ウィーン

ウィーンに行ったら買ってほしい!ウィーンで人気のお土産11選

投稿日:

あなたは、ウィーンと言えば何を思い浮かべますか。ウィーンは、音楽の都と呼ばれるほどクラシック音楽が有名です。また、皇室に関りがあるお店も数多く存在します。そんなウィーンで人気のお土産を、11種類ご紹介していきます。

ウィーンで人気のお土産・お菓子5選

ウィーンにはたくさんの美味しいお菓子が並んでいます。そのなかでも、特に人気のあるお菓子を5種類ご紹介していきます。

1.モーツァルトクーゲル

instagram-image

causerie.1

オーストリア出身の有名作曲家、モーツァルトのパッケージが目を引くウィーンで定番のチョコレート菓子です。

外はチョコレートコーティングになっていて、中にはピスタチオのマジパンとヌガーが包まれています。ピスタチオの香ばしい良い香りとほどよく甘い風味が特徴的な、ボンボン菓子です。

フリュストという会社が初めてモーツァルトクーゲルを販売しました。しかし、今は様々な会社が制作しているため、その会社によって味やパッケージ、値段などが異なります。

最近では、お土産物屋だけではなくスーパーでも購入が可能です。ばら撒き用にお手軽に購入したい場合は、スーパーで探すのがおすすめです。

2.ザッハトルテ

instagram-image

heee_i

ザッハトルテはウィーンが発祥の有名な洋菓子です。正確には、ホテル・ザッハーやデメルのザッハトルテをザッハトルテと言います。特にザッハーのザッハトルテは、オーストリアでこのお店だけしかオリジナルと名乗ることが許されない特別なお菓子です。

チョコレートケーキの間にあんずジャムを挟み、その上からさらにチョコレートでコーティングした贅沢な洋菓子となっています。ザッハトルテは木箱に入っているので、安心して持ち帰ることができます。

3.デメルのチョコレート

instagram-image

michie0120

ウィーンでは知らない人はいないと言われるほど有名な、デメルというメーカーのチョコレートです。デメルは、ウィーンの王宮御用達で老舗のお菓子屋です。

猫が描かれたパッケージのチョコレート菓子は、可愛らしく目を引きます。チョコレートも猫の舌の形をしていて、味もミルクだけではなくスウィートやヘーゼルナッツがあって楽しめます。

4.すみれの砂糖漬け

instagram-image

echanchaun

すみれの花がそのまま砂糖漬けになって入っている青くて可愛らしいお菓子です。こちらは、オーストリアの皇后・エリザベートの大好物と言われています。スミレの砂糖漬けを販売している店は、ゲルストナーとデメルが有名です。

そのまま食べてもほんのりと甘く美味しいですが、紅茶や白ワイン、ホットミルクなどの飲み物に浮かべて飲んでもいい香りがして楽しめます。

5.マンナーのウエハース

instagram-image

rina_mizumura

お土産物屋さんやスーパーマーケットなどで手軽に購入できる定番のお菓子が、マンナーという会社のウエハースです。マンナーは、1890年から続く老舗の菓子メーカーです。

ウエハースの味も、チョコレートやカカオ、コーヒークリーム、レモンクリームやヘーゼルナッツクリームなどたくさんあります。ウエハースのサクッと軽い口当たりと甘いクリームの相性が抜群です。

ウエハースも長方形から正方形、丸い形とバリエーションが豊かです。ちなみに、ウィーンで活躍した作曲家、指揮者であるヨハンシュトラウスの名曲「美しき青きドナウ」にちなんだパッケージもあります。

ウィーンで人気のお土産・雑貨6選

ここまでは、ウィーンで人気のあるお菓子のお土産を5種類ご紹介しました。次からは、ウィーンで人気の雑貨を6種類ご紹介していきます。

1.スワロフスキー

instagram-image

melanievanderley

クリスタルガラスで世界的に有名な製造会社であるスワロフスキーは、オーストリアで創業されました。スワロフスキーの本店はウィーンに在り、地下一階から地上二階までたくさんの商品が並んでいます。定番のアクセサリーから、ボールペンやキーホルダーなど手軽なものまでたくさんあり、迷ってしまうほどです。

2.プチポワン

instagram-image

ukisan0208

プチポワンは、一針ずつ丁寧に細かく刺しゅうが施されたウィーンの伝統工芸品です。マリーアントワネットも好んだと言われています。ポーチやキーホルダーなどの小物ならば、お土産として手軽に購入することが可能なのでおすすめです。

3.音楽関連グッズ

instagram-image

charm_na_piano

ウィーンには、数多くのクラシック音楽に関連した商品が並んでいます。音階や音符などのシンプルなものから、モーツァルトやシューベルトなどの有名な作曲家の肖像画を使ったグッズまで様々です。

そのなかでも、オペラ座の前にあるヴィエナワールドと言うお店は関連グッズの宝庫と言われています。文房具やポーチなど日常的に使いやすいものから、食器やトイレットペーパーなどたくさんあります。

日常的に使えるグッズも人気がありますが、モーツァルトの服を着用しているテディベアが可愛らしいと話題です。

4.アウガルテン

instagram-image

imogwien

1718年にウィーンで初めて、ヨーロッパではドイツのマイセンに続いて二番目に創設された歴史のある磁器工房です。欧州二大陶磁器として有名で、かつては皇室直属の磁器窯でした。

元ハプスブルク家御用達で、盾型の紋章が特徴的なアウガルテンは、今もお土産として人気があります。アウガルテンの代表的なデザインの一つとして、18世紀の流行を再現したマリア・テレジアのバラのコーヒーカップがおすすめです。

5.クリムトグッズ

グスタフ・クリムトは、19世紀末を代表するアールヌーヴォーの画家として今もなお世界中で人気です。そんなクリムトは、お土産のグッズとしても人気があります。

ジグソーパズルやカレンダー、マグカップにポストカード、アクセサリーやポーチなど様々な種類のグッズを販売しています。特に、接吻という題名の作品のグッズが人気です。

6.スノードーム

instagram-image

xx_chocolatebox_xx

クリスマスなどによく目にするスノードームですが、実はウィーンが発祥となっています。ウィーンの有名な観光地であるシェーンブルン宮殿やシュテファン大聖堂などを閉じ込めたスノードームが特におすすめです。

ウィーンには歴史を感じるお土産がたくさん!

instagram-image

s____ena

ここまでは、ウィーンで人気のお土産をお菓子、雑貨別に11種類ご紹介していきました。ウィーンには様々な歴史のある、お菓子や雑貨があります。みなさんもウィーンに訪れた際は、観光地だけではなくお土産物屋でも音楽や芸術などの歴史を感じてみてください。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードです。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\WEB申し込みで2000円分ポイント獲得できます!/

Copyright© legate , 2020 All Rights Reserved.