インドネシア

2019年最新版|インドネシアのおすすめお土産7選

投稿日:

海外旅行の醍醐味の一つは、お土産選びです。
現地でしか買えないブランド商品や、コスメ、ご当地グルメのお菓子など種類も豊富にあります。

特にインドネシアは、多民族国家で世界一島が多い国です。場所によって文化も違って、様々なお土産が取り揃えられています。

そこで本記事では、インドネシアのおすすめのお土産をご紹介します。

インドネシアのお土産の特徴

instagram-image

coffee_milk3

インドネシアのお土産は、日本でも有名なバリコスメやバティック(ろうけつ染め布地の特産品)、また美味しいコーヒー豆が取れることでも有名です。

バリコスメは現地で格安なのでおすすめ、バティックシャツはプリントなら安いですが、本格的なろうけつ染め布地だと日本円でも5,000円以上はします。

またコーヒーはどれも選んでも外れが無いほど、美味しいのが揃っているのが特徴です。

インドネシアのお土産の注意点

インドネシアの観光地で買い物する時は、ぼったくりに要注意です。外国人と分かると、値段を釣り上げて売る傾向があります。

ショッピングモールや空港のお土産売り場なら心配ありませんが、観光スポットの露天販売などでは購入する商品の料金相場を理解しておきましょう。

露天販売などではTシャツならRp30,000~(210円)、バティックシャツのプリントならRp50,000(350円)~、木彫りお面などはRp50,000(350円~)などが目安です。

日本に比べても物価の安いインドネシアですが、ここ数年は経済成長して物価も上がっています。
数年前とは違う料金相場になっていても、それは物価が上昇した影響かもしれないことも留意しておきましょう。

インドネシアのおすすめお土産7選

インドネシアの、おすすめお土産7選をご紹介します。どれもお土産として喜ばれる商品なので、参考にしてください。
選び方のコツは、バラマキ用はできるだけコンパクトなものでスペースを取らないものにしましょう。衣類などは買いすぎると、スペースを取るので注意が必要です。

コピールワック(Kopi Luwak)

instagram-image

earthenplace

ジャコウネコのフンから採られる未消化のコーヒー豆で、あまり取れないことからインドネシアでも希少価値があり少し高額です。しかしコーヒー好きには有名で、ホテルでは一杯5,000円ほどで提供されているほどです。

料金相場:1,000円~(100g)

インドミー(Indomie)

instagram-image

yukarinannika

日本人観光客に人気の即席麺のインドミー、辛みが少しあって癖になる焼きそばです。一袋Rp4,000(約30円)とコスパもよくお土産に最適です。
作り方も日本の即席麺と同じなので、簡単に調理できます。

料金相場:30円~

エリップス(Ellips)

instagram-image

chucla_spinns

エアケアアイテムのエリップスは、女性に喜ばれるお土産としてロングヒット商品です。香りがいいことでも日本人に人気があり、某有名雑誌などでも紹介されたこともあります。

現地では安く購入できるので、バラマキ用におすすめです。種類も豊富で、「ダメージケア用」や「カラーリング用」などがあります。

バティック(Batik)

instagram-image

pilihpilih_bali

バティック柄は衣類だけでなく、カバン、小物、アクセサリーまで様々なアイテムに取り入れられています。
本格的なろうけつ染め布地は高額ですが、お土産用にはプリントデザインがおすすめです。オシャレなデザインがたくさんあって、インドネシアらしいお土産です。

料金相場:100円~(小物/アクセサリー)
料金相場:350円~(カバン)

バリ産のアタのラウンドバッグ(Tas Ata Bali)

instagram-image

bigbigfashion1

バリ産のラウンドバッグは、夏に欠かせないおしゃれアイテムです。南国の雰囲気がでるアタ製品は、インドネシアのお土産に最適です。

日本でアタ製品を購入すると高額ですが、現地で買うとお手頃感があります。

料金相場:500円~

チョコレート(Cokolat)

instagram-image

haru_hana33

インドネシアは、インドネシアは世界第2位のカカオ豆生産国であり、第3位のガーナとほぼ同量のカカオの生産量をほこります。
最近はインドネシアのカカオ豆を使った高級チョコレートがお土産として人気で、日本では味わえない濃厚な味となっています。

料金相場:700円~

Tシャツ(Kaos)

instagram-image

hypekillerid

お土産の定番といば、現地Tシャツです。インドネシアのTシャツは薄手の夏に最適なものから、生地がしっかりとしたTシャツまで幅広く販売されています。

バティック柄や現地で人気のビンタンビールのロゴTシャツなど、観光地に行けば必ず露天販売されているので覗いてみるのもいいでしょう。おしゃれでかわいいデザインのものから、シンプルでカジュアルなものまで種類が豊富です。

料金相場:350円~

まとめ

instagram-image

yuka__riina

本記事では、インドネシアのおすすめのお土産をご紹介しました。日本より物価の安いインドネシアでは、ショッピングは旅の楽しみでもあります。

コスメ、お菓子、食べ物、衣類まで、様々なアイテムがお土産にピッタリです。
この記事を参考に、お土産にピッタリなアイテムをみつけてください。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードです。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\WEB申し込みで2000円分ポイント獲得できます!/

Copyright© legate , 2020 All Rights Reserved.