世界を安心安全に旅するために

legate

ハワイ

ハワイ×日本の時差と時差ボケ克服の方法について徹底解説

更新日:

ハワイ×日本の時差と時差ボケ克服の方法について徹底解説

ハワイといえば、多くの方が長期休みの旅行先として選択することが多いはずです。そこで一番気になるのは時差ではないでしょうか?日本との時差が多すぎると時差ボケが発生し、思うように旅行を楽しめないという可能性もあります。

この記事ではハワイと日本の時差が具体的に何時間か?時差ボケに負けず、快適に過ごすための対策などについて詳しく説明します。

ハワイと日本の時差は19時間!!

shooting.brake

結論からいうと、ハワイと日本には19時間の時差があります。しかも、ハワイの方が日本よりも、1日前の日を過ごしているというのです。

ハワイと日本の時差の簡単な計算方法

ハワイの方が日本よりも19時間前であるため、1日日付を戻して24-19=5時間を足せばハワイの現地時間が計算できます。例を挙げれば、日本が1月1日12時だとしましょう。この時ハワイは1日前、12月31日の12+5=17時だという計算になるわけです。

ハワイのサマータイムについて

アメリカの多くの地域では、太陽の出ている時の長い夏の間だけ時間を1時間早めるという「サマータイム」という制度が導入されています。しかし、ハワイに関してはサマータイムは一切導入されていないため、時差を考える上で考慮する必要はないのです。

時差や飛行時間を考えたハワイの旅行計画を立てよう!

kk_ygm

ハワイへ旅行へ行くのに注意しなければならないのは、この記事のテーマでもある時差、そして飛行時間を考えて旅行計画を立てることでしょう。ちょっと間違えると「ハワイに到着したものの夜で何もできなかった」という失敗談も多いというのです。

日本からハワイへの飛行時間の目安は?

日本からハワイまでの飛行時間の目安は、6.5時間~9時間と大分差があります。これは偏西風の影響によるもので、帰りは偏西風に逆らって日本へ帰ってくるために、飛行時間が行きよりも遅くなってしまうというわけです。

時差の関係で1泊2日のようにめいっぱい時間が使えない

具体的に日本からハワイへ行く場合の時間の流れをシミュレーションしてみましょう。

日本を出発する時間を1月1日の12時だとします。この時、ハワイは12月31日の7時になりますよね。飛行時間を7時間と仮定すると、日本を出発してから7時間後の1月1日19時にハワイに到着します。

しかしこれは日本時間であり、ハワイも時間は進んでいることに気を付けなければいけません。ハワイは12月31日の7時から7時間進んで、12月31日の14時にハワイに到着したことになります。

するとどうでしょう?日本を1月1日12時に出発しているのに、ハワイには12月31日の14時に着いていることになります。時差の関係で、過去の時間にタイムスリップしたイメージになってしまうのでしょう。

ハワイの時差を踏まえたおすすめ旅行プラン

chie_miyake1223

そのため、ハワイ旅行を企画する場合には、2泊4日・4泊6日・5泊7日のような旅行プランを計画する方が多い傾向にあります。ただ、日本の出発時間をよく考えないと、ハワイに到着したら夜で1日を無駄にしたという失敗もよく耳にします。

具体的に上記に書いた代表的な旅行プランについて、時差を考えた上で最も観光を楽しめるプランを研究してみましょう!

