グアム旅行に便利なバスの種類と利用料金!日本人におすすめは?

グアム

グアム旅行に便利なバスの種類と利用料金!日本人におすすめは?

更新日:

グアムは観光客にとても優しい街。ですから、移動手段で困ることはほとんど無いでしょう。以前、知り合いが日本から自転車を持って行ったのを知っていますが、自転車を持って行ってもトローリーバスを利用されていたのを見て笑ってしまいました。

それ程、グアムはバスの利用が便利なところなのです。しかも、日本の観光地のように人が多過ぎてなかなかバスに乗れないということもありません。つまり、非常に快適に利用ができるのもグアムのトローリーバスの特徴です。

グアム旅行と言えばトローリーバス。トローリーバス程安くて便利な移動手段は無いでしょう。では、そんなトローリーバスはどんな種類があって、どのように利用すれば良いのでしょうか。

グアムで利用できるバスの種類はいくつかありますが、その中でも日本人観光客が手軽に利用できるのが次の5つのバスです。

  1. 赤いシャトルバス(ラムラムトローリー)
  2. Tギャラリアエクスプレス
  3. H.I.Sレアレアトロリーバス
  4. タモンサンズプラザ・グアムプレミアアウトレット無料バス
  5. 恋人岬エクスプレス

それぞれのバスについて詳しく調べてみましたので、順に見て行きましょう。

もし、あなたがグアム旅行前なら、この記事を読むことであなたのグアム旅行に最適な移動手段が見付かるかもしれませんので、是非最後までお付き合いください。

グアムで最も目立つ赤いシャトルバスはとっても便利!

恋人岬シャトルバス

特にグアムの街中を歩いていると、とっても目立つのが上記3種類のバスではないでしょうか。その中でも最も目立つのが赤いシャトルバスです。

私が以前H.I.Sのツアーでグアムを訪れた時には
「赤いバスには乗らないでください」
というアナウンスがあった程、赤いシャトルバスは良く目立ちます。そして、バスの本数も多くて便利なのも赤いシャトルバスでしょう。

前述した通り、グアムで最も目立つバスと言えば、ラムラムトローリーという名の赤いシャトルバスです。とにかく本数が多く、バス停も見付けやすいというメリットがあります。

では、グアム旅行で人気の赤いシャトルバスについて、

  • 料金
  • 運行ルート
  • チケットの購入方法

の順に見て行きましょう。

グアムと言えば赤いシャトルバス!支払いは電子チケットがお得?

赤いシャトルバスは以下のような料金体系となっています。基本的には乗り放題がお得ですが、最近できた電子チケット限定の「タイムチケット」がおすすめです。ただし、恋人岬・チャモロビレッジ・ハガニアマリン・デデド朝市・空港行きのバスは乗り放題ではありませんので注意してください。

乗車券の種類 料金
1回乗車券 $4.00
1日乗り放題券(12歳以上) $12.00
1日乗り放題券(6~11歳) $12.00
2日乗り放題券(12歳以上) $15.00
2日乗り放題券(6~11歳) $15.00
5日乗り放題券(12歳以上) $25.00
5日乗り放題券(6~11歳) $13.00
恋人岬往復(恋人岬入場料を含む) $10.00
チャモロビレッジナイトマーケット往復 $7.00
ハガニアマリンバス往復 $4.00
デデド朝市往復 $7.00
Tギャラリア→空港 $7.00

また、スマホに専用アプリをダウンロードすることで電子チケットのタイムパスを利用することができます。電子チケット限定の料金は下記の通り。

乗車券の種類 料金
3時間タイムパス $3.00
6時間タイムパス $6.00

ただし、タイムパスチケットは全ての路線で利用できるわけではないので注意が必要です。タイムパスチケットが利用できないのは次の3つのコース。

  • チャモロビレッジ
  • 恋人岬
  • デデドの朝市コース

恋人岬へ行くなら、恋人岬展望台の入場料もセットになった往復チケットを購入すると、$1.00お得です。恋人岬のエピソードを調べてから行ってみてください。

では、バス停やバスのルートについてはどうでしょうか。

グアムの赤いシャトルバス!運行ルートは7つ!

