世界を安心安全に旅するために

legate

台湾

台湾の治安情報 台湾旅行など台湾へ行く時に気をつけること

更新日:

台湾の治安情報 台湾旅行など台湾へ行く時に気をつけること

成田から飛行機で4時間ほど。日本人の旅行先として人気の台湾ですが台湾の治安は良いのでしょうか?台湾といえば夜市が有名な観光名所の一つとなっていますが、夜出歩いて大丈夫なのでしょうか?今回はそんな台湾の治安と、台湾旅行する際などに気を付けるべきポイントについてまとめてみました。

台湾の治安は良い?悪い?

sizuri2000

おおらかな国民性、親日な人が多い台湾ですが、台湾の治安は比較的良いと言えると思います。外務省のホームページの、渡航先の注意が必要な治安を4つのレベルで表している中にも入っていません。ですが、繁華街では観光客や外国人を狙ったひったくりやスリなどもありますので、油断するのは禁物です。

台湾・治安が良くても気をつけるべき点

sae__380

いくら治安が悪くないと言っても、海外なのでやはり気を付けなくてはいけない点があるのでまとめてみました。

持ち物管理をしっかりしましょう

日本では荷物などから少し離れても、荷物がなくなったりせずそのままのことが多いですが、海外へ行ったら荷物は肌身離さず持ち、管理しましょう。台湾でも、他の国からの旅行者などもいるし、目を離したら荷物が無くなっていた…という事が発生しています。台湾、治安はいいですが日本のように気を抜いていても荷物が無事…とは言えないので、荷物は肌身離さず持ち歩き厳重に管理しましょう。

夜市では十分にスリに注意しましょう

人が多いところにはスリがいる…これは日本でも外国でも同じです。台湾といえば士林夜市などが観光スポットの一つとして有名ですが、残念ながら夜市でもスリの被害が報告されています。特に時々耳にするのが、お金をすられただけでも大変ですが一緒にパスポートをとられてしまったという話です。パスポートを紛失するとあちらこちらで色々な手続きをしなくてはいけなかったり、最悪帰国予定の日に帰れなくなる事態も考えられます。夜市を含む人の多いところではスリに注意しましょう。

夜間の一人歩きはやめましょう

台湾では、台北や台中の都市では日付が変わる頃でも多くの人が通りを歩いています。台湾は夜更かしの街とも言えます。人通りがないということはあまりありませんが、一人で出歩く・特に女性の一人歩きは危険なのでやめましょう。どうしても出歩かなくてはいけない場合には、一人で歩くのは避けて明るいところを選び暗い所へは近づかないようしましょう。

タクシーでは気をつけましょう

台湾ではMRTやバスがそれなりには発達していますが、よくわからないとバスなどは利用しやすくはないので、タクシーを移動に使う人も少なくないと思います。が、一人でタクシーに乗るのはなるべく避けましょう。よく道を知らないで一人でタクシーに乗ると、遠回りをされてタクシー代金をぼったくられたり、違うところへ運ばれた挙句に、正しいところへ行くための代金再び請求されるというトラブルに巻き込まれる場合があります。過去には、夜間に女性がタクシーを一人で利用して怖い目に遭ったというニュースもありました。

タクシーに乗る時は、なるべくならホテルなどでちゃんとしたタクシーを呼んでもらうこと、、車体が綺麗なタクシーや乗務員がきちんと制服を着ているタクシーを選ぶことをおすすめします。走り出してもメーターをまわさない、そもそもメーターが無いタクシーなどは利用しないようしましょう。

席取りはハンカチやタオルなどでしましょう

日本で飲食店などで席をとる場合、先にカバンを置いて席をとる人を見かけることもありますが、これは、台湾を含む外国ではしてはいけません。先に書いた通り、荷物は肌身離さず管理するのが基本で椅子などに置いておいくと盗まれる場合があります。席をとる際には、置いておくのはハンカチやタオル、万が一無くなっても後悔しない物を置くようしましょう。

歓楽街で注意しなくてはならないこと

レストランやバー、その他お店の多いところには夜になると酔っ払いや、怪しい人が現れてトラブルになることがあります。これは台湾だけでなく、日本でもありがちなことですが、夜の歓楽街に行くときには十分注意しましょう。台湾で歓楽街といえば、林森北路などがありますが、ここは客引きが多く、トラブルも時々報告されています。その他、歓楽街にはぼったくりバーのようなものがあり、ぼったくり被害に遭うこともあります。日本で被害に遭った場合、きちんと経緯などを説明できるかもしれませんが台湾など外国で被害に遭った場合説明するだけで一苦労…ですので、トラブルに巻き込まれそうな場所には近づかないのが賢明です。

治安のいい台湾で他に注意しなくてはならない事

nana_channel__

治安に対する注意は、上記に挙げた通りですが台湾で他に注意しなくてはならないことがいくつかあるので、それもまとめます。

大衆食堂などの衛生面に注意しましょう

10年ほど前と比べると大分台湾の衛生面は改善されましたが、日本の衛生状態とはまだ遠いので食品の衛生面には気を付けましょう。夜市などではローカルな食品などが軒を連ねていて、台湾は美食の国なのですが渡されたお皿やお箸などがよく洗われていない場合もあります。綺麗ではないので換えてくださいち頼んでも、また出てきたものが綺麗ではなかったなどと言うこともあります。こういう場合には除菌ウエットティッシュなどがある程度有効です。また、マイ割りばしなどを持ち歩くのもおすすめです。また、暑い夏の日なのにかかわらず店先にきちんと保冷されていないシーフードなどが放置されている場合もあります。このような店には入らないようしましょう。

事故には気をつけましょう

日本にいても、もちろん事故に気をつけなくてはいけないのですが車の他オートバイが多い台湾では、通りを渡る時などにかなりの注意が必要です。信号マナーは日本より格段に悪く、一日車に乗っていると2件くらいの事故に遭遇することもあります。信号が青になったらすぐに渡れる日本と違い、信号が青でも無視をする人も少なくないので通りを渡る際にはしっかりと左右を確認しましょう。

日本語で悪口を言うのは絶対やめましょう

台湾は戦争の影響で日本語を話せるお年寄りもいますし、日本のアイドルや漫画・アニメファンで日本語を勉強している人も多いし、観光従事者で日本語を話せる人も少なくありません。なので、日本語で台湾や、すれ違った人の悪口を言うのは絶対にやめましょう。相手にわからなければ何を言ってもいいわけではないし、わかった場合にはトラブルの要因となります。気持ちよく旅をするのには、相手も不快にしないというのも大事です。

台湾は治安がいいけれど海外旅行保険には加入しましょう

tom.huang_

台湾は治安の良い国です。治安がいいならば、トラブルに巻き込まれることも少なそうだから保険に加入しなくて大丈夫?そう思われるかもしれませんが…治安が良くても、海外旅行保険には必ず加入しましょう。海外旅行で被害が一倍多いスリや置き引きなどの被害や、体調不良を起こしてしまって病院に行ったなどの金銭的に大きな負担が発生した時強い味方となってくれるのが海外旅行保険です。スリ被害に遭ってしまった場合でも携行品損害という項目や特約などが契約内容の中にあれば一部が補償されます。また、台湾は物価は日本よりも安いですが体調不良になった場合に、病院へいくと健康保険のようなものが当然ないので驚くような医療費を請求される事があります。

旅行をする際には、いくら近くてもそこはやはり外国だという事をしっかり自覚し念のため保険に入り、楽しい旅行にしましょう。

 

-台湾
-

Copyright© legate , 2019 All Rights Reserved.