2泊4日の場合

ハワイでの観光を最大限楽しむためには、日本を午後に出発してください。仮に1月1日18時に出発するとすれば、ハワイの現地時間は12月31日23時となり、飛行時間を7時間とすれば1月1日の6時にハワイに到着します。その日1日は思いきり遊ぶことができるはずです。

しかし帰りを考えると前倒しになるために、旅行3日目にはハワイを発たなければなりません。ハワイから日本を考えると偏西風の影響でやや飛行時間が長いため、飛行時間を9時間と見積もります。1月3日12時にハワイを出発する時の日本時間は1月4日7時です。

9時間の飛行時間を経て日本に到着すると、1月4日16時。ギリギリまで楽しむのならば、ハワイ午後の便で出発して日本深夜着でも良いかもしれませんね。

2泊4日の場合には1日中観光できるのは1日目と2日目のみ、3日目の昼~午後にはハワイを発つこととなります。

4泊6日の場合

4泊6日は同様に考えれば、日本を夕方~夜に出発して、ハワイには当日の朝に到着します。1日目・2日目・3日目・4日目と楽しんだら、5日目の昼から午後の便に乗って、日本に6日目の夕方に到着するわけです。

ハワイ旅行では一番おすすめで、よく利用されるプランだといえるでしょう。

5泊7日の場合

5泊7日の場合には、日本を夕方~夜に出発することで、ハワイ1日目の朝に到着し、2日目~5日目までめいいいっぱい観光を楽しむことができます。ハワイ6日目の午後の便に乗って日本に帰国すると、7日目の夕方に到着するスタイルとなります。

せっかくの旅行だから、思う存分楽しみたい方々にはピッタリのプランですね。

ハワイで時差ボケに負けずに旅行を楽しむための四箇条!

mame_d0115

19時間の時差ともなれば、誰しも多かれ少なかれ時差ボケに悩まされることでしょう。最後に、そんな時差ボケを少しでも緩和して、旅行を楽しむため解決策をアドバイスしていきます。

出発前に十分に休養・睡眠をとっておく

ハワイに行けば日本と朝昼の流れが違うため、いざ夜になったから寝ようと思っても体が追い付きません。なかなか眠れないという方も多いでしょう。

そういった不安を見越して、旅行前は徹夜で荷造り・ハードスケジュールなどを控えて、十分に休養をとっておくことが大切です。

出発する数日前から現地の時間の流れに合わせていく

日にちはさておき日本が1月1日12時の時、ハワイは12月31日17時となります。時間だけ考えれば、ハワイの方が若干進んでいるように見えますよね。そのため、数日前から早寝早起きを心がけ、現地の時間の流れに合わせるようにするのが理想的なのです。

ハワイへ向かう飛行機の中では現地の時間に時計を合わせて、少しでも早いタイミングで睡眠をとるように心がけましょう。

程よい太陽光を浴びることで体内時計を合わせる

現地についたら、多少眠かったとしても朝日が差し込んだらカーテンを開け、太陽光を取り入れましょう。そして夜になって暗くなったら、スマートフォンなどをいじり続けずそっと目を閉じることが大切です。

太陽光を程よく浴びることで体内時計を調節する機能があるため、日中浜辺を散歩したり、木の下で日光浴したりもおすすめでしょう。

機内ではアルコールやカフェインの摂取を控える

アルコールやカフェインには睡眠を妨げる働きがあるため、仕事中目を覚ましたい時にはよく使いますよね。しかし、飛行機の中ではハワイと日本の時差を調整する時間でもあるため、過度に眠りを妨げるような行動は慎みましょう。

また、アルコールやカフェインの飲み過ぎで胃腸を荒らして、消化を悪くする悪影響も考えられます。食事に関しても気を遣い、消化の良い食材をよく噛んで食べると良いです。アイスもお腹を冷やしやすい方にとっては要注意なので、よく口腔内で温めてからゆっくり食べることをおすすめします。

まとめ

ちょっとした長期休みに度々訪れる旅行として「ハワイ」はよく挙げられますが、実は19時間も時差があるため、旅行計画・旅行前の過ごし方などにも、十分注意しておく必要のあることが分かりました。時差の計算についてはマスターできましたでしょうか?

せっかくの旅行を快適に楽しむためにも、綿密に計画して、失敗のないように計画してくださいね。

-ハワイ
-

Copyright© legate , 2019 All Rights Reserved.