アメリカの治安情報 アメリカ旅行をするときの注意点

アメリカ

アメリカの治安情報 アメリカ旅行をするときの注意点

更新日:

日本人の旅行先として、人気のアメリカですがアメリカの治安はどうなのでしょうか?アメリカはとても広く1つの州が日本よりも広い…なんていうこともあり、都市や1つの市の中でも治安の良い悪いに大きな差があります。そこで、今回は治安のいい悪いの見分け方と日本人がアメリカに観光旅行などへ行く際に気を付けるべき注意点について紹介します。

銃大国アメリカの治安と日本人が巻き込まれる犯罪

tylergibney

テレビニュースを見ていると、アメリカで銃の乱射事件で〇人亡くなったというようなニュースもあり、銃社会アメリカと言うイメージがありますが日本人がアメリカの国内で銃犯罪に巻き込まれることはまれです。それでは日本人はどんな犯罪に巻き込まれるのかみていきましょう。

アメリカで日本人が巻き込まれる犯罪

日本人がアメリカ観光中に気を付けるべき犯罪は置き引き・、スリ・車上荒らしなどです。置き引きやスリは日本と同じで観光地やショッピングモールなど人の多い都市の人が多く集まる場所に出没します。アメリカをはじめとする多くの海外では自分の荷物から目を離したら、荷物無くなると考えた方が無難です。特にバッグの類などは、自分の身から離れたら最後…と考えた方がいいので、貴重品は肌身離さず持っておくようにしましょう。

アメリカの治安:危険な地域の見きわめ

giulia_desidero

アメリカでは観光地で穏やかそうなところでも、一本道が違っただけで、危険なゾーンに入ってしまったりすることがあります。万が一危険なところへ行ってしまったら早く引き返すことが大事です。そこで知っておいた方がいい危険なところの特徴とは…

  1. 人などが侵入しないようにお店や家の窓に金属製の格子がある
  2. 道路にゴミなどが多くなんとなく不衛生に見える
  3. 建物の壁や看板などに落書きが多い
  4. 昼間なのにかかわらず人気が少ない
  5. 駐車してある車がボロい・みすぼらし

このような状態のところへ足を踏み入れてしまったら、すぐに引き返した方がいいです。人の少ないところでは助けを求めても人も来なく、治安の悪いところでは叫んだりしても助けが来ない場合も多くあります。一人歩き・特に女性の一人歩きは大変危険なのでなるべく避けましょう。また、治安のいいとされているところでも、夜間の外出は危険なので、日本と同じ感覚で夜間の外出は控えましょう。また、もしどうしても出かける場合には一人で行かないようしましょう。

アメリカで治安の悪い地域

デトロイト

harunamasaki57xx

かつては車の輸出産業で有名だったデトロイトですが、現在ではアメリカ国内でも最も治安が悪いとさえ言われているところです。デトロイトの犯罪率の高さは異常で、発砲事件や殺人などの凶悪犯罪が多く、観光で行くのはおすすめできません。デトロイト郊外は中心部より治安は良いとされていますが観光先としてはおすすめできません。

セントルイス

takahero_nakahara

 

ミズーリ州セントルイスは、アメリカの中でも最も殺人事件の発生件数が多い都市です。治安の比較的良いエリアとかなり悪いエリアがありますが、観光客などの土地勘が無い人が訪れるのは危険だと言えます。危険と隣り合わせの観光ではしょうがないので、観光先としてはやはりおすすめできません。

オークランド

chlxebelledesign

先の2つの都市に続いて治安が悪いアメリカの都市はカリフォルニア州のオークランドです。最近ではお洒落な街として観光地としての人気が上がってくてはいますが、依然としてして強盗が多発していたり、薬物汚染がひどかったり、ギャング集団が存在していたりと安全な都市ではありません。

