ハワイ

人気観光地ハワイでの服装はどうすべき?季節や時間帯ごとに注意すべき点とは

投稿日:

ハワイは昔から現在に至るまで、日本人だけでなく世界中の人に人気の観光リゾートであり、一度は行ったことがある人、もしくは行ってみたいと思う人が多いまさに憧れの場所です。

ハワイというと常夏のイメージがあり、年中半袖短パンで過ごしていても大丈夫のように感じますが、実際にどうなのでしょうか?

今回は、ハワイでの服装について解説していきます。

これからハワイ旅行を考えている人は是非参考にしてみてください。

 

ハワイでの服装について

ハワイは日本のように明確な四季がなく、一般的な冬シーズンはありません。

基本的には温かい日が続くと考えて問題ありませんが、かといって夏用の服だけ持っていくのも少し不安です。

では、ハワイでの服装はどのようなものがいいのでしょうか。

 

日中は薄着でOK

ハワイは常夏の島であり、年間の気温が安定しています。

日本と同じく6月あたりから気温が特に高くなりはじめ、8月をピークに少しずつ気温が下がりますが、日本の冬デアある12月でも、ハワイの平均的な最高気温は25度を超えてきます。

ですので、日中に関しては夏用の服装で外出しても問題いりません。

時折涼しくなったり、人によっては寒く感じることもありますので、そのときに備えて薄めの羽織るものを持っていけ大丈夫です。

 

雨季や夜対策はしておこう

ハワイの天気は基本的に安定していますが、それでも時期によって若干のち外がデます。

特にハワイは10月~3月にかけて雨季(日本でいう梅雨)に入ります。

天気が良かったのに給に雨が降ってくる時もあれば、朝から雲がどんよりとしているという日が多くなります。

雨が降ると自然と気温も下がるので、もし雨季の時期にハワイに行くのであれば、薄手のものでいいので長袖のシャツを何枚か持っていくといいでしょう。

寒さ自体を感じなくても、急な雨で服が濡れてしまうと風邪をひく原因になるので、こうした対策のためにも予備で着替えを持ち歩くのがベターです。

また、12月頃から3月くらいにかけて最低気温の平均が20度を下回るため、夜は少し肌寒く感じることもあります。

多くの方はゴールデンウィークやお盆休みなどの大型連休を使ってハワイに行くことになりますが、年末・お正月のシーズンも人気の時期です。

この時期にハワイに行く人も、若干の気温対策は必要です。

 

冷房対策もしておこう

ハワイは年中気温が高いため、観光する各所では冷房がかかっています。

ショッピングモールなどでは特に冷房が強いので、長時間滞在すると体が冷えてしまうこともあるので,冷房対策用に真夏のシーズンであっても薄手の服を持っていくことをおすすめします。

また、バスでの移動の際にも冷房が効いているので、長時間の移動をする場合にはやはり何か1枚持っていくといいでしょう。

 

基本的なハワイでの服装

instagram-image

canbe_official

ハワイの気温は高く、特に日本人の方が多く出かけるゴールデンウィークや夏休みの時期には、現地の日中の最高気温は30度を超える日がほとんどです。

温かい気候を満喫するために、それに適した服装で出かけることが大事になりますが、基本的にどのような格好が定番なのでしょうか?

 

ラフな格好でOK

ハワイにはビジネス街と呼ばれるようなところも基本的にはなく、島全体が穏やかな雰囲気が流れています。

旅行で訪れた際には最高にリラックスできるよう、普段の服装もラフなもので構いません。

男性の場合は短パンで過ごすのが一般的であり、女性の場合もショートパンツやハーフパンツを履いている人が多く見受けられます。

普段あまり短いボトムスを履くという習慣がない人も、ハワイで過ごすにあたっては必ず短いものを履くことをおすすめします。

とにかく気温が高く暑いので、一日中デニムやロングパンツを履いて過ごしていると汗だくになってしまい、不快感を感じてしまいます。

履物に関しては、好みが別れます。

スニーカーにするかサンダルにするかは迷うところですが、どちらかに選択する際の基準としては、移動距離や時間を考慮するといいでしょう。

一日中サンダルで移動していると足が疲れる、もしくは足の皮が向けてしまうという可能性もあるのでサンダルがおすすめですし、海に行くときやそこまで長距離の移動でなければサンダルでもOKです。

ハワイに行くひとのほとんどが海にいくのでサンダルを持っていく人がほとんどですが、スニーカーも忘れないようにしましょう。

 

紫外線対策をしっかりと

ハワイ日差しは非常に強烈であり、それ相応の日焼け対策が必要です。

もちろん日焼け目的でハワイに行く人もいますが、肌のダメージを守るためにはしっかりとした対策も必要になります。

日本も5月あたりから夏にかけて紫外線が強くなりますが、ハワイの場合は年中日本のピーク時の紫外線が降り注いでいます。

ピークを避けて来たから大丈夫、と思って何も対策をしないでいると、日焼けして肌がヒリヒリしたり、シミの原因にもなってしまいます。

ハワイの日焼け対策として持っていきたいものとしては、以下のものが挙げられます。

 

  • 日焼け止め
  • 日傘
  • 帽子
  • サングラス

 

これらはどの時期に行く場合もマストのアイテムであり、もし忘れてしまった場合には現地で調達しましょう。

日焼け止めを塗る習慣は特に女性の場合には多くなっていますが、男性もしっかりと塗っておきましょう。

また、サングラスや帽子に関しても普段使わないという人も使うことをおすすめします。

帽子はキャップでも何でも良いですが、サングラスはUVカット機能があるものをおすすめします。

お子様連れでハワイにいかれる方は、お子様にも帽子をかぶせてあげるようにしてください。

こどもは大人よりも体力がなく、脱水症状や熱中症を起こしやすいため、体調管理は特に大事です。

異国の地での機構にも慣れていないので、元気そうに見えるからといって暑さ対策をしないというのは危険です。り

 

ドレスコードにも気をつける

ハワイではラフな格好でOKと解説しましたが、あくまでも「基本的にはOK」ということになります。

というのも、食事する場所や参加するイベントによってはドレスコードがあるようなところもあり、そういった場所にラフな格好で行くと周りから浮いてしまう、もしくは入店を拒否される可能性もあります。

まずは事前にハワイで食事をする場所のドレスコードを確認しておきましょう。

ドレスコードがあるレストランといっても、スーツにネクタイといったような完全なビジネスマンのような服装が求められるということはなく、男性の場合であればジャケット着用で長ズボンと靴、女性の場合は少し抽象的にはなりますが、場の雰囲気を読んだ服装が必要になります。

高級レストランでなくてもドレスコードがある場合もあるので、たまたま入ったお店いで特定の服装を要求されることもあります。

しかし、高級レストランでもない限りはジャケットの着用などのドレスコードを要求されることはなく、男性であれば襟付きのシャツをきていればOKです。

アロハシャツでも大丈夫なので、万が一のことを考えて外食する際には襟付きシャツを用意しておくといいでしょう。

 

まとめ

ハワイでの服装について解説してきました。

日本では体験できないような素晴らしい光景の広がるハワイ。

とにかく行ったからには楽しむ他ないので、最高の思い出が作れるように、万全の準備をして行きましょう。

特に紫外線対策については甘く見ていると痛い目に遭うので、事前にしっかりと対策をしておいてください。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードです。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\WEB申し込みで2000円分ポイント獲得できます!/

Copyright© legate , 2019 All Rights Reserved.