パキスタン

2019年最新版|パキスタンのすべての世界遺産6つを紹介

投稿日:

パキスタンはインダス文明の発祥の地でもあり、ガンダーラ時代にはシルクロードの貿易路としての役割を果たすなど、歴史的にとても重要な遺跡が多いことでも有名です。

それでも日本人にはあまり馴染みがないのは、治安の問題などがあります。
ですがパキスタンは親日家の国でもあり、日本人観光客でも安心して旅を楽しむことができます。

この記事では、パキスタンにある6つの世界遺産についてお伝えします。

パキスタンの世界遺産には多くの謎とロマンが詰まっている

パキスタンの世界遺産の特徴はなんといっても、歴史的に謎に包まれているインダス文明を紐解くヒントとなる遺跡や、ガンダーラ時代に栄えた仏像などの美術品など、文化と宗教などが混ざり合い、ロマンと多くの謎を残しています。

歴史好きには一度は訪れてみたい、パキスタンの世界遺産をすべてご紹介します。

インダス文明の滅亡の謎を握るモヘンジョ・ダロ

instagram-image

eternaltravellerdes

最古の都市といわれるモヘンジョ・ダロ遺跡、パキンスタで一番有名な世界遺産です。
モヘンジョ・ダロは紀元前2500年~1800年前栄えたインダス文明の中では、最大の都市遺跡といわれています。

この遺跡の特徴はなんといっても、発達した設備がほどこされた古代都市であったことでしょう。またその後この地が発見されるまで、現地の人には立ち寄ることを禁じられる「死の丘」と呼ばれていました。
最近では都市伝説で古代核戦争説などが噂され、再び注目を集めています。

いまだに多くの謎があるモヘンジョ・ダロは、遺跡好きには一度は訪れたい観光スポットになります。

首都のイスラマバードから1時間でいけるタキシラ

instagram-image

travel_worldheritage

モヘンジョ・ダロに続いて人気の世界遺産といえば、タキシラです。
紀元前600年ほどに栄えた古代都市の遺跡で、ここではパキンスタで最古のストゥーパや神殿などが発見されていて、仏教を広める重要な役割を果たしていました。

首都から一番近い世界遺産であり、アクセスしやすいのも人気の秘密です。

タフテ・バヒーの仏教遺跡群とサハリ・バハロールの近隣都市遺跡群

instagram-image

hellopakistan

タフテ・バヒーの仏教遺跡群は、紀元前1世紀~7世紀に栄えたガンダーラ時代の反映を象徴した見事な仏教遺跡です。
仏教が伝わりここでは仏像などのガンダーラ美術が生まれました、また仏像の起源はこの時代に生まれたとされている。

ただ治安が悪いパキスタン北西部にあるため、ツアーなどでは避けられる傾向があるので、残念な世界遺産でもあります。

落ち着いて観光できるラホール城とシャーラマール庭園

ラホール城は、パキスタン第二の都市ラホールに建造された巨大な城塞です。いつ建造されたのかは詳しくはわかっていませんが、およそ西暦1000年~といわれています。

場内には大理石でできたモスクがあり、この頃にはイスラム教の影響が大きかったことが伺えます。
ラホールはパキスタン第二の都市として栄えていて治安もよく、ラホール博物館などもあるので一日かけてじっくり観光した場所です。

美しいモスクがあるタッターの文化財

instagram-image

sekainotabizuki

タッターとはパキンスタ南部にある都市であり、ここにはかつてアレキサンダー大王がパキスタンに遠征をした時にも立ち寄ったといわれています。

タッターの文化財でも有名なのがムガル帝国時代に建てられた、「バードシャーヒー・モスク」であり当時は世界最大のモスクになりました。

パキスタンではストゥーパなどの仏教遺跡も発掘されていますが、現在ではイスラム教徒が大半を占めています。そんなパキスタン人にとっては、タッターは聖地のような場所になります。

広大な要塞ロータス・フォート

instagram-image

isyudou521

ロータス・フォートは1997年に世界遺産に登録、スール朝を築いたシェール・シャーによって1540年に建造が開始された要塞です。その周囲は約4キロメートルにのぼり、要塞に相応しい門構えが建造されています。
10年のかけて完成して当時にはすでに、シェール・シャーはこの世を去っていたといわれています。

現在では現地の人が場内で羊に餌をやっていたりして、世界遺産ですがほのぼのとした光景をみることもできます。

パキスタンを旅行するときの注意点

instagram-image

kzzmar

パキスタンは現在(2019年10月現在)パキスタン北西部、アフガニスタンとの国境や北東部の一部では、観光することがとても危険な状態です。ご旅行前には、外務省の危険情報などをチェックするようにしましょう。

パキスタンの都市部や大部分の世界遺産は安全に観光が楽しめますが、テロはいつどこで起こるかわからないので注意が必要になります。

まとめ

instagram-image

yamayamakeikeik

パキスタンはアジアと中東・ヨーロッパをつなぐ重要な役割として歴史的に常に通過点になり、様々な文化が取り入れられてきました。

パキスタンは世界遺産はどれも歴史好きには魅了的な一方、治安の問題なので訪れにくいのが難点ではないでしょか。しかしツアーなどが組まれている場所は安全に観光を楽しむことができます。
歴史的に常に重要な役割をもって、かつてはインダス文明が発祥した場所を是非とも一度は訪れてみてください。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードです。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\WEB申し込みで2000円分ポイント獲得できます!/

Copyright© legate , 2019 All Rights Reserved.