赤いシャトルバスは主要ホテルにバス停があるのでホテルからすぐにバスに乗ることができます。運行ルートとしては次の7つのルート。

  1. タモンシャトル
  2. ショッピングモールシャトル
  3. Tギャラリア←→Kマートシャトル
  4. 恋人岬シャトル
  5. チャモロビレッジナイトシャトル
  6. 朝市シャトル
  7. Tギャラリア→空港

運行ルートやバス停、時刻表については半年に一度見直されるので、最新版の時刻表を入手するようにしてください。古い路線地図を見ていたらバス停が無かったなんてこともあるかもしれませんので、注意しましょう。

今すぐ時刻表や路線図を見たいと言う場合には、グアム政府観光局の公式サイトで確認することもできます。

グアムの赤いシャトルバス!チケット購入方法はどこがおすすめ?

赤いシャトルバスのチケットには大きく分けると通常のチケットと電子チケットの2種類があります。

通常のチケットは以下の4か所で購入可能です。

  • 赤いシャトルバスのチケットカウンター
  • 旅行会社のツアーデスク
  • 主要ホテルのフロント
  • 直接ドライバーから購入

ただし、バス乗車時にドライバーから購入する場合には、ドライバーが持っていないチケットがある可能性もあるので注意してください。できれば事前購入するのが良いでしょう。

赤いシャトルバスのチケットカウンターは下記の4ヶ所にあります。

  • グアム国際空港到着ロビー
  • グアムプレミアアウトレット内
  • T ギャラリア by DFS内
  • マイクロネシアモール内

では、電子チケットを購入する方法について見て行きましょう。電子チケットの購入と利用手順は次の通りです。

  1. アプリをダウンロード
  2. 希望のチケットを購入
  3. バス乗車時にチケットを見せる

アプリは赤いシャトルバス公式サイトからダウンローどできますので、事前にダウンロードをしておくことをおすすめします。

アプリをダウンロードすると、1時間のお試しチケットを無料で貰えます。3時間のチケットで4時間利用できることになるので少しだけお得です。

残念な点は、支払いがクレジットカードのみとなっていることです。ネット通販などをあまり利用しないという方にはちょっと敷居が高く感じられるかもしれませんが、通常のチケットよりお得な料金となっているので、おすすめです。

1日乗り放題と言っても、グアム旅行中にずっと赤いバスに乗り続けているわけではありません。また、スケジュールの都合上の時間的な制約もあると思いますので、それに合わせて3時間または6時間のタイムチケットを利用してみてはいかがでしょうか。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードです。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\WEB申し込みで2000円分ポイント獲得できます!/


グアムのTギャラリアエクスプレスへは無料バスの利用がおすすめ!

instagram-image

ekdame

グアム旅行に行ったら免税店で買い物をするという方も非常に多いのではないでしょうか。そして、グアムで最も有名な免税店と言えば「Tギャラリア グアム by DFS」です。

実は、「Tギャラリア グアム by DFS」へはTギャラリアエクスプレスという無料バスがあるので、赤いシャトルバスなどの他の交通手段を使わなくても無料で行くことができます。

TギャラリアエクスプレスにはAコースとBコースの2つのコースがあります。

ルートA
Tギャラリア→ ニッコー→ ロッテ→ ウィスティン→ リーフ→ Tギャラリア
ルートB
Tギャラリア→ ホリデーリゾート→ フィエスタリゾート→ パシフィクスター→ PIC→ ヒルトン→ ロイヤルオーキッド→ パシフィックベイ→ Tギャラリア

Aコースは10:10が始発で約20分おき、Bコースは10:19が始発で30分おきにTギャラリアを出発します。

Tギャラリアエクスプレスの凄いところは無料というだけではなく、夜遅くまで運行しているという点です。最終は23時台となるので、赤いシャトルバスの運行が終わってしまった後も利用できることになります。

赤いシャトルバスの最終に乗り遅れた場合にも便利なので、その点だけでも覚えておくと良いでしょう。

グアムのH.I.SレアレアトロリーバスはH.I.Sを利用してなくても利用可能!