アメリカの人気観光地の治安

ここまで見てきたのは、アメリカの中でも治安の悪い地域ですが。、ここからは、日本人に人気のアメリカの都市の治安状況を見ていってみましょう。

ニューヨーク

世界有数の都市で、多くの人種が集まる街ニューヨークですがニューヨークの治安の良さは全米1と言われています。眠らない街ニューヨークは夜中になっても通りを人が多く歩いています。ニューヨークは治安がいいですが、お金持ちや観光客を狙ったと思われる窃盗などの犯罪はやはり多いと言えます。貴重品はしっかりと身に着けスキを作らないのが犯罪に巻き込まれないコツです。しっかり気を張っていれば楽しく観光できる街です。

ロサンジェルス

ここもやはり日本人に人気の観光地ですが、ロスと言うとテレビでカーチェイスが放送されたり、あとはやはり大都会なので治安が悪いイメージを持っているかもしれませんが、ロスの治安は全米平均よりも良いです。ただし、ロスには治安の悪い地域があります。ロスの治安の悪い地域は一般的に日本人が多くいく地域ではありません。なので、縦横無尽に歩き回らなければ犯罪に巻き込まれる可能性は多くないと言えます。ガイドブックなどでは治安が悪い地域について書いてあるので、ガイドブックなどを参考にして治安の悪い地域には近づかない方がいいでしょう。

サンフランシスコ

dice.ksp

ロスと並んでカルフォルニア州の人気観光地サンフランシスコですが、サンフランシスコは観光地のすぐ隣が治安の悪い地域ということがあります。窓に金属の格子がある「危険なストリート」があり、そこでは商店さえも動物園の檻の様になっていたりします。なので、サンフランシスコでは「これ以上先に足を踏み入れてはいけない」を守りましょう。サンフランシスコでは、目的のないふらり歩き・知らないところへ足を踏み入れるのは絶対にやめましょう。

マイアミ

wave.ryugaku

マイアミと言うと美しいビーチリゾートの街として知られていますが、マイアミは治安のいい街ではありません。普通の観光ではマイアミの郊外に行く人は多くないと思いますが、中心地の街中でも窃盗・強盗などの被害に遭っている日本人を含む外国人もいるので、十分に注意しましょう。

ラスベガス

vegarock777

眠らないカジノ・エンターテイメントの街として知られているラスベガス、さぞかしお金などの犯罪が多いのかとおもいきやラスベガスの治安の良さは治安の良さそうなホノルルより上の全米7位です。ラスベガスのメインストリート「ザ・ストリップ」は24時間人通りが多く、観光客が歩いていても重大犯罪には巻き込まれる可能性が少ないとガイドブックなどには大抵書いてあります。ですが、人通りの多いところで起きがちなスリや窃盗の犯罪に遭うことは少なくないようです。貴重品の保管には十分気を付けましょう。

ハワイ

citron_cam

治安のいい楽園リゾートのハワイ、治安の良さは全米8位と治安は悪くありません。一人歩きも危険でない観光地ですが…そんな楽園ハワイでは観光客を狙った窃盗が多発しています。日本人は比較的ガードが甘く危機感がないので簡単に狙われてしまいます。いくら治安がよくても、そこは外国なのでやはり身の回りには気を付けて行動しましょう。

アメリカの治安と観光で注意するべき点のまとめ

アメリカの主要観光地は、ガイドブックに載っているようなところであれば比較的安全に観光できます。ただし、危険と隣り合わせ立ったりするところもあるので、知らないところへ行ったり、夜間出歩くのはやめましょう。そして危険情報などはガイドブックでしっかり確認しておきましょう。これで楽しい旅行ができますが、忘れてはいけないのが海外旅行保険に必ず入っておくことです。慣れない海外で体調をこわしたりすると、高額な医療費を請求されたりすることもよくあるし、事故に遭う人も稀ではありますがいます。安心して旅行や滞在を楽しむためには必ず保険に加入しましょう。

Copyright© legate , 2019 All Rights Reserved.