ニュージーランド

ニュージーランドでお土産爆買い!気になる物価と人気定番商品

投稿日:

ニュージーランドは、南半球にある自然豊かな美しい国。氷河によってつくられたフィヨルド、ミルフォード・サウンドやダウトフル・サウンド、国内最高峰のマウント・クック、マオリの聖地トンガリロ国立公園など一度は訪れたい世界遺産がたくさんあります。
そしてなんといっても物価はヨーロッパよりも安価!長期滞在をしても生活費がお安く済むので日本に帰国するのが惜しい、と思える国です。ここでは、ニュージーランドのお金にまつわる基本情報と、ニュージーランド国内で人気のお土産品などをまとめてご紹介します。

ニュージーランドのお土産・お金にまつわる基本情報

instagram-image

m.i.o.30

・お金

通貨はニュージーランドドル。($1≒71.12円 2019年12月現在)。他の国と比較してみると…、ちょっとおトクに感じるレートです。
イタリアユーロ  : 1ユーロ 120.14円
アメリカドル   : 1ドル  108.51円(2019年12月9日現在)
ニュージーランド国内は、ほぼクレジットカードでの支払いがOKで、VisaやMasterCardがおすすめです。また各店舗で取り扱いがまちまちのため、複数のクレジットカードを持参するのが基本となります。
地元では、Eftpos(エフトポス)という口座引き落としが主流ですので、支払い時にクレジットカード払いであることを明確にし、「CRD」→暗証番号入力して買い物をしましょう。

・両替

海外旅行で「両替手数料よりクレジットカードでキャッシングした場合の換金利率が低い
という可能性もありますので、NZ国内のATMを利用してキャッシングするのも一つの手段です。その他、デビッドカードやトラベルプリペイドカードなど複数持参したほうが安心です。

・現金

ニュージーランド国内の市場や屋台では、現金払いのみというお店もあります。まずは日本円を1万円分くらい両替していきましょう。

オトクにショッピング!ニュージーランドの定番お土産達

ニュージーランドの物価や支払い方法をチェック出来たら、楽しいショッピング!ここではニュージーランドの定番お土産を5つピックアップします。

・マヌカハニー

instagram-image

mioshuji

NZを旅していると、たくさんの種類のハチミツが販売されていることに驚きます。その中でも1番人気は「マヌカハニー」。マヌカハニーとは、ニュージーランド国内に自生するマヌカ(英名:ティー・ツリー)というフトモモ科の植物、その花から採れる蜜のことを指します。
ニュージーランドで民間医療によく利用され、消化不良や炎症を和らげる、抗菌作用があるなど使用方法は多岐にわたります。最近では医学的に胃がんの予防効果があるという研究結果もあるため、現在注目度、大!なのです。マオリ人の間でも、昔から万能の薬として重宝されてきた「マヌカハニー」は、現在、スーパー健康食品として日本人に大人気のお土産です。

・オールブラックス商品

instagram-image

haruharu337

2019年、日本を熱狂の渦に巻いたラグビーワールドカップは、ラグビーニュージーランド代表「オールブラックス」の活躍もとても印象に残りましたね。ニュージーランド代表のラグビー選手は、女性だけでなく子供のあこがれで、その屈強な肉体と強さ、国を背負って戦う姿のカッコ良さは国民のヒーロー的存在です。
そんな「オールブラックス」のユニフォームや関連グッズ、ニュージーランド限定商品は日本へのお土産にピッタリ!にわかラグビーファンの心を揺さぶるお土産になること間違いなしです。

・シープスキン、メリノウール商品

「羊の国」、ニュージーランドらしいウール製品は、高品質のためで暖かく軽いのでお土産に重宝します。シープスキンのモコモコブーツやスリッパは、保温性やデザイン性に優れているので女性への贈り物として喜ばれます。
実用的なマフラー、手袋のほかポンチョ、さらにはかわいらしいぬいぐるみなどを購入して大切なあの人に贈ってみてはいかがですか。

・マオリモチーフのヒスイ

instagram-image

azzasstones

先住民族マオリは、グリーンストーンやボーンでつくられる独特の形をしたヒスイをお守り代わりに身に着けています。マオリ人にとって神聖な石はパワーストーンでもあり、デザインによって意味もあることから、全能の神「ティキ」やお守り「フィッシュフック」などをお土産に購入するのがおすすめです。
オプショナルツアーの中には、マオリモチーフのグリーンストーンアクセサリーを自分でつくるカービング体験教室もあるので、歴史を学びながらハンドメイドすることもできます。

・歯磨き粉&石鹸&コスメ

instagram-image

reina.yuta.peace

高い抗菌作用のあるプロポリス入り歯磨き粉は、バラマキ用にお土産購入するのがおすすめです。オーガニック製品のため、フッ素や香料などの添加物が入っていないものが主流で、一度使ったらやめられないと評判です。Avoca(アボカ)、Redseal(レッドシール)、Comvita(コンビタ)など種類があるので選ぶ楽しみもありますよ。

また、スーパーなどで販売されている石鹸、クリーム、ボディーバターなども香りがよく天然素材の自然派コスメがいっぱいあるので、探して購入するのも楽しいですよ。

・番外編 ~日本へ持ち帰れる免税範囲~

instagram-image

dreamv212018

ニュージーランドでお土産を購入する際は、免税範囲を把握して賢くショッピングを楽しんでください。酒類(ワインなど)は1本760mlを3本まで、買い物の合計額は20万円以内ですので、範囲を超過する場合は申告しましょう。※検疫証明がない肉やハム・ソーセージは日本に持ち込めません。

まとめ

instagram-image

cf_field

ニュージーランドは物価が比較的安く、お買い物するのもとても楽しい国です。お土産も高品質なものが多いので、友達や家族に贈るのにたいへん喜ばれます。プチプラ商品はスーパーなどでしっかりプライスチェックをしてバラマキ用に多めに購入しましょう。

素晴らしい景色と、おいしい食事、さらにおトクにショッピングもできるニュージーランドは、次のご旅行にぜひおすすめしたい国のひとつです。Have a nice Trip!!

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードです。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\WEB申し込みで2000円分ポイント獲得できます!/

Copyright© legate , 2020 All Rights Reserved.