世界を安心安全に旅するために

legate

ニュージーランド

ニュージランドに旅行に行こう!その前に知っておきたい治安事情

更新日:

ニュージランドに旅行に行こう!その前に知っておきたい治安事情

南太平洋にあるニュージランドは、イギリス連邦加盟国の一つで、映画「ロード・オブ・ザ・リング」の舞台になったりと、自然が美しい国として知られています。また多民族国家としても知られる国です。

今回はニュージランドの治安が安全なのか、危険なのかを項目ごとに見ていきましょう。

ニュージランドの治安は?安全それとも危険?

ニュージランドは他民族国家のため、いろんな人種が住んでいます。最近ではアジア圏からの移住が多くなってきていますが、ヨーロッパ系を筆頭に、先住民族のマオリ、アジア、ラテン、アフリカの順で多様な人種が住んでいる国です。
そのように人種が混在するニュージランドの治安はどんな感じなのでしょうか?
一般的にニュージランドの治安は安全だといわれており、危険がない国だと云われています。
銃などによる犯罪も低く、世界的に見て安心できる国だと云われています。実際の治安はどうなのか、国ごとにわけたランキングで見ていきましょう。

国別ランキングで知るニュージランドの治安とは

とある調査で、世界の25の国の治安の安全を調べた結果、1位アイスランド、2位がニュージランド、3位がポルトガルというランキングがでています。このランキングでは、8位に日本が入っています。
昔から日本はとても安全なくにだと云われていますが、その国よりもはるかに治安がよい国としてニュージランドがランクインしています。

危険に合わないために気をつけたい 自分でできる防犯対策

治安がよいニュージランドですが、言葉の違う国ですし、文化やマナーも異なります。それがもとでトラブルに巻き込まれる可能性も否めません。

また、治安が良いとはいえ、犯罪の質が異なる場合もあります。ニュージランドへ行ったら、どのような点に気をつけるとよいのでしょうか。

注意したいことを10のポイントにまとめてみました。

1:スリ

海外ではスリがとても多くいます。日本の治安は、物を落としても拾ってもらえたり、あるいは、荷物をおいたまま席を少し離れても置き引きに合う確率というのは低いですが、海外ではハンドバッグをしっかりと見に付けていたり、ズボンの後ろのポケットに財布をいれたままにしないなどの注意が必要です。

 

2:女性の旅行客

ソロの女性の旅行客でも、治安は良い方なので、安全に旅ができるほうです。ヨーロッパの大都市などから比べるとはるかに安全と言われています。しかしながら、全く犯罪がないかといえば、嘘になります。夜遅くに旅先ででて歩くのは気をつけましょう。

3: 緊急の時はこちらに電話

治安が良い国でも、なにがあるかわからないです。問題が起きると人はパニックになりがちです。しかも言葉が違う国だと、普段落ち着きのある人でさえ、動揺する可能性が大です。いざ、という時にどこに電話をすべきかメモをしておくとよいでしょう。

ニュージランドで緊急時に電話をするのは、111です。そのほか、日本大使館やホテルの電話番号などは控えておくとよいでしょう。

4:貴重品、現金などはむやみに持ち歩かないようにしましょう。

現金を持っているというだけで、犯罪に巻き込まれる確率は増えるでしょう。また、ブランド物のバッグ、お財布なども、後でお金に換えることができるものを持って出歩くと危険ですので、気をつけましょう。

5:クレジットカードを使う時は、怪しいお店等では使わないようにしましょう。安心できる大きな店でのみで使用しましょう。

6:天候に注意しよう

治安が良いので、犯罪にまきこまれるおそれはありますが、大自然を相手の旅が多いニュージランドでは、天気などをよくチェックして出かけないと、危険と隣り合わせということになりかねます。ハイキングなど、出かける場合はちゃんと天候をチェックして安全に行きましょう。

7:火山に注意

実は、火山での事故も多く、大噴火まではいかずとも小さな噴火は頻繁におきています。そのため地震も多くおこります。滞在中は地元の天気予報を注意してみたり、滞在先のスタッフに天候を尋ねて安全に旅をしましょう。

8:キャンプ

ニュージランドの大自然のなかでキャンプをすることに憧れているアウトドア好きな人も多いでしょう。大自然でキャンプをする場合は、地域の人にキャンプ場をキチンと聞いて、安全な場所でキャンプをしましょう。

9:知らない人からの酒はもらわない

見ず知らずの人から飲み物、食べ物をもらわないのがいいでしょう。特に飲み物には、薬物が混入している危険性もあります。犯罪に巻き込まれないように、見ず知らずの人がお酒をおごってくれるなどがある場合は、気をつけましょう。

10:ヒッチハイク

見ず知らずの人が、乗っていくかと声を架けてきても無視をし、車に乗らないようにしましょう。

ニュージランドの治安は悪化してる?過去に起きたテロは?

