世界を安心安全に旅するために

legate

サンフランシスコ

サンフランシスコの治安はいい?悪い?滞在時に気をつけること

更新日:

サンフランシスコの治安はいい?悪い?滞在時に気をつけること

ゴールデンゲートブリッジに、ノブヒル、チャイナタウンに大自然の国立公園ヨセミテと外国人観光客もたくさん訪れる、日本人にも大人気の観光地サンフランシスコですがサンフランシスコの治安は良いのでしょうか、それとも悪いのでしょうか?今回は、西海岸の港町サンフランシスコの治安についてまとめました。

サンフランシスコの治安の前に…サンフランシスコの人気観光地

milkywayhawaii

サンフランシスコには多くの観光スポットがあり、多くの人が訪れます。訪れてみたいスポットはかなりたくさんありますが、おすすめ10選をまとめてみます。

・ゴールデンゲートブリッジ

・アルカトラズ島上陸ツアー

・ケーブルカー

・ヨセミテ国立公園

・フィッシャーマンズワーフ

・ロンバートストリート

・アラモスクエア

・ナパバレー(ナパワイン・ワイントレイン)

・サンフランシスコ・デ・アシス

・パレス・オブ・ファインアーツ

大自然に洗練されたお洒落な街に…サンフランシスコは他にも多くの見どころがある西海岸の街です。

サンフランシスコの治安は?

chikun3109

サンフランシスコは犯罪が多い少ない

サンフランシスコいいいとも悪いとも言えないような気がします。というのも、凶悪犯罪の発生率だとアメリカの州の中で37位(50州中)と発生率が高いとは言えません。けれど、財産犯罪発生率は6位とかなりかなる上位にランクインしてしまっています。日本人を含む観光客が多く巻き込まれるのは殺人や強盗などの凶悪犯罪ではなく、多くが金品をとられるなどの財産犯罪なので、この財産犯罪発生件率が高いサンフランシスコは観光客には要注意です。夕方から夜間になるとサイレン音が鳴り響いている地域があります。

サンフランシスコは観光地と危険が隣り合わせの街

サンフランシスコは観光地のすぐ隣、1本通りが違っただけで危険なエリアがある街です。観光地で穏やかににぎわってる1本裏通りに入ると鉄格子で囲まれたお店が立ち並ぶエリアだったりします。お店の鉄格子は、お店からの商品やお金の略奪を防ぐために設けられているもので、こういった地域は特に治安が良くないので要注意です。

サンフランシスコの治安~危険なエリアの見分け方~

kan0s2

街にゴミが散らかっている

ゴミあさりをする人がいる、ルール無用にゴミが捨てられていく等ゴミが多く散らかっている・路上にゴミが散らかっているところは治安が悪い場所が多いです。

道端に寝たり座ったりしてる人がいる

危険なエリアでよく見かけるのが、道に寝ころんでいる人・座りこんでいる人です。その目がどこを見ているかわからなかったり、ギラギラ危険な目つきだったり、ボロい服を着ているなどだった場合には特に注意が必要なので、そういうところに入ってしまった場合には、座っている人・寝ころんでいる人と目を合わせたりせずにさっさと立ち去りましょう。

窓やドアなどに格子がつけられている

前述したとおり、格子がつけられているちょっと見要塞のような建物が多いところは治安の悪いエリアです。

人通りのないところ

怪しい人がうろついているのを除いて、人通りの少ないところ・場所は治安が悪い地域であることが多いので人通りの少ないところに近づくのは止めましょう。人通りがないところだと、何かあったときも助けも呼べません。

サンフランシスコンの治安の悪いエリア

archieb.jpeg

観光地と危険なエリアが隣り合わせのサンフランシスコ、実際にどこが危険なエリアなのかみていってみましょう。

ミッション地区

k_sugerdaddy4161

最近では、トレンドなバーやレストランが数多く並び、特に若者などに人気のエリアミッション地区ですが、つい数年前まで銃撃事件などの凶悪事件が毎日のように頻繁に起こる地域でした。最近は治安は改善されたといえ、まだその名残は感じられる地区なので通る時には車での移動にしましょう。また、ミッション地区には24TH STREETと16TH STREETの2つの地下鉄の駅があります。これらの駅は、昼間は乗降客も多いので地下鉄利用も可能ですが、駅付近をウロウロしている人は雰囲気が良くありません。貴重品をしかり管理し、観光客丸出しの行動には気をつけましょう。

テンダーロイン

massmaxabe

テンダーロインといえば、ステーキの名前ではないですか?そうです、もともと治安の悪いこの地区を担当する警察官は手当てを追加でもらえるので、もらった手当で高級なステーキであるテンダーロインが食べられる…ということに由来している地名です。このエリアはサンフランシスコの中でも最も危険な地域となっていますが、ユニオンスクエアから数ブロックしか離れていないので、サンフランシスコの街をフラフラしていたらついうっかりこのエリアに入ってしまったということも考えられるエリアです。ヒルトンホテルもあるテイラーストリート以西のエリアには立ち入らない様にしましょう。ここは、昼間でも近づくことをお勧めしません。このエリアでは、薬物犯罪や銃器所持違反、強盗などの凶悪事件から窃盗・傷害・売春などの事件が発生しています。

ウェスタン・アディション地区

reecesevensix

この地区は日本人観光客に注意が必要な場所です。なぜかというと、Japan Townのすぐ南側に隣接しているのがこのウェスタン・アディション地区だからです。Japan Townは小さな地域なので、その周辺を街歩きすることはあまりないと思うし、歩いてみたところで特にこれといった見どころがあるわけではありません。この地域への行き帰りは必ずバスやタクシーを使って、まっすぐ帰ることが大切です。この地域では多くの車上狙いや傷害事件、そして性犯罪などが発生しています。

サウス・オブ・マーケット地区

lorenharrislovestravel

サウス・オブ・マーケット地区は、週末になるとバーやクラブが賑わうくらいで、普段はとても静かなエリアですが、時々銃犯罪が発生したりするの酔っ払って歩くのはやめましょう。また、アメリカでは酔っ払って歩いていると逆に自分が警察の厄介になってしまう…なんてことも。日本と同じ感覚で酔っ払って歩くのはそれも含めて非常に危険です。マーケット通りはここでの一番のメインストリートですが、5thから10thの方は1thから5thなどのダウンタウンと比べると治安が良くないです。閉店してしまって落書きをされた店や、ポルノ映画を上演している場所などがあったりします。そして、UNプラザ周辺はホームレスが多く、「小銭をくれ」などと声をかけられることも少なくありません。多くのホームレスは問題ありませんが、たまに追いかけてくる、掴みかかかってくるなどといった危険な人もいるので注意が必要です。このエリアは昼も立ち入るのには十分気をつける必要がありますが、夜は怖く感じると思うので、近づかない方がいいです。この地域では、傷害。銃器所持犯罪・強盗・窃盗・薬物犯罪などが発生しています。

サンフランシスコの治安と安全に滞在するには

marip88

サンフランシスコは、全体をトータルすると目立って治安の悪い地域ではありませんが、財産を侵害する犯罪は多く起こっている・観光地と危険な地域が隣り合っているので危険なところには立ち入らない、貴重品はしっかり身に着けスキを作らない様注意する必要があります。旅行・滞在中にお金が無くなるなどのトラブルに遭うと大変なので、旅行の際には必ず海外旅行保険には必ず加入しましょう。何かのトラブルの際電話で相談できたりするものもあるので、旅行・滞在の強い味方です。

-サンフランシスコ
-

Copyright© legate , 2019 All Rights Reserved.