明けのグアムは意外と安い時期だった!

近年、年末年始は海外で過ごすという人が非常に多くなってきたという印象です。特に芸能人は正月をハワイで過ごすというのは今や常識となっています。そして、同様に年末年始のグアムも非常に混雑します。

つまり、年末年始のグアム旅行は航空券も宿泊費も非常に高い時期。しかし、ほとんどの場合は1月5日頃になると社会復帰せざるを得ない状況に追い込まれます。

そして、次の春休みシーズンまでの間はグアム旅行の価格が落ち着きます。ですから、1月下旬頃から3月中旬頃までが安い時期ということになります。

同じ時期のグアム旅行なら月曜日出発の方が安い時期?

Travel vacation concept

これまで、年間を通じてグアム旅行の安い時期を見てきましたが、なかなかそんな時期に都合よく休みが取れないということもあると思います。

そんな時は、同じ月でも出発の日を少しずらすだけで旅費の節約ができる場合があります。

実は、同じ時期でも、金曜日出発のツアーよりも月曜日出発のツアーの方が安いという場合がほとんど。一般的には同じ週の出発でも月曜日出発の方が5,000円程度安いという場合が多いようです。

確かに金曜日に出発すると、土日があるのであまり職場を休む必要がありません。しかし、月曜日出発にすると、丸々休みを取得する必要があります。

月曜日の出発が無理と言う場合は日曜日出発のプランをおすすめ。日曜日から水曜日出発が比較的安い期間となっています。

5000円と考えると、それ程大きな金額ではありません。しかし、家族4人で旅行した場合、2万円もお得に旅行ができることになります。検討する価値はあるでしょう。

まとめ

ここまで、グアム旅行の安い時期ということについて紹介しました。もう一度記事を振り返ってみたいと思います。

グアム旅行の安い時期としては、次の3パターン。

  • 5月中旬~7月中旬
  • 10月~12月中旬
  • 1月下旬~3月中旬

また、同じ時期でも金曜日・土曜日に日本を出発するより、日曜日から水曜日の間に出発した方が旅費を安く抑えることができます。

例えば、高い時期に4人家族で3泊4日のグアムツアーに申し込むと、1人あたり200,000-250,000円程度です。しかし、これが安い時期に申し込むと、1人あたり50,000円程度となります。

単純計算で、一人当たり15万円以上の差額!

一人でもこれだけのの違いが出るので、家族4人と考えるととんでもない金額です。同じ体験をするのに全然違う金額を支払うのは無駄だと思うなら、是非安い時期のツアーに申し込みましょう。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードです。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\WEB申し込みで2000円分ポイント獲得できます!/

Copyright© legate , 2019 All Rights Reserved.