治安が良い国だといわれる云われますが、具体的どの程度治安が良いのか、気になります。過去に起きたニュージランドの事件やテロを見てみますと次のようになります。
最も最近起きたニュージランドでの事件には、2019年3月15日におきたクライストチャーチでのモスク襲撃事件があります。一人の銃を持った男によって、51名の死亡者と49名の負傷者を出した事件です。これはニュージランドにおける過去最大の銃による悲劇といわれています。
この事件以外に目立つものありませんが、日本と比べるとニュージランドの犯罪は、2017年人口1万人にあたりおよそ46倍です。窃盗などの軽犯罪がとても多いのが特徴的です。防犯対策はできるだけしっかり施し自分で、自分の身を守るようにしましょう。

避けたいニュージランドの治安悪化エリア

ガイドブックに載っていないようなところに行かない、一人旅を避ける、夜道を歩かないなどいろんな対策のほかに、治安が悪いと云われているエリアに入らないようにするのも大切です。

また、ニュージランドという国が多国籍であり、いろんな人種がすんでいるということもあり、人種ごとに感じることが若干異なっています。200を超える人種がいるのですから、仕方ないことかもしれません。

治安がよくないといわれるニュージランドのエリアをご紹介します。

・ネルソンパーク

・アークランドハーバーサイド

・ヘイスティングスセントラル

・カテドラルスクエア

・ウェリントンシティ

・オークランドセントラル

・ハミルトンシティ

・カントリーマヌカウウエスト

・カンタベリーメトロエリア/クライストチャーチ

クライストチャーチは先程も述べたように惨劇が起きた場所なので、そのことを思い治安が良くないという人も多いでしょう。

マヌカウウエストでh,2018年に6000件近い犯罪が起きたエリアなので治安があまり良くないので、近づかないようにしましょう。同じくハミルトンシティでも、2014から2016と過去2年間の累計で6000を超える犯罪があった場所です。

オークランドは人口がニュージランドで最も多いエリアだけに、いろんな事件が起きてしまいがちです。その他、カテドラルスクエアは性犯罪が多いなど、治安が悪い中にも色んなタイプがあります。

やはり現地の人がおすすめしないところやガイドブックに載っていないのような場所にはむやみに出かけないようにしましょう。

ニュージランドの治安情報も大事だけど!海外旅行へ行くならこれが大切

ニュージランドは、国別のランキングからわかるように、世界的にみてとても安全で治安のよい国です。人種も多彩で、自然も豊かな国なので、日本では経験できないような多様性を感じることができる素敵な国です。
治安面の注意喚起が多くなりましたが、海外旅行に行かれる時に、留意したいことの一つに保険があります。パッケージツアーなどで海外に行かれる場合は、添乗員さんがついているうえに、保険も全てカバーした状態がほとんどです。
しかし、個人で行かれる時は、飛行機の値段が安い代わりに、保険などはオプションで入る形になることが多いです。
盗まれても困らないものしかもってないから、保険に入らなくても問題ないと思う人もいるでしょう。しかし保険は本当に万が一のためのものです。慣れない土地で病気になったりすることもあれば、ショッピングの途中で高価な物を破損してしまったりとすることも起きます。
保険に加入していると、日本語が話せる病院や、緊急の電話先に日本語が話せるオペレーターが用意されていたりして、何かと安心です。ニュージランドの基本的なことや、治安情報を得ると同時に、海外保険も様々な会社のものを比較し、加入するとより安心してニュージランドへ行くことができるでしょう。

ニュージランドの治安のまとめ

今回は、ニュージランドの治安についてまとめてみました。過去にあった事件や、2018年に犯罪が高かった治安の良くないと云われるエリアについても網羅してしていますので、ニュージランドへ行かれる際は、参考にしましょう。

-ニュージーランド
-

Copyright© legate , 2019 All Rights Reserved.