世界を安心安全に旅するために

legate

ハワイ

常夏の楽園ハワイの治安はいいの悪いの?滞在時の注意点

投稿日:

常夏の楽園ハワイの治安はいいの悪いの?滞在時の注意点

常夏の楽園ハワイは、夏休みやその他長期休暇を中心に日本人が多く訪れるリゾート観光地でのどかな感じがしますが、そんなハワイの治安はいいのでしょうか?ハワイの治安と安全に滞在するするための注意点をまとめてみました。

ハワイの治安の前に…ハワイの主な観光地(オアフ島)

instagram-image

fuwari.light

・ダイヤモンドヘッド

・クアロア・ランチ

・モアナルア・ガーデン

・クカニロコ・バースストーン

・カタマランヨットクルーズ

・マカプウトレイル

・ピルボックス

・マノア渓谷

・ラニアケア・ビーチ

・ワイマナロビーチ

その他コオリナや風光明媚なビーチが多く、ショッピングスポットなども多く見どころ・買いものスポットがたくさんです。

ハワイの治安はいいの悪いの

instagram-image

kayoko.yo

ハワイと言えばゆったりとした時間の流れる南国の楽園というイメージが強く、とても安全でほのぼのしたイメージがありますが実際のところは…アメリカ本土の治安の悪い所から見れば治安は悪くありませんが手放しで「治安のいい安心なところ」とは言えない場所で、実際に結構事件は起きています。そして、イメージ戦略などから日本のテレビではあまり報道されていませんが日本人も事件に巻き込まれています。何を言っても外国であるという事を忘れず、気をつける点には気をつけて過ごすのが事件に巻き込まれないポイントです。

ハワイの治安…ハワイで良く起こる事件とは?

instagram-image

howahowapiroyan

・窃盗(Property crime)

・車の盗難(Vehicle theft)

・ぬすみ(Theft)

・レイプ(Rape)

驚くことに、以上の4つの犯罪においてのハワイでの発生件数は全米平均よりも高く、更に観光客が遭遇してしまいがちな犯罪がすりも含む窃盗となっています。なのでハワイは皆が考えているよりは注意が必要な状況の治安となっています。ハワイには日本から1日に平均すると5000人以上もの観光客が訪れ、窃盗などの財産の被害に遭う日本人観光客もいるのですがハワイの「楽園ハワイ」というイメージを保持しようとしているためか日本ではあまりハワイで犯罪にあってしてしまったということはニュースになりません。観光客がハワイに行った際に特に気をつけなくてはいけないのが以下の犯罪です。

・置き引き

・車上荒らし

・ひったくり

・ドラッグ

銃犯罪や殺人などの凶悪犯罪ではなく、これらはすぐそばにある犯罪なので持ち物はしっかり管理する・知らない人とはかかわらないなど特に気をつけて、巻き込まれないようにしましょう。

ハワイの治安の悪い地域・気をつけなくてはいけない所

instagram-image

shibu.kaz

おそらく想像していたよりは、よくないハワイの治安…滞在中トラブルに巻き込まれなく快適に滞在するには危ない地域へ立ち入らないなどが大事になってきます。ここではハワイで気をつけるべきポイントを書きます。

人通りの少ない所

ハワイの特定のどこの地域が危ないという前に、ハワイで気をつけた方がいいのが、「人通りのないところ」です。日本ではひどい田舎を除いては人通りの少ない場所と言うのは少ないですが、ハワイを含むアメリカには「人通りの少ない所」が存在します。昼間でもあまり人がいない場所もあるし、夕方以降人通りが少なくなる場所もあります。人通りの少ない場所にいくと犯罪に巻き込まれる可能性もあるし、万が一トラブルに巻き込まれた場合でも助けを求める人がいません。よく名前が知られている高級ホテルの近辺でも人通りの少ない場所はあります。そういう人通りの少ない場所には近づくのをやめましょう。現に、日本人が一人でエレベーターに乗ったら強盗に遭ったという事件も報告されています。

