マカオの治安はいいの悪いの?滞在中何に注意が必要?

マカオ

マカオの治安はいいの悪いの?滞在中何に注意が必要?

更新日:

香港から高速船で1時間ほど、ヨーロッパの情緒を残す街マカオ、女子旅などでもよく行かれるマカオ…マカオの治安は良いのか悪いのか…マカオに滞在する際に気をつけるポイントをまとめました。

マカオの治安の前に…マカオの見どころ10選

マカオの歴史地区街並み

中国の特別行政区マカオはかつてポルトガルの植民地下にあったことから、植民地時代の建物が残されており、世界遺産にも登録されている広場や教会があります。そしてマカオにはカジノも…

・大三巴(聖ポール天主堂跡)

・セナド広場

・マカオタワー

・マカオ官也街(クンヤーガイ)

・カジノ

・マカオ・フィッシャーマンズ・ワーフ

・聖ドミニコ教会

・大砲台(モンテの砦)

・コタイ・ストリップ

・東望洋燈塔(ギア灯台)

マカオと言えばカジノの街というイメージでもありますが、ギャンブルをしない人でも楽しめる見どころがいっぱいあります。その他に、広東料理や中華鍋と食材で作るポルトガル料理のマカオ料理など美食の街でもあります。

マカオの治安はいい?悪い?

instagram-image

kazu500502

マカオと言うと恐らく一番に連想するのがカジノの人が多いでしょう。カジノと言うとギャングが出てきそう…出てきそうではなく、かつてマカオでもギャングの抗争が起こったりしてマカオは治安が悪い時代がありました。けれど今は治安が悪くなく比較的安心して観光やホテル・カジノを楽しめる街となっています。マカオは、基本的には治安がいい街と言えます。

でも、忘れてはいけないのが治安が悪くてもそこは外国。日本と同じ気分でいると命を失うことは無くても、財産などを失う・怖い目に遭うことになるので注意が必要です。

マカオの治安…マカオで気をつけなくてはいけないこと

instagram-image

kurokawa_yoshifumi

治安は比較的いいというマカオですが、以下のことには注意が必要です。

盗難(スリ・置き引き)

よくあるのが、マカオに着く前香港からの高速船の中でスリや置き引きなどの被害に遭うことがあります。特に盗まれやすいのは、現金やカードそしてパスポートです。日本のパスポートは行ける国も多いので人気があるので、狙われやすいものです。貴重品は肌身離さず身体の前で持ち歩き、席などを離れたりするときには放置したりせずに持ち歩くのが大事です。ホテルのロビーや空港、ショッピングセンターなど人が多く集まるところにはスリなども多く発生しやすいので混雑しているところでは特に気をつけましょう。

いかさま賭博

マカオならではの犯罪がいかさま賭博です。街やカジノなどで片言の日本語や、多少流暢な日本語で話しかけてきて身の上話などをして「暇つぶしにカードをやろう」と誘ってくる場合があり、そのままついていくとポーカーなどの賭博に参加させられます。最初のうちはいいように勝っていってドンドンチップが集まってきます。そして持ちかけられる最後の大勝負ではほぼ必ず負けます。そして金品をとられてしまったり、クレジットカードなどで負けの金額を払わされたりします。

カジノも仲間だったりする場合もあり、そういった場合勝つことはありません。外国でフレンドリーな人には注意です。知らない人にフレンドリーにされても自分から近づいていったりするのはやめましょう。他の国では、話しかけられて気をとられているうちに金品を持っていかれるという被害も出ています。

外国ではフレンドリーな人には十分な注意が必要です。

ぼったくりタクシー・超遠回りタクシー

マカオでよく発生する犯罪が、ぼったくりタクシーです。驚くことに1か月に300件近くもぼったくりタクシーによる被害が報告されています。特に夜間・深夜の時間帯にはぼったくりタクシーが多いので注意してください。

もし怪しいほど多くの金額をとられたら、車のナンバーとドライバーの名前を控えておいて領収書をもらったうえで警察に相談しましょう。もし、タクシーが不安な場合には奥の観光地にバスがいっているのでバスによる移動もいいと思いますが、バスの路線によってはおつりが出ないため小銭が必要だったり、マカオの通貨であるパガタの金額がわからない不便さはあります。

夜間の一人歩き

夜マカオの街の中を一人で歩いていて危険な目に遭ったという話はあまり聞いたことがありません。昼間だと女性一人で歩いていても怖さを感じない街ですが、夜はいくらあまり危険な目に遭った話を聞かないといっても、一人で歩くのはお勧めできません。人通りがないまたは少ない路地には昼間でも立ち入らないようしましょう。どこが特別危険とかではありませんが、何が起こるかわからないし人がいないという事は助けを求める人がいない…ということにもなりかねません。

マカオ…治安以外で面で気をつけるべき点

instagram-image

diarmore5724

治安上の注意点は先に書いた通りですが、マカオで快適に過ごすためにもう少し気をつけなくてはいけないことがあります。

食品に注意

マカオの一部の店の衛生状態は良くありません。生野菜は、食べるのが要注意と言われているし、加熱されたもの以外は食べない方が無難です。地元の人がお腹をこわさなくても日本人観光客が食べると当たったりする場合があります。また、水も水道水は飲用に適していないので、飲むことは止めましょう。比較的安心して飲めるのはミネラルウォーターです。

タバコに注意

マカオでは、レストランや駅その他公共の場では禁煙です。喫煙していいのは屋外に設けられた喫煙所だけです。禁煙とされているところで喫煙すると罰金がとられます。また、街中で痰や唾を吐くと、それも罰金をとられてしまうので要注意です。どちらも日本で違反している人を見かけることがあるので、日本のような気持ちでやらないよう気をつける必要があります。

鳥や野生動物に触ってはいけません

マカオの市場や、公園で鳥や野生動物を見かけることがあると思いますが、いくら可愛いからと言ってむやみにこれらに触ってはいけません。マカオでは鳥インフルエンザも発生していますので、鳥には特に気をつけましょう。

交通事故に注意しましょう

マカオ・香港、通りを歩いていると運転が乱暴な人が日本よりも多いです。それでも現地の人はその車の間を信号無視したり信号や横断歩道のないところをうまくよけて渡っていきますが、見ているだけでも冷や冷やする場面に遭遇することがあります。マネをして車の間をすり抜けるのはやめましょう。慣れていないのにやると危険がいっぱいです。(慣れていても十分に危険です。)外国で事故に遭うと思いのほか大変です。

公共機関での飲食

マカオではバスなどの公共機関のでは飲食が禁止されています。ちょっとお腹が空いたからさっき買ったエッグタルトをちょっとバスの中で…なんていってバスの中でエッグタルトなどをたべたりすると罰金をとられるかもしれません。ついやってしまいそうなことなので、「つい」やってしまわないよう気をつけましょう。

治安のいいマカオ…滞在を楽しくするために…

instagram-image

mi.ho.melia

マカオは比較的治安がよく、安心して観光を楽しめる街です。ですが、治安が良いと言っても外国ではあるわけで日本と違うところはあるし浮かれた観光客でいると狙われてしまったりします。緊張感をもって行動しましょう。そして、海外へでかける時には必ず海外旅行保険に入りましょう。事故などの際に自分で全部手続きをするのはとても大変ですが、保険に入っていれば(タイプによってサービスの内容は変わりますが)そういう対応も代わりにやってくれるので安心して旅行ができます。マカオで素敵な思い出を作りましょう!

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードです。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\WEB申し込みで2000円分ポイント獲得できます!/

Copyright© legate , 2019 All Rights Reserved.