グアムの街並み

グアム旅行を予約する時、旅行代理店のH.I.Sのツアーを利用する特典として、レアレアトロリーバスの乗り放題が利用できるということがあります。

グアムに行ってみると良くわかりますが、H.I.Sレアレアトロリーバスとそのバス停が目に付くでしょう。赤いシャトルバスに匹敵するくらい良く見るのではないでしょうか。

実は、H.I.SレアレアトロリーバスはH.I.Sを通じて予約していない場合でもバス料金さえ支払えば誰でも利用可能です。

では、料金はどのくらいでしょうか?

グアムのレアレアトロリーバスの利用料金!赤いバスより少し安い?

H.I.Sオリジナル「レアレアトロリーバス」の利用料金は次の通りです。

乗車券の種類 料金
大人(12歳以上) $10.00
子供(6~11歳) $6.00
幼児(0~5歳) $0.00

通常料金は大人$15.00、子供$8.00と書かれているのですが、現在は上記のような割引料金が適用されています。

赤いシャトルバスよりも少しだけ安い設定ですが、やはりバスの本数という点で考えると赤いシャトルバスの方が多くなっています。少しでも節約するなら、H.I.Sオリジナル「レアレアトロリーバス」を利用するのも良いでしょう。

グアムのタモンサンズプラザ・グアムプレミアアウトレット無料バス

グアムのプレミア・アウトレット

タモン方面からグアムプレミアアウトレット(GPO)に行くには、無料バスを利用するのがおすすめです。

グアムプレミアアウトレット無料バスの停留所

グアムプレミアアウトレット無料バスの停留所については以下の7か所。

  1. タモンサンズプラザ
  2. ロッテホテル
  3. パシフィック スター リゾート & スパ
  4. パシフィックアイランドクラブグアム>
  5. グアムプレミアムアウトレット
  6. パシフィックアイランドクラブグアム向かい
  7. ロイヤルオーキッド

人気ブランド品の掘り出し物を見つけるのなら、こちらのバスがおすすめです。グアムの中心部からは少し離れているので、是非無料バスを利用してみてください。

GPOのフードコートもおすすめです。

グアムの名所!恋人岬エクスプレス行きのバスチケットの購入方法!

恋人岬シャトルバス

Tギャラリアと恋人岬を往復する恋人岬エクスプレスは恋人岬展望台の入場券がセットで10ドルです。恋人岬エクスプレスのバスチケットはTギャラリアのバス乗り場近くのチケット売り場で購入が可能。

料金としては赤いシャトルバスの恋人岬往復と同じですが、恋人岬エクスプレスは途中の停留所が無いのが特徴です。少しでも時間ロスを無くしたいのなら、こちらがおすすめ。

まとめ

トロリー オープンエア 椰子

グアム旅行中の主な移動手段と言えばバス。ということで、今回はグアムで日本人が利用しやすいバスについて紹介しました。

紹介したバスは以下の5種類。

  1. 赤いシャトルバス(ラムラムトローリー)
  2. Tギャラリアエクスプレス
  3. H.I.Sレアレアトロリーバス
  4. タモンサンズプラザ・グアムプレミアアウトレット無料バス
  5. 恋人岬エクスプレス

それぞれに特徴がありますので、あなたのグアム旅行に日程や日々のスケジュールなどを考慮してバスを選択してみてはいかがでしょうか。

最もおすすめは赤いシャトルバスのタイムパスです。1日乗り放題というわけではなく、3時間、6時間で購入ができるのが嬉しいところ。通常なら1回の乗車で$4.00の料金が発生しますが、タイムパスなら3時間乗り放題で$3.00となっています。

また、それと併せて各種無料バスも利用するとかなり節約できるのではないでしょうか。是非検討してみてください。

Copyright© legate , 2019 All Rights Reserved.