グアム行きの飛行機!直行便はどう選ぶ?空港と時間を徹底比較!

グアム

グアム行きの飛行機!直行便はどう選ぶ?空港と時間を徹底比較!

更新日:

直行便の飛行機に乗れば、たった3時間半~4時間程度で行け、とっても手軽な海外旅行と言えばグアムではないでしょうか。今や高等学校の修学旅行先としても人気が高く、家族旅行で訪れる人も多いのがグアムです。

太平洋マリアナ諸島の南端に位置するグアム島は年間を通して気温の変化も少なく、人気のリゾート地。それだけではなく、歴史を学ぶこともでき、更に日本語も比較的通じやすいということで、初めての海外旅行先としても人気です。

公的統計機関によるデータでは、2018年の日本からグアムへの渡航者は56万1600人。2017年の北朝鮮情勢などにより大きく減少したものの、それでも根強い人気となっています。

しかし、日本からグアムへの直行便に関しては2017年にデルタ航空が廃止、LCC(格安航空会社)に関しては首都圏からの直行便は無いという状況です。ですから、今回はグアムへの渡航をする場合の日本からグアムへの直行便に関して調べてみました。

グアムへの直行便が出ている空港、航空会社、料金などはどのようになっているのでしょう?

グアムへ直行の飛行機!航空会社と発着空港が知りたい!

nisieri0126

日本からグアムへの直行便がある航空会社は下記の4社のみです。以前はデルタ航空の飛行機も就航していたのですが、前述のように2017年に廃止となりました。

  • チェジュ航空(7C)
  • 日本航空(JL)
  • ティーウェイ航空(TW)
  • ユナイテッド航空(UA)

では、直行便の発着している空港について見ていきましょう。北海道の千歳空港から2019年の期間限定でグアムへの直行便が就航しましたが、通常は直行便はありません。また、羽田からグアムへの直行便もありません。

現在、直行便のある空港は下記の4空港となっています。

  • 成田空港
  • セントレア(名古屋)空港
  • 関西空港
  • 福岡空港

それぞれの空港で利用できる航空会社や飛行機での渡航時間について、もう少し詳しく見ていきましょう。

成田空港からグアムへの直行便は週に45便

成田空港からグアムへの直行便は以下の3社の航空会社が就航・運航を行っています。2019年3月時点のフライトスケジュールより、各航空会社における所要時間(飛行時間)は次の通りとなっています。

  • 日本航空(JL):約3時間40分
  • ユナイテッド航空(UA):約3時間45分
  • チェジュ航空(7C):約3時間55分

また、コードシェア便のハワイ航空(機材:JL)・全日空(機材:UA)も含めると、週に45便が就航していることになります。

セントレア(中部国際)空港からグアムへの直行便は1日3便!

セントレア空港からグアムへの直行便は以下の2社の航空会社が就航・運航しています。2019年3月時点のフライトスケジュールより、各航空会社における所要時間(飛行時間)は次の通りとなっています。

  • ユナイテッド航空(UA):約3時間35分
  • ティーウェイ航空(TW)-LCC:約3時間45分

ティーウェイ航空が1日1便、ユナイテッド航空(全日空のコードシェア便)が1日2便の就航があります。

関西国際空港 (KIX|大阪)からグアムへの直行便は午前中に3便!

関西国際空港 (KIX|大阪)からグアムへの直行便は以下の3社の航空会社が就航・運航しています。2019年3月時点のフライトスケジュールより、各航空会社における所要時間(飛行時間)は次の通りとなっています。

  • チェジュ航空(7C)-LCC:約3時間3分
  • ティーウェイ航空(TW)-LCC:約3時間35分
  • ユナイテッド航空(UA):約3時間45分

全ての便が午前中となり、1日に3便が就航しています。

福岡空港からグアムへの直行便は1日1便のみ!