夜の街

日本では夜間でも一人で歩いている人が結構いて、女性でも夜道を一人歩いている女性も珍しくありません。ですが、ハワイやアメリカを含む外国では夜道の一人歩きなんて危険で仕方がありません。観光客が多く訪れるカラカウア通りにある多くのレストランやショップも、夜遅くまでやっているとはいえ23:00に閉まる店が多いです。なので、遅くても23:00くらいまでには、ホテルの部屋に戻るようにした方がいいです。男性であっても一人や少人数で歩くのは危険です。「大丈夫、ちょっとそこまで行くだけ」それも危険になりうるので「ちょっと」の距離でも夜間移動するのは控えましょう。

ダウンタウンおよびチャイナタウン

まず、ダウンタウンですがダウンタウンは格好観光スポットや人気のカフェやレストランがあって、そのあたりで働いている人や観光客でにぎわっている地域です。人も多く観光地的なので、普通に大きな通りを歩いていて狭い路地などに入り込んでいかなければ危険なエリアではありません。ただし、チャイナタウンを中心とするダウンタウンは、他の地域よりもホームレスの数が圧倒的に多いです。彼らは何をしてくるわけではない場合が多いですが、からまれたりしたら厄介なので不用意に近づくのはやめましょう。ダウンタウンを効率よく、危険ではなくまわるのには昼間にダウンタウンの主要観光名所を巡るツアーを利用するのもおすすめです。

ダウンタウンにあるチャイナタウンは、ハワイで治安の悪い地域の一つと言われているし昼間でも感じのいい場所ではありません。ただしこの辺り、中国を中心とするアジア料理などがワイキキの中心部に比べて美味しく安いという店もあるので、チャイナタウンを訪れるなら昼間に訪れましょう。そして「思い付きで行動」しないようしましょう。

カピオラニ公園

カピオラ二公園は、昼間訪れるのはほぼ問題がないのですが日没後には人でも減り公園に入る人はほとんどいません。公園に面しているビーチ沿いには人気のあるレストランなどもありますが、決して「散歩がてら歩いていく」などはしないでください。距離が短かったとしてもタクシーで移動するようしましょう。

クヒオ通り

クヒオ通りの全体の治安が悪いと言うわけではありませんが、今でも治安が良くないエリアがあるのがクヒオ通りです。夜になると、怪しい人が繰り出して、窃盗や車荒らしや売春、強姦そして殺人事件などが発生しています。いまでは以前よりは通り自体の雰囲気は明るくなりましたが、クヒオ通りの細い路地や、人通りの少ないところは夜間だけでなく昼間にも歩きまわるのは危険なので避けましょう。

カカアコエリア

アラモアナショッピングセンターから西のカカアコエリアでは、建設ラッシュが起こっていてマンションが次々建って、殺風景だった倉庫街も大変身を遂げて「ウオールアート」として有名になりつつあるのですが、そんな状況でも観光地化されないところを見ると、その辺の治安と関係があるようです。日中でも近寄りがたい雰囲気のエリアなので、ウオールアートを見たい場合でも大通りに面したところから見るにとどめておくのがベターです。

夜のホノルル動物園エリア

昼間はほのぼののどかで、観光客が多く賑わっているホノルル動物園エリアですが、ここも日没後には怪しい人が増えてきて様相が一変するエリアなので日没後には近づくのは止めましょう。

ハワイの治安:楽園ハワイで楽しい思い出を作りましょう

ハワイは、楽園に見えますがあまりに油断して夜間出歩いたり・人通りのない所などへ行くと比較的身近にある犯罪に巻き込まれてしまうことがあります。なので、以上の点にはしっかり注意して行動して楽しい旅の思い出を作りましょう。最後に忘れてはいけないのが海外旅行保険に加入することです。外国で思わぬ怪我や病気・事件に巻き込まれてしまうと想像を超えるお金がもあるので、いざというときの為に必ず備えましょう。Have a nice trip。

-ハワイ
-

Copyright© legate , 2019 All Rights Reserved.