世界を安心安全に旅するために

legate

香港

香港移住 体験者が語るメリット デメリット それでも魅力が一杯ある国

投稿日:

香港移住 体験者が語るメリット デメリット  それでも魅力が一杯ある国

 

いま、日本から香港移住を考えている方々もいらっしゃるのではないでしょうか。香港移住には、どのような魅力が存在しているのでしょうか。

更に、香港移住に対してどのような点に注意しなければならないかなどについて解説しましょう。

香港移住のメリット

instagram-image

best_hongkong_photos

実際に既に香港移住をした多くの人たちがいます。そのような人たちから、香港移住にどのようなメリットがあるのか聞いてみましょう。

あまり知らない人たちは、香港は文化水準が低くて不便で大変そうと思うことがありますが、そんなイメージとは全く違うと言います。

実は、香港ほど住みやすい場所はないとも言います。

香港移住でなんでも実現できる

香港移住体験者いわく、香港はなんでもありの国であり、自分自身のやりたいことを追求しても、周囲から批判的な目で見られることはないと言います。

香港移住を実現すれば、日本社会には独特の不文律が存在していることも実感することがあります。日本では秩序を乱すことは悪という信念を持ち行動しているような感じがあります。

よけいなことで神経を尖らせることって現代社会の多くの人たちが抱えているストレスが溜まる要因です。

香港移住体験者いわく、本当の自由性を香港移住で感じとって欲しいということです。

香港移住でメイドを雇うことが出来る

メイドを雇うことが出来れば、奥様も家事など一切手を出すことはなく、好きなライフスタイルを送ることが出来ます。

メイドを雇うなんて日本になおいては極々富裕層だけが出来ることです。

しかし、香港移住すれば、結構そのような習慣が当たり前だったりします。国が取り決めしているメイドに対しての最低賃金が、月で4,410香港ドル程度なので、だいたい1ヶ月で6万円の額で済ますことが出来ます。

おおかたメイドの仕事をしているのはインドネシアやフィリピンの人たちです。たまに好い加減な人が来てしまうかもという心配も起こるかもしれませんが、香港政府が問題を整備し、そのような人たちが教育を受けるシステムもあり、安心して利用することが出来ます。そもそも政府が、このような問題と積極的に向きあっている実態があります。

1ヶ月で6万円の額は具体的に充分出すことが出来る範囲の料金です。子供さんがいらっしゃる場合、その程度の額で子供の世話までまかせることが出来ます。家事は一切なしのメイド生活にこの上なく憧れを持っているというのなら、一度香港移住を計画してみてはいかがでしょうか。

香港移住すれば税金が安い

その国に住んでいれば税金問題はずっとその国のシステムに関わっていかなければなりません。日本人の方々は、相当節税しなければならないという意識をお持ちではないでしょうか。

実際に多くの香港移住体験者は、税金対策のため香港移住を選ぶケースが多いと言います。一般庶民でも、香港移住で充分税金の安さは感じることが出来るでしょう。

例えば、香港では、所得税の課税率が最高レベルで17%どまりです。日本では45%という数字に延々と苦しまされている訳ですから、香港移住は相当魅力が大きいと感じます。

更に日本の法人税が30.86%なのに対して、香港では6.5%程度です。

最近では、将来の不安のため株の投資などに積極的に向きあう人の数も急増しています。

更に、香港移住での驚きは、 株の投資でもうけたお金に対して税金がかからないことです。相続税や消費税というものも香港移住で解放されることが出来、まさに香港移住で、「タックスヘイブン」実現することが出来ます。

香港移住で運気アップ

よく香港移住すれば運気がアップするということを聞くことがあります。それにも原因があり、なぜなら香港ではすべてのものに対して、風水を意識した街作りがされているからです。

香港の真ん中にはビクトリア湾がありますが、そこは「龍が水を飲みにくる」場所です。

周囲に存在している建物の数々は、全部斜めになっていたりし、龍が通過しやすい配慮がされているということです。

香港公園は、世界中の金融機関が集中し、そこに佇めば金運アップの運気もめぐってくるでしょう。

香港移住で様々な国へ旅立てる

香港移住を実現することが出来れば、海外どこへも気軽なモチベーションで行くことが出来ます。

ベトナムでも、台湾でも、韓国でも、せいぜい1時間程度です。

LCCが多く往き来して、LCCの香港エクスプレスで石垣島へ行こうと思ったらなんと10円でした。

日本人の旅行に対しての金銭感覚と香港の人たちの金銭感覚は全く違います。香港エクスプレスの羽田便もチェックしておきたいところです。

やっぱり香港移住しても、時々は日本が恋しくなってしまうものではないでしょうか。

香港移住でどのようなことに苦労するの?

instagram-image

funnyface_dejaboo

逆に、香港移住でどのような点にデメリットを感じているのでしょうか。

香港移住の暮らしが充実するためには、住居費用も大事な条件ですが、案外ストレートに住居費用が高いと言う実感をもってしまうことがあります。

香港はニューヨークの次に高いとも言われている程です。ここの部分が、香港移住で一番大変と感じてしまう部分です。

そのあたりの対策として、 中国本土よりの地域に出来るだけ住んで、コストを抑えようとしている人たちもいます。

香港移住は医療費が高い

更に香港移住で、医療費が高いと感じてしまうことになります。例えば、歯科医へ行ってセラミックを入れてもらうのに対しても、日本の歯科医なら6万円程度で済むものを、香港では15万円請求されてしまうことがあります。

そのような背景があり、香港移住で周囲の人たちが結構東洋医学を信用しているということにも気付かさせることがあります。

香港移住はこんなことに注意をしよう

instagram-image

194hongkong

香港移住でほんのちょっとしたことですが、このような点に注意した方がいいということもあります。

段々と生活に慣れてくれば気付くことでしょうけど、あらかじめチェックだけしておきましょう。

公共でシティバスのアプリがあります。まず、香港移住で生活する上でスマートフォンにそのようなアプリは必ず入れておきましょう。

香港移住では、バスの移動が一番安くてメリットがあります。だいたい東京では200円程度の料金が、香港では50円程度です。

高齢者の方々や子供さんはそこからもっと安くなります。

更に香港は、台風も非常に多くて、よく学校や会社も休みになることがあります。そもそも香港政府の発令があって、外出することが禁止になったりします。

1、3、8~という段階があって、「3」レベルでは幼稚園へ行くことも禁止、更に「8」では会社も休みになり、公共の機関も全部止まってしまうことになります。

実際に国がこのような発令をしてくれているのですから、個人でいろいろ判断しないで済むので楽は楽です。

ですから天気アプリもスマートフォンに入れるのは必須です。

まとめ

いかがでしょうか。住居費用が高いことなどを比較すれば相当気になってしまいますよね。ただし、そのようなことってどこの国の移住計画でもあることです。それぞれの移住計画において部分部分デメリットがありますが、総合評価でどうメリットによってデメリットを打ち消しに出来るかということが大事です。

香港移住はそのような意味では、デメリットは全部数々のメリットで相殺される国ということが出来ます。

-香港
-

Copyright© legate , 2019 All Rights Reserved.