香港でタバコは持ち込める?香港に行くなら知っておきたいタバコのルール

香港

香港でタバコは持ち込める?香港に行くなら知っておきたいタバコのルール

更新日:

日本でも分煙が徹底されつつあり、喫煙者の肩身が狭くなってきました。それでも日本では年齢制限を守れば、自由にタバコを買うことができますよね。海外からの観光客も日本への持ち込み制限を考えた場合、2カートン(200本)と規定は緩そうなイメージがあります。

しかし実際は、煙草の持ち込み・免税数量・分煙への考え方などに関して、香港と日本のタバコ事情はどうなのでしょうか?

香港へのタバコの持ち込み制限は19本まで!

khiroto0127

香港へ旅行の際にタバコを持っていこうと考えた場合、持ち込み本数は19本までと制限があり、それ以上タバコを所持していた場合は罰金をとられてしまいます。持ち込み制限を1カートン(200本)までだと勘違いしている方は注意した方が良いでしょう。

19本までといえば、1箱20本入りなので、日本を出る前にタバコを1本以上抜いて持っていかなければならないのです。よっぽどヘビースモーカーでない限り、短期旅行ならばギリギリ足りる量かもしれませんね。

免税枠を超えて持ち込むと税金がかかる

もし万が一うっかりと19本以上のタバコを持ってきてしまったら、税関で必ず申告して税金を払わなければなりません。税関の申告する赤いレーンに並んで申告と諸手続きが必要となるため、何だか悪いことをしているようできまずいですよね。

おおよその課税価格は1本当たり27円となっているため、仮に25本持ち込めば、多い分の6本×27=162円の税金を払わなければならないのです。1カートンの持ち込みならば181本×27円=4887円ととても高額に感じるでしょう。

そのため、この現状を知っている香港への旅行者は、必ずタバコを19本と決めて持ち込んでいるようです。

もしも免税枠を超えて黙って持ち込んだら?

通常、スーツケースに閉まっておけばバレないのでは?と気を抜いていると、稀にエックス線検査が行われ、スーツケースの中のタバコの有無が確認されることがあります。エックス線検査が行われれば、容易に持ち込みがバレてしまうでしょう。

黙って持ち込んだことがバレれば、通常の課税価格よりも大幅に高い罰金が取られてしまうのです。通常、課税価格1本27円のところ、罰金金額は1本135円とおよそ5倍にも跳ね上がります。もしもうっかり持ってきてしまっているならば、素直に申告して税金を支払う方が良いわけです。

香港への電子タバコの持ち込みはどうなるの?

shinchan.s_original

近年はタバコのにおいを気にしてか、アイコス・プル―ムテック・ベープを吸う喫煙者の方も増えてきました。こちらの電子タバコに関しても、香港入国前にしっかり取り扱いを勉強しておく必要があります。

ニコチンを含む電子タバコについて

ニコチンを含む電子タバコについては医薬品に分類され、香港に持ち込むためには電子タバコが治療に必要だという「医師の診断書」が必要になります。個人の抱える持病の名称のほか、タバコの銘柄・治療のための必要量が明記されていることが多いのです。

医師自身が香港にタバコを持ち込む場合には、電子タバコは医薬品扱いとなるため、医薬品輸入免許を所持していなければなりません。

ニコチンを含まない電子タバコについて

ニコチンを含まない電子タバコについては、医師の診断書や医薬品輸入免許は必要ありません。持ち込み規制はされていないため、香港内に持ち込みが可能です。

香港でのタバコの分煙に対する考え方

香港では、屋内の公共の場(レストラン・カフェ・バーなど)を全面禁煙としている店舗が多い傾向にあります。

屋外のところどころに灰皿はある

屋外の歩道のところどころには缶タイプの灰皿が設置してあり、喫煙場所で吸う分には特に問題はありません。一度外に出れば至る所に喫煙所があるため、観光中に困ることはまずないでしょう。ただし、禁煙場所で吸っているのが見つかった場合には罰金となるため、十分注意してくださいね。

香港にはオレンジ色の灰皿が設置されている

香港にはオレンジ色のドラム缶状の灰皿が多く設置されているので、非常に見付けやすいといえます。香港国際空港においても屋内全面禁煙のはずが、決められた喫煙所は設置されていたため、決められた場所で喫煙する分には問題ないと捉えて良いでしょう。

日本よりもやや、分煙に対する意識は緩い傾向にあります。

香港ではタバコの免税数量を改めないの?

 

財務省は2018年10月より、2021年9月30日までにタバコの免税数量を変更するとお知らせをしています。しかし。これはあくまで日本における免税数量の制限であり、香港だけは特別だと、間違いのないように理解しておく必要があるでしょう。

2018年9月末までの免税制度

現在日本居住者においては、紙巻タバコは外国製200本・日本製100本・葉巻タバコは外国製50本・日本製50本が免税対象となっています。バイプ式タバコ・加熱式タバコにおいては、外国製250g・日本製250gが免税であり、非日本居住者にとってはさらに2倍の持ち込みが許されていました。

2019年10月以降の移行期間の免税制度

2019年10月以降は、日本居住者・非日本居住者の区別はなくなりました。紙巻タバコは400本・加熱式タバコは個包装されて20個・葉巻タバコは100本・その他のタバコは500gまでに変更となったのです。日本居住者か否かの区別をなくした点が大きなポイントでしょう。

2021年10月からの免税制度

さらに2021年10月からは、日本居住者・非日本居住者に関わらず、紙巻タバコは200本・加熱式タバコは個包装10個・葉巻タバコは50本・その他のタバコは250gに変更する予定でいます。推移をみても、徐々に制限が厳しくなっている様子がうかがえ、ますます喫煙者の肩身が狭くなりそうです。

香港での免税制度の変更はなし

日本の財務省において、日本におけるタバコの免税制度の改定について発表されましたが、多くは200本という認識が多いように感じられます。そのため、うっかり香港へ旅行に行った時に規定以上に持ち込んでしまい、税金を払う目に遭ってしまうのでしょう。

香港では何歳からタバコが吸える?

nuts_rape

香港での法律では、飲酒・喫煙共に18歳以上と認められており、日本よりも年齢に関しては緩い印象を受けます。

香港にいる時には香港の法律が適応される

日本での法律では、飲酒・喫煙共に20歳以上と認められており、仮に18歳であった場合に、法的には認められないこととなります。しかし香港居住中は香港の法律に従うため、18歳以上であれば日本人でも飲酒・喫煙ができてしまうというわけです。

もちろん既定の年齢まで飲まないのが普通であって、いきなりの観光中に飲酒・喫煙をするのはおすすめできないでしょう。

喫煙が健康に及ぼす悪影響は知っておく

喫煙の健康に及ぼす悪影響については世界各国でも研究されており、がん・脳卒中・心筋梗塞・生活習慣病などのさまざまな疾患の引き金になると考えられています。決して人に無理矢理薦めることはせず、自己判断で節度を守って喫煙するようにしてください。

まとめ

日本でも近年分煙が進んできたと感じていますが、香港に対するタバコの免税制限は依然として厳しく、極力国内にタバコを持ち込んで欲しくないという政府の考えがうかがえます。適度なお酒は血行を良くして浮腫みもとるため評価されますが、喫煙に関しては健康に関するマイナスイメージが消えません。

他国にタバコを持っていた時、うっかり免税対象にならないように、徐々に減煙していくのも良い対策だと言えるでしょう。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードです。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\WEB申し込みで2000円分ポイント獲得できます!/

Copyright© legate , 2019 All Rights Reserved.