福岡空港からグアムへの直行便はユナイテッド航空が1日1便のみ就航・運航しています。2019年3月時点のフライトスケジュールより、所要時間(飛行時間)は次の通りとなっています。

  • ユナイテッド航空(UA):約4時間5分

では、グアムまでの航空券を購入するとどのくらいの費用が掛かるのでしょうか。

日本からグアムの飛行機!各航空会社とLCCの違いを比較!

 

kyoko41918

日本からグアムまでの航空券を購入した場合の費用について見ていきましょう。気になるのはLCCと言われるローコストキャリア(Low Cost Carrier)との価格の違いではないでしょうか。

参考の為、大阪からグアムの直行便の価格を下記の表にまとめました。(2019年6月現在)

航空会社 片道料金
チェジュ航空 24,390円~
日本航空 88,700円~
ティーウェイ航空 22,900円~
ユナイテッド航空 45,100円~

日本からグアムへの直行便が出ている航空会社の中でLCCはティーウェイ航空、チェジュ航空の2社です。航空券の料金を見てみると、ティーウェイ航空、チェジュ航空の料金は同じ時期でもユナイテッド航空の半額以下、日本航空と比較すると約4分の1の料金となっています。

では、料金が安いLCCのティーウェイ航空、チェジュ航空とその他の航空会社とのサービスの違いはどの程度なのでしょうか。

グアムへの飛行機!サービスの違いはどのくらい?

日本からグアム直行便の飛行機が出ているLCCと他の航空会社とのサービスの違いについて見ていきましょう。

サービスだけを見れば、やはり価格の通り日本航空のサービスが最も良いと言えます。実は、日本航空の国際線エコノミークラスシートはエコノミークラスの中では世界一の乗り心地と言われているのです。

日本航空のエコノミークラスシートの特徴は席幅と足元のスペースにゆとりがあるという部分。足元ゆったりなので、グアムまでの3時間強の時間も快適な旅ができることは間違いありません。

LCCを利用する上で最も気になるのが機内に預ける荷物が有料となる点です。しかし、グアム行き飛行機の場合はティーウェイ航空、チェジュ航空共に23キロ以内の荷物を2つまで無料となっています。この点に関してはティーウェイ航空、チェジュ航空共にLCCとしてはとてもサービスが良いのではないでしょうか。

しかし、両社共に最も大きなデメリットがありました。それは、座席指定に関するサービスです。他の航空会社と違い、ティーウェイ航空の場合はオンライン予約での座席指定ができません。また、チェジュ航空に関しては座席指定が有料(片道500円~)となるので注意が必要です。

まとめ

今回は、日本各地の空港からグアムへの直行便の飛行機について調べてみました。もう一度記事を振り返っておきましょう。

日本から約3~4時間で行けるグアム島は日本語も比較的通じやすくとっても親しみやすいリゾート地です。マリンスポーツも盛んですし、水族館など子供たちが楽しめる場所もあります。

また、潜水艦に乗って海底を見学したり、ショッピングを楽しむこともできるということで、初めての海外旅行をする人にもとっても人気。

そんなグアムへの直行便が出ているのは、下記の4つの空港です。

  • 成田空港
  • セントレア(名古屋)空港
  • 関西空港
  • 福岡空港

そして、現在日本からグアムへの直行便がある航空会社は下記の4つの航空会社のみとなっています。

  • チェジュ航空(7C)
  • 日本航空(JL)
  • ティーウェイ航空(TW)
  • ユナイテッド航空(UA)

料金については、季節や航空会社によって違いますが、少し料金が高くても快適な空の旅を楽しむなら日本航空の飛行機を選ぶのが良いでしょう。また、リーズナブルに旅行をしたいという場合には、チェジュ航空やティーウェイ航空のLCC(ローコストキャリア)の航空券を購入することをおすすめします。

LCCは価格が安いことが魅力の飛行機なので、日本航空と比較すると、価格は3分の1~4分の1となることもあります。どこの飛行機に乗るかは、サービスだけではなく発着時間なども問題もありますので、じっくり検討してみてください。

Copyright© legate , 2019 All Rights Reserved.